メーソート郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯16度42分53秒 東経98度34分05秒 / 北緯16.71472度 東経98.56806度 / 16.71472; 98.56806

メーソート郡
位置画像
メーソート郡の位置
情報
タイ語名 อำเภอแม่สอด
ターク県
地理番号 6306
郵便番号 63110
統計
面積 1,986.1 km2
人口 106,413 人 (2000年)
人口密度 53.6 人/km2
行政
テンプレートを表示

メーソート郡タイターク県にある郡の一つ。

名称[編集]

メーソートの語源には3つ説がある。一つは郡内を流れる川、「ソート川(フワイメー・ソート)」に由来するという説。二つめはスコータイのラームカムヘーン大王碑文に出てくる、クン・サームチョンの治める「チョート国(メー・チョート)」がなまったという説。三つ目はモン族の言葉で、メー・ソート(ビルマ人が死ぬ)という意味の語がなまったという説である。

日本語ではメーソットとも表記される。

歴史[編集]

18世紀中盤頃からカレン族が住み着き、パノーケー村 (หมู่บ้าน พะหน่อเก) という集落を作ったが、タイ族の進入に伴い、カレン族は移住し、タイ族の領域となった。

1898年、メーソート郡として正式に成立し、モントン・ナコーンサワンに組み込まれた。

地理[編集]

郡の西側はムーイ川になっておりミャンマーとの国境を形成している。東には山岳地帯が広がりその中にはメー・カサ国立公園がある。

交通[編集]

郡内には空港がある。

幹線道路が東西南北に伸びる交通の要衝である。 東西に国道105号線が通っており、東はタークへ、西は国境のムーイ川にかかる橋を越えてミャンマー・カレン州ミャワディに通じている。南へは国道1090号線が通っており、ウムパーンに通じている。北へは国道105号線が通っており、メーサリエンに通じている。

経済[編集]

農業や国境貿易などが盛んである。

行政区分[編集]

メーソート郡は10のタムボンに分かれ、さらにその下位に86の村(ムーバーン)がある。郡内には自治体が設置され以下のようになっている。 また、郡内には9つのタムボンの行政体が設置されている。以下は、郡内のタムボンの一覧である。

No. タムボン名 テーサバーンタムボン名
1. メーソート テーサバーンタムボン・メーソート・・・タムボン・メーソート全体
2. メークタイ語版 テーサバーンタムボン・メーク・・・タムボンメークの一部
3. パウォータイ語版
4. メーターオタイ語版
5. メーカーサータイ語版
6. ターサーイルワットタイ語版 テーサバーンタムボン・ターサーイルワット・・・タムボン・ターサーイルワットの一部
7. メーパタイ語版
8. マハーワンタイ語版
9. ダーンメーラマオタイ語版
10. プラタートパーデーンタイ語版

関連項目[編集]

外部リンク[編集]