秘密の工房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
The Forge of Fury
邦題 秘密の工房
必要なルール D&D第3版
セッティング D&D全般
製作者 Richard Baker
初版出版年 2000
関連するモジュール
地底の城砦 * 秘密の工房 * 夢でささやく者 * 環状列石の謎 * 夜牙塔の心臓 * 現れた地下都市 * 鋼鉄城の主 * 迷える魂を喰らう者

「秘密の工房」(The Forge of Fury)ダンジョンズ&ドラゴンズ第3版ロールプレイングゲーム用のアドベンチャー・モジュールである。

プロット要約[編集]

秘密の工房は「カンドルーカー要塞」を舞台にしたダンジョン探索の冒険である。[1]偉大なドワーフの鍛冶師である「黒のダーゲティン」は、200年前に彼の一族がオークトロールの大群によって故郷から追い立てられた際、巨大な洞窟網の内に秘密の要塞を創設した。オークたちは100年前にダーゲティンの一族の者を捕らえたときにカンドルーカーの場所を発見し、大軍を挙げると要塞を襲撃してドワーフたちを殺し、その5つの階層はゴブリン、オーク、他の怪物の住み着く遺跡へと荒れ果てた。ダーゲティンが怒りで鍛造した超常的な剣の伝説を聞きつけ、プレイヤーキャラクターたちはカンドルーカーの遺跡を訪れこれらの武器を探索する。

出版履歴[編集]

本は2000年に出版され、著者は Richard Baker、カバーアートはen:Todd Lockwood、本文アートはen:Dennis Cramerである。2003年には日本語版が出版された。

評判[編集]

The Forge of Furyダンジョン 誌で2004年(D&D30周年記念)に全ての偉大なD&Dアドベンチャーの中で12番目にランクインした。[2]

Dungeon Master for DummiesThe Forge of Furyを第3版アドベンチャーのベスト10のひとつに挙げた。[3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]