セーヴィング・スロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロールプレイングゲームウォーゲームの中で、セーヴィング・スロー(saving throw)は、キャラクターや怪物などに対する魔法、他様々な攻撃への効果をサイコロを用いて決定する。

それらは罠を避けたり、又は毒の影響に抵抗することができるなどの、キャラクターの脅威からの回避または抵抗の能力を表すために使用される。このため、彼らはしばしばそのような敏捷性、耐久力、判断力そして運など、適切な属性によって変更される。ときどきセーヴィング・スローも、キャラクター/ユニットが着用されている鎧を貫通する可能性を表していて、そのプレイヤーは'鎧セーヴ'(しばしばそうであるように)、あるいはユニットの "難攻不落セーヴ'の該当する場合(有名なものには「ウォーハンマー」)のためにロールバックすることができる。魔法の装備や呪文もセーヴィング・スローの価値を変更することができる。成功したセーヴィング・スローは効果の有効性を回避するか縮小させる。

セーヴィング・スローはキャラクターの経験の進歩により、しばしば数値が変更される。セーヴィング・スローに成功するためには、キャラクターはサイコロを振る必要があり、セーヴィング・スローの計算された値に基づいて、成功値と比較して結果を達成する。異なるRPGシステムの下では、サイコロを振ることと(あるいは)成功値は結果を計算するために追加または減算されて変更される。

ゲームマスターは、プレイヤーが自分のキャラクターの身を守るための創造的な方法を思い付いたときには、プレイヤーのセーヴィング・ロールにボーナスを追加することができる。

一部のゲームでは、図面カード、簡単な運試し、あるいはランダム結果表を含む他のメカニズムを使用することにより、類似した無作為化の結果を達成している。

ダンジョンズ&ドラゴンズ[編集]

クラシックD&D[編集]

クラシックD&Dでは、セーヴィング・スローは『死の光線/毒』、『魔法のワンド』、『麻痺/石化』、『ドラゴンブレス』、『呪文/ロッド/スタッフ』の5種類があった。それぞれ、キャラクタークラスとレベル毎の固定値であり、『知恵』[1]能力値が13以上あるか、または8以下の場合は、呪文に対するセーヴィングスローにボーナスまたはペナルティが与えられた。[2]

AD&D[編集]

Advanced Dungeons & Dragons 2nd Edition(アドバンスド・ダンジョンズ&ドラゴンズ第2版/AD&D第2版)では、セーヴィング・スローは『パラライズ(麻痺)/ポイゾン(毒)/デスマジック(死の魔法)』、『ロッド/スタッフ/ワンド(※魔法の杖類)』、『ペトリフィケーション(石化)/ポリモーフ(変身)』、『ブレスウェポン(ドラゴンブレスなどの吐息攻撃)』、『スペル(呪文)』と、種類は5つだがクラシックD&Dとは異なる分類になり、上から順に優先順位で判定するのが基本原則となる(例えば石化呪文だとペトリフィケーション/ポリモーフで判定)。また、ウィズダム(判断力)デスクタリティ(敏捷力)があると特定の状況のセーヴィング・スローに対して修正がつく。[3]

第3版[編集]

D&D第3版では、セーヴィング・スローは『頑健』(Fortitude)、『反応』(Reflex)、『意志』(Will)の3種類に再編された。各キャラクタークラスにはレベル毎に基本セーヴ・ボーナスがあり、これに能力修正値を加えた値を用いる。[4][5][6]

第4版[編集]

D&D第4版では、第3版で使われていた『頑健』『反応』『意志』はアーマークラスと同様に攻撃の目標値に変更されたため、セーヴィング・スローの概念自体が異なる。キャラクターが継続的な影響や効果を被っているときに、キャラクターのターンの終了時に20面体のサイコロを1回振り、10以上の目が出れば成功(効果が終了する)という簡易的なものである。セーヴィング・スローには能力値などの修正は加算されないが、自分や他のキャラクターの持つパワー、特技、種族特徴などにより、修正が加えられることもある。[7]

脚注[編集]

  1. ^ 英語版ではWisdom。第3版、第4版の日本語版では「判断力」と訳されている。
  2. ^ 「D&Dルールサイクロペディア①プレイヤーズ」71ページ 1994/08 電撃ゲーム文庫 ISBN 4-07-301820-5
  3. ^ Advanced Dungeons & Dragons 2nd Edition プレイヤーズハンドブック 97ページ、98ページ 1991年の新和版より
  4. ^ 頑健セーヴなら「耐久力」修正値、反応セーヴなら「敏捷力」修正値、意志セーヴなら「判断力」修正値をそれぞれ加える。
  5. ^ 「ダンジョンズ&ドラゴンズ 基本ルールブック1 プレイヤーズハンドブック」119ページ 2002/12 ホビージャパン ISBN 4-89425-284-8
  6. ^ 「ダンジョンズ&ドラゴンズ 基本ルールブック1 プレイヤーズハンドブック第3.5版」134ページ 2005/01 ホビージャパン ISBN 4-89425-361-5
  7. ^ 「ダンジョンズ&ドラゴンズ 基本ルールブック 第4版プレイヤーズ・ハンドブック」279ページ 2008/12 ホビージャパン ISBN 978-4-89425-798-6