ムアンラムパーン郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯18度17分31秒 東経99度30分16秒 / 北緯18.29194度 東経99.50444度 / 18.29194; 99.50444

ムアンラムパーン郡
位置画像
ムアンラムパーン郡の位置
情報
タイ語名 อำเภอเมืองลำปาง
ラムパーン県
地理番号 5201
郵便番号 52000
統計
面積 1,156 km2
人口 234,782 人 (2006年)
人口密度 203.1 人/km2
行政
テンプレートを表示

ムアンラムパーン郡はタイ北部・ラムパーン県にある郡(アムプー)である。ラムパーン県の県庁所在地(ムアン)でもある。

名称[編集]

古い名前はケーラーンナコーンラムパーン。ラムパーンはลำปางと表記されるが『年代記』などではナコーンラムパーン (นครลำภาง, นครลำปาง) と表記されることもある。日本語ではランパーンとも表記される。

名称の由来については以下の伝承が伝わる。仏陀がこの地域に伝道に来たとき、住民のルワ人(モン・クメール語族の北部タイに住む人のこと)がパーンと呼ばれる植物 (ต้นป้าง, Chlorophytum Orchidastrum)や、蜂蜜ココヤシなどを喜捨し、仏陀が「ここはいずれ都となる」と予言した。そこで、このルワ人が喜捨した「パーンの木の茎」すなわち「ラムパーン」にあやかり名を付けたとされる[1]

地元のことわざに「ラムプーン人は高徳の人、チエンマイは美人、ラムパーンは時の人」ということわざがありそれぞれのお国の人の性格を表したものとされる。ラムパーン人が「時の人」と呼ばれるのは、鉄道がチエンマイ、ラムプーンよりもラムパーンに先につく為、流行を先取りする性格があるからだと言われる[2]

歴史[編集]

ワット・プラタートラムパーン

ラムパーンは『ジナカーラマーリー』によれば750年頃にハリプンチャイに即位したチャーマデヴィーの2番目の息子が建設したとされ[3]、ハリプンチャイ王国において主要都市であったことが分かっている。

一方、ラーンナー王朝によって1292年、ハリプンチャイ王国が崩壊すると、ラムパーンも衰退の一途を辿った。また、1386年、1515年にはアユタヤ王朝によって攻撃されている[4]。その後、1558年以降のビルマも同様に都市としての地位は低かったと考えられている。

1730年、ラムパーンで反ビルマの蜂起が起こるとティップチャックと言われる地元の猟師がこれを鎮圧。ティップチャックはラムパーンの国主に任命された。この後、ティップチャックの一族がラムパーンの国主を世襲。また、復興したラーンナー王朝の君主カーウィラもティップチャックの孫であり、チェットトン王家の出身地として都市としての地位はにわかに高くなった。

チェットトン王家によるラムパーン国主の世襲は1922年のラーチャブットまで続き、最後の国主ラーチャブットは同年、主権を完全に中央政府に返還し、名実共にラムパーンはラムパーン県の郡の地位に収まった。

地理[編集]

ワン川の形成した台地にあり、チーク材などの材木が豊富である。

交通は市内にはラムパーン空港があり国道一号線(パホンヨーティン通り)が南北に国道11号線が東西に走っている。またバンコク - チエンマイ間の鉄道も通っている。

経済[編集]

地域の主な産業は農業であるが、カオリナイトを含んだ粘土などが産出されるため市内には、多くの陶磁器生産工場がある。また、チーク材なども主な産物である。

行政区分[編集]

ラムパーン市内は19のタムボンに分かれ、その下位に179の村(ムーバーン)が存在する。また4の自治体(テーサバーン)が存在し以下のようになっている。

なお、郡内には11のタムボン行政体(オンカーンボーリハーンスワンタムボン)が設置されている。以下は市内のタムボンの一覧である。

  • タムボン・ウィエンヌア・・・ตำบลเวียงเหนือ
  • タムボン・フワウィエン・・・ตำบลหัวเวียง
  • タムボン・スワンドーク・・・ตำบลสวนดอก
  • タムボン・ソップトゥイ・・・ตำบลสบตุ๋ย
  • タムボン・プラバート・・・ตำบลพระบาท
  • タムボン・チョムプー・・・ตำบลชมพู
  • タムボン・クルワイペ・・・ตำบลกล้วยแพะ
  • タムボン・ポンセーントーン・・・ตำบลปงแสนทอง
  • タムボン・バーンレーン・・・ตำบลบ้านแลง
  • タムボン・ナーンサデット・・・ตำบลบ้านเสด็จ
  • タムボン・ピチャイ・・・ตำบลพิชัย
  • タムボン・トゥンファーイ・・・ตำบลทุ่งฝาย
  • タムボン・ナーンウアム・・・ตำบลบ้านเอื้อม
  • タムボン・バーンパオ・・・ตำบลบ้านเป้า
  • タムボン・バーンカー・・・ตำบลบ้านค่า
  • タムボン・ボーヘーオ・・・ตำบลบ่อแฮ้ว
  • タムボン・トントンチャイ・・・ตำบลต้นธงชัย
  • タムボン・ニコムパッタナー・・・ตำบลนิคมพัฒนา
  • タムボン・ブンヤナークパッタナー・・・ตำบลบุญนาคพัฒนา

注脚[編集]

  1. ^ "นายรอบรู้" ภาคเหนือ, กรุงเทพฯ: สารคดี, 1 ตุลาคม 2005, p238, ISBN 9789744840660
  2. ^ "นายรอบรู้" ภาคเหนือ, กรุงเทพฯ: สารคดี, 1 ตุลาคม 2005, p226
  3. ^ Guillon, Emmanuel: The Mons - A Civilization of Southeast Asia, trans. & ed. James V. Di Crocco, Bangkok: Siam Society Under Royal Patronage, 1999, p.102 ISBN 9789748298443
  4. ^ พระราชพงศาวดารกรุงเก่า ฉบับหลวงประเสริฐอักษรนิติ์ - アユタヤ王朝年代記ルワンプラスート本

外部リンク[編集]