デュページ郡 (イリノイ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯41度50分 西経88度05分 / 北緯41.833度 西経88.083度 / 41.833; -88.083

イリノイ州デュページ郡
Warrenvillegrove.jpg
デュページ川西支流沿いのウォーレンビル森林保護地
モットー: シカゴの西の素晴らしい数マイル(The Magnificent Miles West of Chicago
デュページ郡の位置を示したイリノイ州の地図
郡のイリノイ州内の位置
イリノイ州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1839年2月9日
郡名の由来 デュページ(フランス人毛皮交易業者)
郡庁所在地 ウィートン
最大の都市 ネイパービル
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

871 km2 (336.41 mi2)
848 km2 (327.50 mi2)
23 km2 (8.91 mi2), 2.65%
人口
 - (2010年)
 - 密度

916,924人
1,081人/km2 (2,799人/mi2)
標準時 中部: UTC-6/-5
ウェブサイト www.dupageco.org
注: [1]

デュページ郡: DuPage County)は、アメリカ合衆国イリノイ州の北東部に位置するである。2010年国勢調査での人口は916,924人であり、2000年の904,161人から1.4%増加した[2]。人口では北と東で境を接するクック郡に次いで州内第2位の郡である。この2郡を合わせるとほぼイリノイ州人口の半分になる。郡庁所在地ウィートン市(人口52,894人[3])であり、同郡で人口最大の都市はネイパービル市(人口141,853人[4])である。デュページ郡はシカゴ大都市圏に属している。シカゴ市の大半はクック郡内だが、一部はデュページ郡内に入っており、その大半はシカゴ・オヘア国際空港となっている[5]。また州内第2の都市オーロラ市も他の3郡と共にデュページ郡に跨っている。

デュページ郡は昔から国内では最も裕福なクラスの郡として知られており、農業中心の経済から様々なタイプの商業による経済に転換してきた。郡の一人当たり収入はアメリカ合衆国中西部で最高クラスでもある(国内57位)。郡内の町のうち19は平均世帯当たり収入が10万ドルを超えている。

歴史[編集]

1839年創設時の領域、現在まで変わっていない

デュページ郡は1839年2月9日にクック郡から分離して設立された[6]。郡名はデュページ川から採られており、デュページ川はフランス人毛皮交易業者のデュページに因んで名付けられた[7]。最初にこの名前に関して記録された歴史は、ルーファス・ブランチャードによる「1882年デュページ郡の歴史」であり、次のように書かれている[8]

デュページ川は有史以前から良く知られた川だった。その名前は1800年以前にその支流の下流に入植したフランス人毛皮交易業者から採られた。H・W・ブロジェットが筆者に伝えたところでは、J・B・ボービヤンが昔のフランス人デュページについて、その交易基地は河口に向かった川岸にあり、川に彼の名前が付けられたとしばしば語っていた。郡名も同じ由来に違いない。1818年に郡内に入ったガーデン・S・ハバード大佐が筆者に伝えたところでは、川の名前に採用されたデュページという名前は広く知られるようになったが、その交易業者は彼以前にそこに住んでいた。ボービヤンは「デュパーゼー」と発音された(パーが長音になり、Pは大文字)と言っている。これはブロジェットからボービヤンにした質問の回答だった。

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は336.41平方マイル (871.3 km2)であり、このうち陸地327.50平方マイル (848.2 km2)、水域は8.91平方マイル (23.1 km2)で水域率は2.65%である[9]

デュページ川とソルト・クリークが郡内を流れている。デュページ郡森林保存地区に拠れば、郡内最高地点はマラード湖埋め立て地にあり、標高は982フィート (299 m) である[10]

隣接する郡[編集]

気候と気象[編集]

ウィートン
雨温図説明
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
 
 
1.9
 
32
14
 
 
1.6
 
38
19
 
 
2.6
 
50
28
 
 
3.8
 
63
38
 
 
3.9
 
75
48
 
 
3.9
 
84
57
 
 
4
 
87
63
 
 
4.6
 
85
61
 
 
3.4
 
78
53
 
 
2.7
 
67
42
 
 
3.2
 
50
32
 
 
2.5
 
37
20
気温(°F
総降水量(in)
出典:The Weather Channel[11]

近年、郡庁所在地であるウィートン市の平均気温は1月の14°F (-10 ℃) から7月の87°F (31 ℃) まで変化している。過去最低気温は1985年1月に記録された-26°F (-32 ℃) であり、過去最高気温は1995年7月に記録された105°F (41 ℃) である。月間降水量は2月の1.56インチ (40 mm) から6月の4.60インチ (117 mm) まで変化している[11]

人口動態[編集]

人口ピラミッド[12]
人口推移
年度 人口 変動率
1840 3,535
1850 9,290 162.8%
1860 14,701 58.2%
1870 16,685 13.5%
1880 19,161 14.8%
1890 22,551 17.7%
1900 28,196 25.0%
1910 33,432 18.6%
1920 42,120 26.0%
1930 91,998 118.4%
1940 103,480 12.5%
1950 154,599 49.4%
1960 313,459 102.8%
1970 491,882 56.9%
1980 658,835 33.9%
1990 781,666 18.6%
2000 904,161 15.7%
2010 916,924 1.4%

2010年国勢調査での人口は916,924人であり、白人77.9%、うち非ヒスパニック白人は70.5%だった。黒人は4.6%、インディアン0.3%、アジア人10.1%(インド系4.5%、フィリピン系1.6%、中国系1.4%、パキスタン系0.7%、韓国系0.5%、ベトナム系0.4%、日系人0.1%)、太平洋諸島系0.0%、その他人種4.9%、混血2.2%となっていた。人種に拠らずヒスパニック系は13.3%である。

以下は2000年国勢調査による人口統計データである[13]

基礎データ

  • 人口: 904,161人
  • 世帯数: 325,601 世帯
  • 家族数: 234,432 家族
  • 人口密度: 1,050人/km2(2,710人/mi2
  • 住居数: 335,621軒
  • 住居密度: 388軒/km2(1,006軒/mi2

人種別人口構成

先祖による構成

  • ドイツ系:17.2%
  • アイルランド系:11.8%
  • イタリア系:11.0%
  • ポーランド系:9.8%
  • イギリス系:5.1%

言語による構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 26.7%
  • 18-24歳: 8.2%
  • 25-44歳: 32.4%
  • 45-64歳: 22.8%
  • 65歳以上: 9.8%
  • 年齢の中央値: 35歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 97.2
    • 18歳以上: 94.2

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 37.0%
  • 結婚・同居している夫婦: 60.9%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 7.9%
  • 非家族世帯: 28.0%
  • 単身世帯: 22.9%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 6.8%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.73人
    • 家族: 3.27人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 77,441米ドル
    • 家族: 93,086米ドル[13](2005年推計では121,009ドル)
    • 性別
      • 男性: 60,909米ドル
      • 女性: 41,346米ドル
  • 人口1人あたり収入: 38,458米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 3.6%
    • 対家族数: 2.4%
    • 18歳未満: 3.9%
    • 65歳以上: 4.3%[13]

経済[編集]

デュページ郡はイリノイ州技術研究回廊に位置している。以下のような大企業がある

  • エースハードウェア、 ホームセンター、オークブルック村
  • アーサー・J・ギャラガー& Co.、保険仲立人、イタスカ村、フォーチュン1000
  • BP(元ブリティッシュ・ペトロリアム)、石油、ウォーレンビル市
  • デブリーInc.、教育、オークブルックテラス市、 ニューヨーク証券取引所上場
  • ドーバー・コーポレーション、機械、ダウナーズグローブ村、フォーチュン500
  • エビー・ブラウン、タバコ・菓子、ネイパービル市
  • ハブ・グループ、ダウナーズグローブ村、フォーチュン1000
  • マクドナルド、食品、オークブルック村、フォーチュン500
  • モレックス、電子機器部品、ライル村、フォーチュン1000
  • ナルコ・ホールディング・カンパニー、環境機器、ネイパービル市、フォーチュン1000
  • ナムコ・サイバーテインメント、ゲーム、ベンセンビル村
  • ナビスター・インターナショナル、輸送機器、ウォーレンビル市、フォーチュン・グローバル500
  • ナイカー、エネルギー、ネイパービル市、フォーチュン1000
  • オフィスマックス、事務用品、ネイパービル市、フォーチュン500
  • サラ・リー・コーポレーション、消費財、ダウナーズグローブ村、フォーチュン500
  • シルバ、引越し業、ウェストモント村、フォーチュン1000
  • テラブス、通信、ネイパービル市、フォーチュン1000
  • タイ・ワーナー、玩具(ビーニー・ベイビー)、ウェストモント村

郡内のショッピングセンターとしては、国内最大級の屋外モールであるオークブルックセンターの他、ウェストフィールドフォックスバレー、ヨークタウンセンター、タウンスクエアウィートン、ストラットフォードスクエアモールなどがある。さらに郡内の多くの町には繁華で古風な中心街があり、特にネイパービル、グレンエリン、ウィートン、ダウナーズグローブ、ハインズデールなどには、ブティーク、大型チェーン店、レストランなどが並んでいる。

国立研究所[編集]

バタビア市にあるフェルミ国立加速器研究所には世界で2番目に高速の衝突型粒子加速器があり[14]、隣接するケーン郡にも跨っている[15]。アメリカ合衆国政府の科学技術研究所としては最初期かつ最大級のものであるアルゴンヌ国立研究所[16]、郡内南東部の未編入領域にある[17]。どちらの研究所も施設見学が可能である。

芸術と文化[編集]

建築[編集]

オークブルックテラス市にある31階建てのオークブルックテラス・タワーはヘルムート・ヤーンの設計であり、州内のシカゴ市を除けば最高高さの建物である[18]。エルムハースト美術館はミース・ファン・デル・ローエ・ビルの中に入っている。エルムハースト市にはフランク・ロイド・ライトの家がある。ヒンドゥー教会派であるボカサンワシ・シュリ・アクシャー・プルショタム・スワミナラヤン・サンスタが、バートレット村に大規模で複雑な曲線を描いた大理石寺院であるBAPSシュリ・スワミナラヤン・マンディール・シカゴを建設した。ダウナーズグローブやビラパークには多くのシアーズ・カタログ住宅がある。メディナ・カントリークラブのビザンティン建築のクラブハウスは、郡内の建築の愁眉である。ロンバード村には30以上のラストロン・プレファブ鉄骨家屋がある[19]

博物館[編集]

郡内の博物館としては、ライルのモートン樹木園とライル・ステーション公園、ネイパービル市のネイパー・セトルメントとデュページ子供博物館、ウィートン・カレッジのビリー・グラハム・センター、「シカゴ・トリビューン」の大物ロバート・R・マコーミックの荘園だったカンティグニー・エステイトとファーストディビジョン博物館、ウィートンのデュページ郡歴史博物館、エルムハーストのリザード宝石細工博物館とエルムハースト美術館、オークブルックのメイズレイク・ピーボディ・エステイトとグラウエ・ミルがある。またグレンエリン村のステイシー酒場もある。

音楽と演劇[編集]

郡内には豊な地元音楽シーンがある。地元出身のバンドとしては、ザ・ハッシュ・サウンド、ラッキー・ボーイズ・コンフュージョン、スパイタルフィールド、フォール・オブ・エデン、ボーイライオン、プレイン・ホワイト・ティーズがいる。

オークブルックテラス市のドルーリー・レーン劇場は郡内でも重要な演劇場である。音響装置を備えたことでは国内でも初期のものであるティボリ劇場は現在もダウナーズグローブで使われている[20]。映画館として使われる他に、地元劇団が使っている[21]

公園、遊歩道、ゴルフコース[編集]

デュページ郡の領域のうち37.5平方マイル (97.1 km2)は森林保護地域になっている[22]。 公園としては、ライルのモートン樹木園、ウェストモントのタイ・ワーナー公園、ロンバードのリラシア公園、ネイパービルのセンテニアル・ビーチがある。

1980年代にはエベネザー・フロッペン・スロッパーのワンダフル・ウォータースライドがあったが、現在は廃園となっている。

イリノイ・プレーリー・パスは長さ116マイル (187 km) の廃線跡を使った多目的遊歩道であり、郡内中央を通っている。数カ所でグレーとウェスタン・トレイルやフォックス川トレイルと交差している。

ゴルフ場としては、ウィートンのシカゴ・ゴルフクラブとキャンティグニー・ゴルフコース、メディナ・カントリークラブ、グレンエリンのビレッジリンクスとグレンオーク・カントリークラブ、アディソンのオークメドウズ、オークブルックのオークブルック・ゴルフクラブ、バトラー・ナショナル・ゴルフクラブ、バターフィールド・カントリークラブ、ウッドデールのメイプルメドウズ、ウェストモントのグリーンメドウズ、ウィートンのアロウヘッド・ゴルフクラブ、ライルのリバーベンド、ウェストシカゴのセントアンドリューズ・ゴルフ・アンド・カントリークラブとウィンフィールドのクラインクリーク・ゴルフクラブがある。

政治[編集]

大統領選挙の結果
共和党 民主党
2008年 44.3% 182,860 55.1% 217,416
2004年 54.4% 218,902 44.8% 180,097
2000年 55.2% 201,037 41.9% 152,550
1996年 50.7% 164,630 40.0% 129,709
1992年 48.1% 178,271 30.9% 114,564
1988年 69.4% 217,907 30.0% 94,285
1984年 75.7% 227,141 23.8% 71,430
1980年 64.0% 182,308 24.2% 68,991
1976年 68.8% 175,055 28.3% 72,137
1972年 75.0% 172,341 24.8% 57,043
1968年 66.6% 124,893 25.9% 48,492
1964年 59.9% 98,871 40.1% 66,229
1960年 69.5% 101,014 30.4% 44,263

デュページ郡は昔から共和党の強い地盤であり、大統領選挙では1960年から2004年まで例外なく共和党候補を支持してきた。しかし2008年では、シカゴ市出身の民主党バラク・オバマを支持した。

郡区[編集]

デュページ郡は下記9つの郡区に分割されている(人口順、後の数字は人口)。

  • ダウナーズグローブ - 148,110
  • ヨーク - 124,553
  • ミルトン - 118,616
  • ライル - 117,604
  • ブルーミングデール - 111,709
  • アディソン - 88,900
  • ネイパービル - 85,736
  • ウェイン - 63,776
  • ウィンフィールド - 45,155

都市[編集]

[編集]

教育[編集]

カレッジと大学[編集]

グレンエリンのカレッジ・オブ・デュページは国内でも最大級のコミュニティカレッジである。ウィートン・カレッジは知名度が高く敬愛される福音主義教会系のカレッジである。ベネディクティン大学、エルムハースト・カレッジ、ノースセントラル・カレッジも長い歴史のある教育機関である。

その他のカレッジや大学として、ダウナーズグローブのミッドウェスタン大学、ロンバードのナショナル健康科学大学とノーザン・バプテスト神学校、デブリー大学のアディソン、ネイパービル、オークブルック各キャンパス、ロバート・モリス大学のオーロラキャンパス、ナショナル・ルイス大学のライルキャンパス、デポール大学とノーザンイリノイ大学のネイパービルキャンパス、イリノイ工科大学のウィートンキャンパス、ウッドリッジにあるウェストウッド・カレッジのデュページキャンパスがある。マクドナルドの世界的訓練施設であるハンバーガー大学はオークブルックの本社にあり、広さは80エーカー (0.32 km2) ある。

中等教育[編集]

郡内には学術と運動で成果を上げている公立高校が多い。更に主に宗教系の私立高校も幾つかある。

教育学区[編集]

デュページ郡地域教育事務所が域内42の教育学区、245校、161,000人の児童・生徒に、規則の監視、教育の質の支援、様々な情報提供を行っている[23]

インフラ[編集]

医療[編集]

郡内の病院としては、ウィンフィールドのセントラルデュページ病院、ネイパービルのエドワード病院、エルムハーストのエルムハースト記念病院、ハインズデールのアドベンティスト・ハインズデール病院、ダウナーズグローブのアドボケイト・グッドサマリタン、グレンデールハイツのアドベンティスト・グレンオークス病院がある。

交通[編集]

郡領域に入っているシカゴ・オヘア国際空港[5]の他に、多くの鉄道路線が走り、デュページ空港など小さな空港も幾つかある。バスはペースが運行している。

郡内を南北に走る道路として、州道59号線(サットン道路)、同53号線(ロールウィング道路)、州間高速道路355号線(南北有料道路)、州道83号線(キンガリーハイウェイ)がある。東西方向の道路として、北から州間高速道路55号線(スティーブンソン・イクスプレスウェイ)、同88号線、アメリカ国道34号線(オグデン・アベニュー)、州道56号線(バターフィールド道路)、同38号線(ルーズベルト道路)、同64号線(ノース・アベニュー)、アーミートレイル道路、アメリカ国道20号線(レイク通り)、州道19号線(アービング公園通り)、エルジン・オヘア・イクスプレスウェイがある。エルジン・オヘア・イクスプレスウェイは州間高速道路290号線のソーンデール・アベニュー出口から、ハノーバー公園のレイク通りまで通じている。

宗教[編集]

ロンバードの第一教会、アメリカ合衆国国家歴史登録財に指定

郡内には数百の教会がある。ネイパービルにあるコミュニティ・クリスチャン教会は「ザ・チャーチ・レポート」によって、国内で13番目に影響力ある教会に挙げられた[24]。またカレッジ教会は同じく第37位になった。その他著名な教会として、ウィートン・バイブル教会、オークブルックのクライスト教会、ウィートンの第一バプテスト教会がある。またローマ・カトリック教会ジョリエット教区に属する大きなカトリック会派、およびグレンデールハイツのウクライナ正教会もある。

ウィートンにあるアメリカ神智学協会はアダイア神智学協会の北アメリカ本部であり、神智学瞑想ヨガ東洋哲学ニューエイジ精神論に関する講義と授業を行っている。イスラム教モスクがビラパーク、ネイパービル、グレンデールハイツ、およびグレンエリンの未編入領域にある[25]。バートレット、ベンセンビル、ブルーミングデール、キャロルストリーム、イタスカおよびメディナにはヒンドゥー教寺院があり、ウェストシカゴにはアーリヤ・サマージのセンターもある。ウェストシカゴには日蓮正宗寺院もある[26]。またウィロウブルックには、ブッダー・ダーマ瞑想センターと呼ばれる上座部仏教の寺院もある[27]。ロンバードには改革派ユダヤ教シナゴーグであるコングリゲーション・エッツ・チェイムがあり、ネイパービルにはユダヤ教独立系教会もある。

脚注[編集]

  1. ^ USGS GNIS: デュページ郡 (イリノイ州)
  2. ^ Quickfacts.census.gov - DuPage County - accessed 2011-12-06.
  3. ^ Quickfacts.census.gov - Wheaton, Illinois - accessed 2011-12-06.
  4. ^ Quickfacts.census.gov - Naperville, Illinois - accessed 2011-12-06.
  5. ^ a b DuPage County Map of Communities”. Official website. DuPage County (2008年). 2009年4月19日閲覧。
  6. ^ White, Jesse (2010年3月). “1837-1839 — Twenty-one New Counties”. Origin and Evolution of Illinois Counties. Illinois Secretary of State. p. 10. 2012年9月26日閲覧。
  7. ^ Thompson, Richard A.. “The French Connection”. History of DuPage County: DuPage Roots. DuPageHistory.org. 2009年1月3日閲覧。
  8. ^ Blanchard, Rufus (1882年). “History of DuPage County, Illinois”. Illinois Digital Archives. Illinois Secretary of State and State Librarian. 2009年1月3日閲覧。
  9. ^ Census 2010 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2011年11月5日閲覧。
  10. ^ Forest Preserve District of DuPage County (2008年). “Frequently Asked Questions about Environmental Services”. 2007年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月9日閲覧。
  11. ^ a b Monthly Averages for Wheaton, Illinois”. The Weather Channel. 2011年1月27日閲覧。
  12. ^ Based on 2000 United States Census data
  13. ^ a b c American FactFinder”. United States Census Bureau. 2009年4月2日閲覧。
  14. ^ About Fermilab”. Fermi National Accelerator Laboratory (2004年3月18日). 2010年2月19日閲覧。
  15. ^ County Board District 6 map”. DuPage County (2010年). 2010年2月19日閲覧。
  16. ^ About Argonne”. Argonne National Laboratory (2010年). 2010年2月19日閲覧。
  17. ^ County Board District 3 map”. DuPage County (2010年). 2010年2月19日閲覧。
  18. ^ Oakbrook Terrace Tower, Oakbrook Terrace
  19. ^ Lombard Lustrons”. Scott Vargo. 2007年10月27日閲覧。
  20. ^ Max Grinnell, "Going to the Movies" The Electronic Encyclopedia of Chicago, 2005, Chicago Historical Society
  21. ^ Tivoli Theatre history
  22. ^ Forest Preserve District of DuPage County
  23. ^ 2008-2009 Annual Report”. DuPage Regional Office of Education. 2010年10月18日閲覧。
  24. ^ ChurchReport.com
  25. ^ Islamic Center of Naperville
  26. ^ Buddhists
  27. ^ http://www.buddhistbmc.org/

外部リンク[編集]