スティーブンソン郡 (イリノイ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯42度21分 西経89度40分 / 北緯42.35度 西経89.67度 / 42.35; -89.67

イリノイ州スティーブンソン郡
Freeport Il Soldiers' Monument10.JPG
フリーポートにある郡庁舎と兵士記念塔
スティーブンソン郡の位置を示したイリノイ州の地図
郡のイリノイ州内の位置
イリノイ州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1837年
郡名の由来 ベンジャミン・スティーブンソン大佐から
郡庁所在地 フリーポート
最大都市 フリーポート
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

1,463 km2 (564.72 mi2)
1,461 km2 (564.18 mi2)
1 km2 (0.54 mi2), 0.10%
人口
 - (2010年)
 - 密度

47,711人
32人/km2 (84人/mi2)
標準時 中部: UTC-6/-5
ウェブサイト www.co.stephenson.il.us
人口推移
年度 人口
1900 34,933
1910 36,821 5.4%
1920 37,743 2.5%
1930 40,064 6.1%
1940 40,646 1.5%
1950 41,595 2.3%
1960 46,207 11.1%
1970 48,861 5.7%
1980 49,536 1.4%
1990 48,052 −3.0%
2000 48,979 1.9%
2010 47,711 −2.6%
IL Counties 1900-1990

世界 > 北アメリカ > アメリカ合衆国 > イリノイ州 > スティーブンソン郡

スティーブンソン郡: Stephenson County)は、アメリカ合衆国イリノイ州にある2010年の人口は4万7711人で、郡庁所在地フリーポート (Freeport) [1]である。全域がフリーポート小都市圏の圏内にある。

歴史[編集]

1837年にジョーデイビス郡ウィネベーゴ郡の各一部をとって誕生し、イリノイ準州の将校であったベンジャミン・スティーブンソン大佐にちなみ名づけられた。

地理[編集]

国勢調査局の調査では総面積1462.6平方キロ(564.72平方マイル)で、うち1461.2平方キロ(564.18平方マイル)が陸地、総面積の0.10%にあたる1.4平方キロ(0.54平方マイル)が水域である[2]

主要幹線道路・高速道路[編集]

隣接する郡[編集]

人口動態[編集]

ケント近郊の田園風景

2000年国勢調査[1]時点で、この郡には4万8979人、1万9785世帯、1万3473家族が暮らしている。人口密度は1平方キロあたり34人で、平方マイルに換算すると87人となる。住居数は2万1713軒で、1平方キロあたりに15軒(1平方マイルあたりでは38軒)が建っている計算になる。住民のうち白人が89.29%、アフリカ系が7.68%、ネイティブ・アメリカンが0.15%、アジア系が0.68%、太平洋諸島系が0.04%、その他が0.63%、混血が1.53%、ヒスパニック(ラテン系)が1.53%を占める。45.0%がドイツ系、7.2%がアメリカ系、7.0%がアイルランド系、6.3%がイングランド系である。

1万9785世帯のうち30.7%は18歳以下の子供と暮らしており、55.4%は夫婦で生活している。9.5%は未婚の女性が世帯主であり、31.9%は家族以外の住人と同居している。27.6%が独り身世帯で、12.6%を独居老人が占める。1世帯あたりの平均構成人数は2.43人、家庭の構成人数は2.97人である。

住民のうち25.2%が18歳以下の未成年、7.6%が18歳以上24歳以下、27.5%が25歳以上44歳以下、23.3%が45歳以上64歳以下、16.4%が65歳以上となっており、平均年齢は38歳である。女性100人に対し男性が93.1人いる一方、18歳以上の女性100人ごとに対しては90.3人いる。

一世帯あたりの平均収入は4万366米ドルで、家族あたりでは4万8510米ドルである。男性の平均収入は3万6300米ドル、女性の平均収入は2万4238米ドルで、労働者でない人々も含めた住民一人当たりの収入は1万9794米ドルとなる。総人口の9.0%、家族の6.5%、18歳以下の子どもの11.6%、および65歳以上の老人の8.5%は貧困線以下の収入で生計を立てている。

行政区画[編集]

都市および町[編集]

非法人コミュニティ[編集]

郡区[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b American FactFinder, United States Census Bureau, http://factfinder.census.gov 2008年1月31日閲覧。 
  2. ^ Census 2000 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2011年2月13日閲覧。

外部リンク[編集]