ロブ・ハインソー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロブ・ハインソー(Rob Heinsoo)はアメリカの卓上ゲームデザイナーである。彼は1994年からプロフェッショナルにロールプレイングゲームカードゲーム、そしてボードゲームをデザインまたは寄稿している。[1]彼はまたミニチュアゲームコンピューターゲームにもデザインや貢献している。

キャリア[編集]

ハインソーは1974年、10歳のときにダンジョンズ&ドラゴンズ初版で遊び始めた。[2]ゲームへの関心はSFやファンタジーへの関心を通知し、その逆も同様である。[3]

ウィザーズ・オブ・ザ・コーストにて、ハインソーはダンジョンズ&ドラゴンズゲーム製品の開発にのめり込んだ。彼はユニークなD&Dカードゲームスリードラゴン・アンティのデザイナーを手助けした。他にフォーゴトン・レルムの仕事にはフェイルーンのモンスターソースブックが含まれる。彼はダンジョンズ&ドラゴンズ第4版基本ルールブックのメインデザイナーを務めた。第4版プレイヤーズ・ハンドブックは2009年のオリジン賞ベストロールプレイングゲームにノミネートされた。[4]彼のチームメイトは、第4版チームでの彼の役割を『狂った天才』と呼んだ。[5]彼はまた第3版フォーゴトン・レルムキャンペーン・セッティングの執筆を手助けし、これは2002年にカナダのノンフィクションのベストセラーのトップ50に達した[6]とともに2001年オリジン賞のベストロールプレイングサプリメントに輝いた。[7]彼の本Monster Manual 2(共同執筆者en:Chris Sims)はウォール・ストリート・ジャーナルで2009年のベストセラーになった。[8]

ウィザーズ・オブ・ザ・コーストにいるとき、彼はまたいくつかのミニチュアゲームプロジェクトを指揮または協力した。すぐ次に発売を控えているダンジョンズ&ドラゴンズ ミニチュアゲームにも、彼はリードデザイナーとプロジェクトリーダーを務めた。[9]彼はまたen:Dreambladeの3人のデザイナーのうちの一人となり、2007年のオリジン賞にノミネートされた。[10]

ロブ・ハインソーはまたen:Alarums and Excursionsに協力している。

テーブルトークRPG[編集]

  • Nexus: the Infinite City (1994) (Lead Editor, Writer)
  • Back for Seconds (1996) (Co-Editor)
  • Marked for Death (1996) (Co-Editor)
  • Feng Shui: Hong Kong Action Movie Roleplay (1996) (Co-Editor)

ダンジョンズ&ドラゴンズ第3版[編集]

  • Creatures of Faerun (2000) (Co-Designer)
  • Forgotten Realms Campaign Setting (2001) (Co- Author)

ダンジョンズ&ドラゴンズ第4版[編集]

  • ダンジョンズ&ドラゴンズ第4版 (2008) (Lead Designer)
  • プレイヤーズ・ハンドブック (2008) (Lead Designer)
  • D&Dエッセンシャルズ:ルールズ・コンペンディウム (2010) (Lead Designer)
  • The Plane Above (August 2010) (Lead Designer)
  • アンダーダーク (2010) (Lead Designer)
  • Primal Power (September 2009) (Designer)
  • 冒険者の宝物庫2 (2009) (Lead Designer)
  • モンスターマニュアル2 (2009) (Lead Designer)
  • Divine Power (2009) (Lead Designer)
  • フォーゴトン・レルム・プレイヤーズ・ガイド (2008) (Lead Designer)
  • en:Martial Power (2008) (Lead Designer)

カードゲーム、ボードゲーム[編集]

  • Surviving On the Edge (1995) (Co-Author)
  • Shadowfist (1995) (Lead Playtester, Editor)
    • Netherworld (1996) (Developer, Additional Design)
    • Shadowfist Player’s Guide (1996) (Author)
    • Flashpoint (1997) (Co-designer, Art Direction)
  • Legend of the Five Rings Gold Edition (2000) (Story Lead)
  • Football Champions (2001–2004) (Designer, seven sets)
  • スリードラゴン・アンティ (2005) (Designer)
  • イン・ファイティング (2007) (Designer)
  • キャッスル・レイヴンロフト (2010) (Additional Design)
  • Three-Dragon Ante: Emperor’s Gambit (2010) (Designer)
  • Epic Spell Wars of the Battle Wizards: Duel at Mount Skullzfyre (2012) (Game Design)

ミニチュアゲーム[編集]

  • Chainmail (2002) (Co-Designer)
    • Sets 1-4 (2002–2003) (Co-Designer, Developer)
  • D&Dミニチュアセット1-9(ハービンジャー、ドラゴンアイ、アークフィーンド、ジャイアント・オブ・レジェンド、アベレーション、デスネル、エンジェルファイアー、アンダーダーク、ウォードラム)(2003–2006) (Designer)
  • Dungeons & Dragons Miniatures (2003) (Lead Designer)
  • Dreamblade (2006) (Co-designer)

コンピューターゲーム[編集]

  • King of Dragon Pass (1999) (Lead Q&A, Additional Design, Manual)

脚注[編集]

  1. ^ "Rob Heinsoo" game credits on Pen & Paper.
  2. ^ Interview, Guys Lit Wire.
  3. ^ Interview, Guys Lit Wire.
  4. ^ [1]
  5. ^ "Rob’s definitely the mad genius of the group, particularly when it comes to mechanical design." Kobold Quarterly, Summer 2008, page 32.
  6. ^ (September 2002). "Bestsellers Lists", Books in Canada 31 (6): 11.
  7. ^ 2001 Academy of Adventure Gaming Arts & Design
  8. ^ (May 29, 2009). "Wall Street Journal Best-Sellers", en:Connecticut Post.
  9. ^ http://www.wizards.com/DnD/Article.aspx?x=dnd/4spot/20090313
  10. ^ [2]

外部リンク[編集]