タイ航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タイ航空
เดินอากาศไทย
Thai Airways Company
IATA
TH
ICAO
THA
コールサイン
Thai Air
設立日 1947年
ハブ空港 ドンムアン国際空港(バンコク国際空港)
焦点空港 チェンマイ国際空港
ハートヤイ国際空港
保有機材数 11(1988年、タイ国際航空への合併当時)
就航地 26
親会社 タイ国際航空
本拠地 タイの旗 タイ王国バンコクポーンプラープ区

タイ航空(タイこうくう、タイ語: เดินอากาศไทย英語: Thai Airways Company, TAC)は、かつて存在したタイの国内航空会社である。拠点はドンムアン国際空港(DMK=旧・バンコク国際空港 BKK)の国内線ターミナルに置かれ、本社はバンコク市内のポーンプラープ区にあった[1]1988年、タイ航空は、タイ国際航空タイ語: การบินไทย, 英語: Thai Airways International) に吸収合併された。

日本語では、「タイ航空機爆発事件」のように、タイ国際航空を指して「タイ航空」という表現を用いることがある。

歴史[編集]

1947年3月1日、当時の内閣の決議によって、国内航空会社シャム航空 (Siamese Airways Company Limited) が発足した。創業当初の機材は、ダグラスDC-3ビーチクラフトC45スチンソンL-5 センチネルリアウィン (Rearwin Airplanes Inc.)、フェアチャイルドであった。初の営業飛行は、バンコクピッサヌロークラムパーンチェンマイを結ぶ路線であった。2日後には、チェンマイ=メーサリアンメーホンソーンの路線が開設された。最初の国際路線は、1947年12月に開設されたバンコク=ソンクラーペナンであった。

タイ政府は、1951年11月1日に、シャム航空をパシフィック海外航空 (Pacific Overseas Airline (Siam) Limited, POAS) と合併させて、タイ航空株式会社 (タイ語: บริษัท เดินอากาศไทย จำกัด (บดท.); 英語: Thai Airways Company Limited, TAC) と改称し、「タイ航空 (Thai Airways)」とも称するようになった。

1960年、 タイ航空は国際線部門を担う別会社としてタイ国際航空 (タイ語: บริษัท การบินไทย จำกัด; 英語: Thai Airways International Company Limited, THAI) を設立し、スカンジナビア航空から資本金の3割、200万バーツの出資を受けた合弁事業としてこれを運営した[2]

タイ航空のホーカー・シドレー748。バンコク空港にて、1974年撮影。

タイ航空は、1963年ターボプロップアブロ 748を購入し、1977年にはジェット機ボーイング737-2001982年にはショート 3301985年にはショート 360エアバスA310-200を、それぞれ導入した[3]

1988年4月1日、タイ航空株式会社 (TAC) は、当時の首相プレーム・ティンスーラーノン陸軍大将が承認した内閣の決定に従ってタイ国際航空と合併し、タイ王国唯一のフラッグ・キャリアとなった[2]

タイ航空が所有していた11機(ボーイング737-200=3機、ショート330=4機、ショート360=2機、エアバスA310-200=2機)が加わり、タイ国際航空の所有機は41機となった[4]1988年末には、航空会社コードも、タイ国際航空のものに統一された。

かつてのタイ航空の本社であったポーンプラープ区のラーン・ルアン社屋 (the Larn Luang Office) は、タイ国際航空が使用している[5]

就航地[編集]

タイ国内線[編集]

バンコクドンムアン国際空港)発着便

チェンマイチェンマイ国際空港)発着便

ハートヤイハートヤイ国際空港)発着便

国際線[編集]

事件・事故[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ "World Airline Directory." Flight International. 29 March 1986. 130.
  2. ^ a b Company Profile History”. Thai Airways International. 2013年11月22日閲覧。タイ国際航空の歴史と変遷”. タイ国際航空. 2013年11月22日閲覧。
  3. ^ Thai Aviation History - Thai Airways Fleets [1](2011年8月19日時点のアーカイブ
  4. ^ Developments and Advancements of THAI AD. 1979–1988”. Thai Airways International. 2013年11月22日閲覧。
  5. ^ Welcome to THAI Shop Contact Us”. Thai Airways International. 2013年11月22日閲覧。
  6. ^ Accident Details”. PlaneCrashInfo.com. 2013年11月22日閲覧。
  7. ^ Accident Details”. PlaneCrashInfo.com. 2013年11月22日閲覧。
  8. ^ AP (1986年11月8日). “Man held in Thai jetliner explosion”. 2013年11月22日閲覧。
  9. ^ Accident Details”. PlaneCrashInfo.com. 2013年11月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]