フォーゴトン・レルム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フォーゴトン・レルムForgotten Realms、忘れられた領域)は、ロールプレイングゲームの『ダンジョンズ&ドラゴンズ』(D&D) 用キャンペーンセッティングとしてエド・グリーンウッドが創造した架空の世界である。

当初はグリーンウッドの個人的なキャンペーン用に作成されたが、ドラゴン誌の長期連載で詳細が述べられ、1987年には最初のキャンペーン・セッティングが発売された。 その後も多数のサプリメントが発売され続け、1990年代にはAD&Dの代表的なキャンペーン・セッティングになった。

また、フォーゴトン・レルムを舞台とした小説コンピュータRPGも多数発表されている。

地理[編集]

フォーゴトン・レルムは、アビア・トーリルという惑星上にある。 この世界は、フォーゴトン・レルム以外にもいくつかのD&D用キャンペーン・セッティングの舞台となっていて、フェイルーン、カラ・トゥア、ザハラ、マズティカといった大陸や、その他にも明記されていない広大な土地がある。 しかし、フォーゴトン・レルムの出版物は大部分がフェイルーンに関するものである。

アビア・トーリルはD&Dの宇宙観ではプライム・マテリアル・プレーンに存在するが、いくつかの出来事ではほかの実在プレーンも舞台になっている。 フォーゴトン・レルムの宇宙は完結した宇宙で、D&Dの標準のプレーンの輪からは独立しているが、ほかの実在プレーンからの来訪者もストーリー上の仕掛けのためによく使われる。

宗教[編集]

フォーゴトン・レルムには、いくつかの多神教のパンテオンがある。 神々はこの世界とは切り離すことのできない存在であり、独自の行動原理に基づいて人間たちと関わり合っている。 フォーゴトン・レルムの歴史上、何人かのモータルが神格を手に入れた。

マテリアル・プレーンにおける神々のしもべには、信者やクレリック、パラディン、プロクシー、「神に選ばれし者」などがいる。 クレリックとパラディンは、ともにD&Dの基本キャラクタークラスで、特定の神を讃えることで力を得ている。 「選ばれし者」は、神々の力の一部を与えられたモータルで、神々の代理として活動する。 もっとも有名なのは、「ミストラに選ばれし者」(シャドウデイルの賢者エルミンスターなど)である。

ほかの神々の上位の存在として、超越神エイオーがいる。 エイオーは信者の存在を認めておらず、モータルの世界とは距離を置いている。 エイオーはタイム・オブ・トラブル(神々の戦い、小説『シャドウデイル・サーガ』で語られる)を独力で引き起こした。

著名な登場人物[編集]

エルミンスター (Elminster Aumar)
シャドウデイルの賢者で、強力な魔法使い
ドリッズト・ドゥアーデン (Drizzt Do'Urden)
本来邪悪なドラウでありながら、善の心を持つレンジャー(野伏せり)。そのためにアンダーダークの故郷メンゾベランザンを捨てた。2本のシミターを使いこなす剣士。

関連作品[編集]

日本語化されたものを中心に記述する。未訳分については英語版の記事を参照。

キャンペーン・セッティング[編集]

未訳分についてはen:Forgotten Realms Campaign Settingを参照

  • ダンジョンズ&ドラゴンズ第3版
    • フォーゴトン・レルムワールドガイド
    • フェイルーンのモンスター
    • フェイルーンの魔法
    • フェイルーン・プレイヤーズ・ガイド
    • アンダーダーク
    • ウォーターディープ
  • ダンジョンズ&ドラゴンズ第4版
    • フォーゴトン・レルム・プレイヤーズ・ガイド
    • フォーゴトン・レルム・キャンペーン・ガイド

小説[編集]

未訳分についてはen:List of Forgotten Realms novelsを参照

小説は1988年から1993年あたりまで富士見書房が「富士見ドラゴンノベルズ」のレーベルで翻訳版を文庫化していた。2002年以降はアスキー(現在はアスキー・メディアワークス)がA5判ハードカバーや、四六判ソフトカバーなど混在する書籍の形態で翻訳を行っている。)

ムーンシェイ・サーガ
(ダグラス・ナイルズ 著)
  • 富士見書房版
  1. 魔獣よみがえる
  2. 竪琴一角獣
  3. 七人の黒魔術師
  4. 死せる王妃の預言
  5. 猫の爪・豹の牙
  6. 暗黒の解放
レジェンド・オブ・ドリッズト

(表記は原作の刊行順)

アイスウィンド・サーガ
(R.A.サルバトーレ 著)
  • 富士見書房版
  1. 魔石(クリスタルシャード)の復活
  2. 水晶宮(クリシャルティリス)の崩壊
  3. 暗殺者の影
  4. 暗黒竜の冥宮
  5. 海賊海峡の死闘
  6. 冥界(タルティルス)の門
  • アスキー・メディアワークス版(四六判ソフトカバー:悪魔の水晶、ドラゴンの宝、水晶の戦争は、児童向けの記述に翻訳。)
  1. 悪魔の水晶
  2. ドラゴンの宝
  3. 水晶の戦争
  4. 暗黒竜の冥宮
  5. 冥界の門
ダークエルフ物語
(R.A.サルバトーレ 著:日本国内版は以降、ダークエルフ物語にタイトルを統一。)
  • アスキー・メディアワークス版(A5判ハードカバー)
  1. 故郷、メンゾベランザン
  2. 異郷、アンダーダーク
  3. 新天地、フォーゴトン・レルム
  • アスキー・メディアワークス版(四六判ソフトカバー)
  1. ドロウの遺産
  2. 星なき夜
  3. 暗黒の包囲
  4. 夜明けへの道
シャドウデイル・サーガ
(リチャード・オーリンソン 著)
  • 富士見書房版
  1. 他界への階段
  2. 不死鳥の神殿
  3. 天翔ける妖馬
  4. 死霊を吸う魔象
  5. 意志を持つ邪剣
  6. 神々の帰還
探索の魔石
(K.ノバック, J.グラブ 著)
  • 富士見書房版
  1. 呪われた女剣士(カース・オブ・アジュア・ボンド)
  2. 明かされた謎の印形
〈忘れられた領域〉クレリック・サーガ 
(R.A.サルバトーレ 著)
  • アスキー・メディアワークス版
  1. 秘密の地下墓地
  2. 森を覆う影
プール・オブ・レイディアンス
(J.M.ウォード, A.K.ブラウン, J.C.ホング 著)
  • 富士見書房版
    • プール・オブ・レイディアンス 廃墟の王
    • プール・オブ・ダークネス 幽閉されたフラン

コンピュータゲーム[編集]

未訳分についてはen:List of Dungeons & Dragons video gamesを参照

関連項目[編集]

外部リンク[編集]