ジェームズ・ワイアット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
JamesWyattGenCon2007.JPG
James Wyatt at en:Gen Con on August 18, 2007
誕生 James Wyatt
職業 ゲームデザイナー
国籍 アメリカ合衆国
ジャンル ロールプレイングゲーム
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ジェームズ・ワイアット(James Wyatt、ca.1968年/1969年[1] - )は、アメリカ合衆国ゲームデザイナーで、以前はUnited Methodist教役者だった。彼はウィザーズ・オブ・ザ・コースト社で働き、そこでロールプレイングゲームダンジョンズ&ドラゴンズ』のためにデザインした追加的な設定や冒険の筋書きが各種の賞を受賞した。ワイアットはサイエンス・フィクションやファンタジーの小説も書いており、その中にはフォーゴトン・レルムに関する本やダンジョンズ&ドラゴンズ第4版のダンジョン・マスターズ・ガイドが含まれる。

伝記[編集]

ワイアットはニューヨーク州イサカで育ち、1986年イサカ高校 (Ithaca High School) を卒業した[1]。彼は1970年代後期からロールプレイングゲームを遊んでおり、遊び始めたのは初版のBasic D&Dセットだった:「私がベーシック・セットを手にする前、私は自分の家の裏庭で魔術師のまねごとをしたことを覚えている…自分たちの裏庭での原始的なライブ・アクションRPGで、自分たちの魔術師が何かと戦うために、私はD&Dの本の中のモンスターの統計項目を使用した。」[2]高校を卒業した後、彼はオハイオ州のオベリン大学宗教学を専攻し、1990年に卒業した[1][2]1993年、彼はニューヨークユニオン神学校からen:Master of Divinityを取得した[1][2]。直後に彼は妻 Amy と結婚した[1]。1994年、彼はオハイオ州南東部の2つの小さな United Methodist churches で教役者として働き始めた[1][2]

教役者として働いているとき、ワイアットは空いた時間に『ドラゴン (Dragon)』誌への寄稿を執筆し、手始めにTSRMasque of the Red Deathへ素材を提供し始めた。1996年、ワイアットは進路を変更することを決めた:「私が教役者だった時、私は『ダンジョン (Dungeon)』誌へ冒険を提出し始めた…教役者の仕事が自分の生命力をより消耗させていたとき、私は自分のD&Dへの仕事が自分への解放とエネルギーの源であることを発見した。私の書いたアドベンチャーや記事を受理されたとき、それはとてもエキサイティングで、D&Dは再び私にとってただの趣味ではないことが明らかになった。」[2]同年、彼はTSRのフルタイム社員を希望してウィスコンシン州へ引っ越し、これはすぐにはうまくいかなかったが、彼はフリーランスの作家として素材を書き続けた[2]。ワイアットはWest EndHercules and Xenaのようなロールプレイングゲームのプロデュースの仕事に就いたが、彼は「ゲームの世界では、D&Dは常に私が愛するただ一つのゲームだ…中学生のときには他のゲームシステムもやりたい放題やっていたけどね」と感じていた[2]。彼は『ドラゴン』誌や『ダンジョン』誌に記事の連載を持ち続けた。

1998年カリフォルニア州バークレーに引っ越し、2000年にはワシントン州シアトル/タコマ地域にいた[1]2000年1月、ウィザーズ・オブ・ザ・コーストはついに彼をD&Dゲームの仕事のために正社員として雇用した。彼の最初の仕事はMonsters of Faerûn(フェイルーンのモンスター)で、彼はその2/3を書いた[2]。ウィザーズ・オブ・ザ・コーストにおける彼の初期の仕事には、『夢でささやく者』(D&D第3版の冒険シナリオシリーズ、『地底の城砦』と『秘密の工房』の続編)、Defenders of the Faithフォーゴトン・レルム・キャンペーン・セッティングのモンスター・チャプター、そして『ドラゴン』誌や『ダンジョン』誌の数々の記事である[2]

名誉[編集]

ワイアットは2003年en:City of the Spider Queenで、そして2005年エベロン・キャンペーン・セッティングen:Bill SlavicsekKeith Bakerとの共同執筆)でオリジン賞を受賞した。彼のほかの顕著な仕事にはen:Oriental Adventures(2002年にENnie Awardを受賞)、竜の書Draconic Propheciesシリーズ、そしてen:Magic of Incarnumが含まれる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g The Bulletin: Ithaca High School 20th Reunion 1986/2006. July 1, 2006. Pg. 29. Archive copy at en:Scribd.
  2. ^ a b c d e f g h i Ryan, Michael G. (March 2001). “Profiles: James Wyatt”. ドラゴン_(雑誌) (en:Renton, Washington: ウィザーズ・オブ・ザ・コースト) (#281): 12, 14. 

外部リンク[編集]