ハッシュドポテト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
最も一般的な小判形状のハッシュポテト

ハッシュドポテト(ハッシュポテトやハッシュブラウンとも。(Hash browns or hashed browns) 英語の本来の発音ではハッシュ(ト)ブラウンズになる)とは、みじん切りにしたジャガイモ小麦粉を繋ぎとして円盤状ないし小判状にして食用油揚げた料理。他の料理(肉料理など)の付け合せにも用いられる。

名前が似ているマッシュポテトは、同じジャガイモ料理である事を除けば関係ない。小麦粉の量を増やすと「ジャガイモ入りパンケーキ」になる。

概要[編集]

ハッシュドポテトは、ジャガイモを主体とした炭水化物デンプンなど)が豊富で、加えて油で揚げる調理法から高カロリーな食品[1]であり、朝食ないし昼食など活動エネルギーを得るための食事に好まれる料理である。

近年[いつ?]では整形後に冷凍しておく冷凍食品タイプも多く出まわっていて、こちらも通常、170‐180℃ので揚げるが、最近ではオーブンレンジや油を多めにひいたフライパンでも調理できる製品が多い為、軽食としても利用しやすく、ファーストフードコンビニエンスストアのスナックメニューにもよく見られる。

味付けには単純にで味付けしたものからソースケチャップからしなど好みが合えば特に限定されない。予め塩や胡椒で味付けされている製品もあるが、家庭で作る場合は塩胡椒で味付けをしたり、ソースを工夫したりすることができ、極めて簡単に調理できる。

主な原産国[編集]

主な原産国は、原料、または製造ともにアメリカ合衆国製が多いが、国産品カナダ製なども市場に出回る。

脚注[編集]

  1. ^ みじん切りにすることで表面積が増え、ジャガイモの吸油率が高くなることに由来する。

関連項目[編集]