フォルム・ボアリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フォルム・ボアリウム(Forum Boarium)は、古代ローマウシの市場であり、ローマ最古のフォルムである。テヴェレ川と、カンピドリオパラティーノアヴェンティーノという3つの丘の間の平坦な場所にある。テヴェレ川に架けられた最初の橋もこの付近にあった。ボアリウムはローマの主要な港 (Port Tibernius) にも近く、ローマの商業活動の中心地となっていた。

フォルム・ボアリウムはまた、紀元前264年に貴族の葬式に際して剣闘士の競技を初めて行った場所でもある。後の執政官デキムス・ユニウス・ブルトゥスが亡き父の栄誉を称え、3組の奴隷を剣闘士として、競技を行った。

この場所は宗教的な中心地でもあり、ヘラクレス・ウィクトール神殿ポルトゥヌス神殿があり、紀元前6世紀紀元前5世紀ごろのヘラクレスの大祭壇もあった。

建築[編集]

ヘラクレス・ウィクトール神殿は円形のペリスタイル建築で、紀元前2世紀のものとされる。同心円状にコリント式の柱でできたコロネードで構成されており、中心に円筒形の内陣がある。土台は凝灰岩である。かつては上にアーキトレーブと屋根があったが、現在は失われている。ローマに現存する最古の大理石建築の1つとなっている。

ポルトゥヌス神殿は長方形の建物で、紀元前100年から紀元前80年の間に建設された。4柱式のポルチコが正面にあり、土台の上の内陣には階段を上っていく形になっている。正面のポルチコの4本のイオニア式円柱は独立して立っているが、側面と背面の柱は内陣の壁に埋め込まれている。凝灰岩とトラバーチンでできていて、表面を化粧しっくいで仕上げている。

ローマ帝国末期には、この場所に多数の店が並ぶようになった。神殿はどちらもキリスト教の教会に転用された。

通りを隔てた向かいには、真実の口で有名なサンタ・マリア・イン・コスメディン教会がある。

外部リンク[編集]

座標: 北緯41度53分20秒 東経12度28分52秒 / 北緯41.88889度 東経12.48111度 / 41.88889; 12.48111