ジョナサン・トゥイート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョナサン・トゥイートJonathan Tweet)はen:Ars Magicaen:EverwayOver the Edgeen:Talislantaそして『ダンジョンズ&ドラゴンズ第3版』などのロールプレイングゲーム、またトレーディングミニチュアゲームen:Dreambladeの開発に携わってきたゲームデザイナーである。

生い立ち[編集]

ジョナサン・トゥイートは、父が彼に『ダンジョンズ&ドラゴンズ』ゲーム初版を買ってあげたことから、1970年代にD&Dを遊びはじめた。彼は大学生のグループと簡潔に遊び、とはいえ、彼は「でもダンジョンマスターは僕を殺した...だって、彼はグループの中でまだ12歳だったから」と言った。トゥイートは募集した同級生で、彼自身のゲームのグループを結成した[1]

キャリア[編集]

1987年、トゥイートは中世の魔法使いを中心に取り扱ったロールプレイングゲームen:Ars Magicaをデザインした[1]。1992年には同じくRPGOver the Edgeをデザインし、これは自由形式のルールと主観的なアプローチを含んだ[1]

トゥイートはまた『ダンジョンズ&ドラゴンズ第3版』のデザインを手伝った[1]。トゥイート、モンテ・クック、そしてスキップ・ウィリアムズの全員が第3版のen:Players Handbooken:Dungeon Master's Guide、anden:Monster Manualに貢献し、そして各デザイナーは、それらの貢献に基づいて書籍を書いた[2]。2008年12月2日、彼はウィザーズ・オブ・ザ・コーストからレイオフされた一人になった[3][4][5]

2007年、彼はオリジン賞の名誉の殿堂に加えられた[6]

概観[編集]

グレードの学校から無神論者で[7]、トゥイートは宗教上の彼の見解に多くの彼の個人的なウェブサイトの内容を注いできて[8]、今en:Roman Catholic Churchで問題になっている[9]

脚注[編集]

外部リンク[編集]