ジョン・ダ・シルバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ダ・シルバ
プロフィール
リングネーム ジョン・ダ・シルバ
マジット・アクラ
本名 John Walter da Silva
ニックネーム ニュージーランドの帝王[1]
身長 191cm[2]
体重 108kg[2] - 119kg[1]
誕生日 1934年6月11日(80歳)[2]
出身地 ニュージーランドの旗 ニュージーランド
オークランド地方プケコへ[2]
スポーツ歴 レスリング[3]
ボクシング[3]
デビュー 1958年[3]
引退 1977年[3]
テンプレートを表示

ジョン・ダ・シルバJohn Da Silva1934年6月11日 - )は、ニュージーランドの元プロレスラーオークランド地方プケコへ出身。

先住民族マオリの血を引くベビーフェイスとして、1960年代後半から1970年代にかけてのニュージーランドのマット界を支えた。

来歴[編集]

1953年よりレスリングを始め、同年にウェリントンで行われたニュージーランド選手権ではエイブ・ジェイコブズ(アベ・ヤコブ)から勝利を収めている[3]ボクシングでも活躍し、1955年オークランドのアマチュア・ヘビー級タイトルを獲得した[3]1956年にはメルボルン・オリンピックにレスリングのニュージーランド代表として出場。1958年にはウェールズカーディフで開催された大英帝国競技大会にも参加し、そのままイギリスに滞在してプロに転向した[4]

1960年代に入ると英連邦カナダに進出、トロントでは1960年から1961年にかけて、フレッド・アトキンスマイク・バレンティノスタン・ステイジャック、そしてバディ・ロジャースとも対戦している[5][6]。1961年4月はアメリカ合衆国本土を含む他地区も精力的に転戦し、バンクーバーではミツ荒川サンフランシスコ地区ではエンリケ・トーレスハワイホノルルではエドワード・カーペンティアとも対戦した[7]

その後も英国マットでの活動を経て、1968年にニュージーランドへ凱旋、3月18日にオークランドにてジョージ・ゴーディエンコを破り、新興団体のオールスター・プロレスリングが復活させたNWA英連邦ヘビー級王座を獲得[8]。以降はニュージーランドに定着し、同地のエースとなって活躍。フラッグシップ・タイトルの英連邦ヘビー級王座には、ゴードン・ネルソンアブドーラ・ザ・ブッチャーブルドッグ・ブラワーらを下し、通算6回に渡って戴冠した[8]1973年12月2日には、オークランドにてジャック・ブリスコNWA世界ヘビー級王座に挑戦[9]。歴代のNWA世界王者ではホイッパー・ビリー・ワトソンハーリー・レイス、同じくニュージーランド出身のパット・オコーナーとも対戦した[3]

日本には1968年11月、国際プロレスに初来日し、ジョージ・ゴーディエンコ、ビル・ロビンソンピーター・メイビアらと共に、IWAワールド・シリーズの第1回大会に出場。ゴーディエンコと組んで豊登&サンダー杉山が保持していたTWWA世界タッグ王座にも挑戦した[10]1974年9月には全日本プロレスに参戦、ニュージーランドで抗争を展開していたアブドーラ・ザ・ブッチャーともタッグを組み、ジャイアント馬場ザ・デストロイヤーと対戦した[11]1976年7月にはパキスタン出身のマジット・アクラMajid Ackra)として新日本プロレスのアジア・リーグ戦に出場[12]。予選でアントニオ猪木から不戦勝を得て決勝リーグに進んだが、戦績は振るわなかった。

1977年ドン・ムラコに敗れ英連邦ヘビー級王座を失い[8]、現役を引退[3]。以降は2005年まで青少年の更生保護活動に取り組み、ニュージーランドの女王功績メダルを授与された[3]

得意技[編集]

  • ストマック・ブロック[1]

獲得タイトル[編集]

  • NWA英連邦ヘビー級王座(ニュージーランド版):6回[8]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『THE WRESTLER BEST 1000』P304(1996年、日本スポーツ出版社
  2. ^ a b c d John Da Silva”. Wrestlingdata.com. 2013年12月20日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i NZ wrestling legend John Da Silva”. Kiwi Pro Wrestling. 2013年12月20日閲覧。
  4. ^ John DaSilva”. Online World of Wrestling. 2013年12月20日閲覧。
  5. ^ The MLW matches fought by John Da Silva in 1960”. Wrestlingdata.com. 2013年12月20日閲覧。
  6. ^ The MLW matches fought by John Da Silva in 1961”. Wrestlingdata.com. 2013年12月20日閲覧。
  7. ^ Matches of John Da Silva in April 1961”. Wrestlingdata.com. 2013年12月20日閲覧。
  8. ^ a b c d British Empire/Commonwealth Heavyweight Title [New Zealand]”. Wrestling-Titles.com. 2013年12月20日閲覧。
  9. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1973”. Wrestling-Titles.com. 2013年12月20日閲覧。
  10. ^ The IWE matches fought by John Da Silva in 1968”. Wrestlingdata.com. 2013年12月20日閲覧。
  11. ^ The AJPW matches fought by John Da Silva in 1974”. Wrestlingdata.com. 2013年12月20日閲覧。
  12. ^ 『新日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P87(2002年、日本スポーツ出版社)

外部リンク[編集]