ガイウス・ウァレリウス・カトゥルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Catulo2.jpg

ガイウス・ウァレリウス・カトゥルスラテン語: Gaius Valerius Catullus, 紀元前84年頃 - 紀元前54年頃) は、共和政ローマ期の抒情詩人。恋愛詩に優れた。『歌集』(Carmina) が残る。

カトゥルスの恋愛詩は多くサッポーの異名であるレスビアという女性にあてられているが、これは偽名であるとされており、実際にこの女性がだれであったかは不明である。ギリシア詩壇の影響を受け、精緻な修辞を用い、遊戯的な手法により軽妙な筆致で恋情を歌う詩風により、初期ラテン文学における恋愛詩の分野を開拓した。

文献[編集]

  • 『ローマ恋愛詩人集』(中山恒夫訳、国文社、1985年)

外部リンク[編集]