プレーム・ティンスーラーノン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タイの旗 タイの政治家
プレーム・ティンスーラーノン
เปรม ติณสูลานนท์
Prem Tinsulanonda (Cropped).jpg
生年月日 1920年8月26日(93歳)
出生地 ソンクラー県
所属政党 軍政

タイ王国の旗 第22代首相
任期 1980年3月3日 - 1988年8月4日
国王 ラーマ9世
テンプレートを表示

プレーム・ティンスーラーノンタイ:เปรม ติณสูลานนท์、:Prem Tinsulanonda、1920年8月26日 - )はタイ軍人(陸軍大将)。政治家タイの首相を務めた。また、枢密院議長を務めた。

経歴[編集]

軍人として[編集]

1920年、南部ソンクラー県の下級官僚の家に生まれた。1941年、王立陸軍士官学校(現、チュラチョームクラオ陸軍士官学校)に入学。職業軍人としてキャリアを積み、第一騎兵師団師団長などを経て、1977年から1978年まで内務副大臣1978年から1980年までタイ陸軍司令官、1979年から1986年まで国防大臣を務めた。

その間、1968年から1971年まで上院議員、1972年から1973年まで下院議員を務めている。

首相時代[編集]

1980年から1988年までの8年以上の長期にわたって政権を担当した。

首相在任中に数度の暗殺未遂事件と2度のクーデターを潜り抜けたうえで、外国企業の投資規制を緩和するなど、経済成長への道筋をつけた。また、民政移管を実現した。

タイ共産党の活動家に対して「恩赦をするから投降するように」と呼びかけるなどの穏健な政策をとってタイ共産党を徐々に弱体化せていった。

非民選議員の立場で首相を務め、自身の内閣の閣僚に官僚、政党人、民間人を起用したことなどから、この間の政治は「半分の民主主義」[1]とも形容された。

1988年の退任時に枢密顧問官に任命されるとともに、「ラタブルット」(国家功労者)の称号を受けた。

政界の実力者として[編集]

1998年から枢密院議長を務めている。清廉な人柄と王室への忠勤ぶりからプミポン国王の信頼が厚いとされている。また、誕生日には陸海空の各司令官と国軍最高司令官、警察の幹部が祝いに訪れるなど、軍や政財界に絶大な影響力を持つタイの最高実力者と目されている。

スチンダー・クラープラユーンタクシン・チナワットを必要以上の権力を求める者であり王室への脅威として排撃しており、タクシンからは「2006年タイクーデターの黒幕」、「憲法を超えたカリスマ」と批判されている。

チャムロン・シームアン元バンコク都知事はかつての秘書。スラユット・チュラーノン元首相は陸軍時代の副官。

慈善活動[編集]

プレムは自身のラタブルット財団を通して多くの慈善活動に携わっており、2001年8月にはタイのチェンマイ県にある「プレーム・ティンスーラーノン・インターナショナルスクール」の共同設立者となった。

「プレーム・ティンスーラーノン・インターナショナルスクール」のキャンパスは90エーカーと広く、寮も備わっており、多くの国籍の学生が通っている。

栄典[編集]

以下の勲章などを受勲している。

脚注[編集]

  1. ^ 重冨 真一. “タイの政治混乱—その歴史的位置—”. 日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所. 2010年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年7月24日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]