ダンジョン&ドラゴン2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダンジョン&ドラゴン2
Dungeons & Dragons: Wrath of the Dragon God
監督 ジェリー・リヴリー
脚本 ロバート・キメル
ブライアン・ラドニック
エリオット・ウォード
原案 ヒュー・ウィルソン
製作 スティーヴ・リチャーズ
スティーヴ・クラーク=ホール
ヴォルフガング・エゼンヴァイン
製作総指揮 コートニー・ソロモン
アラン・ゼマン
デヴィッド・コルダ
出演者 マーク・ダイモンド
クレメンシー・バートン=ヒル
ブルース・ペイン
エリー・チドジー
スティーヴン・エルダー
ルーシー・ガスケル
ティム・スターン
ロイ・マースデン
ヴィタウタス・ラムサス
音楽 デヴィッド・ジュリアン
撮影 イゴール・メグリック
編集 ロドニー・ホランド
製作会社 Syfy
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ホーム・ビデオ
日本の旗 AMGエンタテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年10月8日
日本の旗 2006年10月21日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $12,000,000
前作 ダンジョン&ドラゴン
次作 ダンジョン&ドラゴン3 太陽の騎士団と暗黒の書
テンプレートを表示

ダンジョン&ドラゴン2』(原題: Dungeons & Dragons: Wrath of the Dragon God[1]は、ジェリー・リヴリー監督による2005年10月8日よりアメリカ合衆国DVDが発売されたファンタジー映画。『ダンジョン&ドラゴン』の続編であり、ストーリーに関連性は見られない。

日本では2006年10月21日に劇場公開された。2007年1月25日ジェネオン エンタテインメントよりDVDが発売されている。約25分の映像特典「ダンジョン&ドラゴン2」製作秘話〜ゲームから映画へ〜、RPGの父ゲイリー・ガイギャックスとの会話、劇場予告編集も収録されている。

ストーリー[編集]

中世時代のヨーロッパ、邪悪な魔術師・ダモダールが「ファラジュアの宝珠(オーブ)」を手に入れて、三千年前にファラジュアという地獄を支配した巨大な黒竜(ブラック・ドラゴン)が召喚する。復讐を企む。人間と魔術師たちが保たれているイシュミール国の危機に近くにあった。イシュミール国の魔術師・メローラ、強い力を持つ女剣士・ラックス、役立つ知恵を持つオバドハイの神官・ドリアン、エルフの女魔術師・オマーリンなど勇者として選び、共に黒竜の復活に必要な「ファラジュアの宝珠(オーブ)」を探す旅に出発。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ベレク マーク・ダイモンド 東地宏樹
メローラ クレメンシー・バートン=ヒル 岡寛恵
ダモダール ブルース・ペイン 山寺宏一
ラックス エリー・チドジー 朴ロ美
ドリアン スティーヴン・エルダー -
オーマリン ルーシー・ガスケル 魏涼子
ニム ティム・スターン -
オベロン卿 ロイ・マースデン 小川真司

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本での公開時は、副題は「THE ELEMENTAL MIGHT」だった(映画公開時のプレスに記載)。

外部リンク[編集]