Quagmire!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Quagmire!
コード X6
邦題 スパイラルシティー
必要なルール D&Dエキスパート・セット
レベル 4 -10
セッティング ミスタラ
製作者 メルル・M・ラスムッセン
初版出版年 1984
ページ数 32
関連するモジュール
X1, X2, X3, X4, X5, X6, X7, X8, X9, X10, X11, X12, X13, XL1, XSOLO, XS2

Quagmire!は、1984年に出版された、ダンジョンズ&ドラゴンズファンタジーロールプレイングゲームエキスパート・ルール用の冒険モジュールである。

1987年にはスパイラルシティーというタイトルで日本語版が出版された。

プロット概要[編集]

この冒険の冒頭、プレイヤーキャラクターはカグマイアー市を探す旅に出る[1]。キャラクターがその都市(それはゆっくりとした海への沈降が進行中である)を発見するためには、モンスターのはびこる沼地を移動せねばならない[2]。カグマイアーは、巨大な巻き貝の形をした「螺旋都市」であり、今では忘れ去られた民族によってサーペント半島に建設された[1]。モジュールにはこの都市の記述が収録されている[2]

出版履歴[編集]

X6 Quagmire!はメルル・M・ラスムッセンが執筆、カバーアートはスティーブ・ペレグリンが担当し、1984年にTSRが32ページの小冊子に外装カバーの体裁で出版した[2]。本文イラストにはジェフリー・バトラーが起用された[3]。このシナリオはエキスパート・ルール用に執筆された[1]

1987年10月、株式会社新和が日本語版を出版した。

評判[編集]

グラハム・ステープルハーストはホワイトドワーフ誌でQuagmire!を論評し、10段階評価で8を付け、「特に本格的な荒野への最初の斬新な試みとして、あらゆるD&Dプレイヤーにとっての有用な買い物」と呼んだ[1]。ステープルハーストは、「より局地的なシナリオやモジュールに欠けている、背景色や奥行きと一体になった総合的な環境や生態系が丸ごとの「体験」を促進する。デザイナーは、DMには訳知り顔の解説ではなくひらめきを与え、プレイヤーには彼らのキャラクターの世界が息づいてくるのを感じさせ、少しずつ見聞するのを持ち望ませる、ような広範囲の荒野を描写するという良い仕事を成し遂げた」と述べて、このモジュールを絶賛した[1]。彼はモジュールの名称の基となった都市が「独創的なデザインの素晴らしい要素」と呼んだが、彼はこのシナリオを行うDMは「この都市は少々人口が希薄なため、シナリオに付け加えるために都市を潤色することを望むだろう」と指摘した[1]。ステープルハーストは「天候、旅の疲労、疾病、食糧品の問題、等々は全て、キャラクターの関心毎に大きな役割を果たし、そしてこれがゲームの楽しみを大いに盛り上げる。非常に良いシナリオだ」と述べて論評を結論づけた[1]

ローレンス・シックは、1991年の彼の著書Heroic Worldsでこのシナリオの要約を、頭韻を踏んで記した。「Sea slowly swallows seashell-shaped swamp city(海がゆっくりと貝殻形の沼地の都市を飲み込む)」[2]

追加文献[編集]

  • 論評:Space Gamer72号(1985年)

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e f g グラハム・ステープルハースト (1985年10月). “Open Box: Dungeon Modules” (論評). ホワイトドワーフ (ゲームズワークショップ) (70号): 14ページ. 
  2. ^ a b c d ローレンス・シック (1991年). Heroic Worlds: A History and Guide to Role-Playing Games. Prometheus Books. p. 149ページ. ISBN 0-87975-653-5. 
  3. ^ メルル・M・ラスムッセン。Quagmire!(TSR、1984年)

関連項目[編集]