チューニョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チューニョ

チューニョ西: Chuño)は、アンデス山脈に住んでいた先住民保存食の1つである、乾燥させたジャガイモのことである。アンデス山脈の標高の高い地域に見られる、の寒暖差を利用して作る。乾燥させたため、チューニョの表面には粉がふいた状態となっており、元々の大きさよりも小さく、そして重量も軽くなっている。製造法は現在のフリーズドライに近い。

同様のものが日本でも北海道東北地方を中心に作られており、十勝地方では「しばれ芋」、山梨県鳴沢村では「凍み芋」という。

作り方[編集]

チューニョ作りは、に行われる。昼の間に、地面に掘り起こしたジャガイモを並べて放置しておくと、夜には気温が氷点下となるためにジャガイモが凍ってしまう。そのまま次の日も置いておくと、昼は日射によって凍ったジャガイモが解凍され、再び夜には凍る。これを幾日も繰り返すことで、ジャガイモをブヨブヨした柔らかい状態にしてしまう。こうして柔らかくなったジャガイモを足で踏むことによって水分を搾り取ってしまう。この後、さらに自然乾燥させることで完成する。日本で冷凍庫を使って作る際には、屋外では解凍せずに室内で解凍させないと発酵が起こってアンモニア臭が出るので注意(外部リンク参照)。

チューニョの原料となるジャガイモは、ソラニンを多く含んでいるためそのままでは食用に不適な種類が多く、チューニョへの加工は保存と共に毒抜きを兼ねている。

食べ方[編集]

上記の作り方で作られたチューニョは、ほとんど水分が残っていないなどの理由で、乾燥状態を保っておけば数年間の保存が可能となっている。しかし、このままの状態では食用には向かない。そこで、水でもどしてから、鍋などを使って煮て食べるのである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]