Temple of Death

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Temple of Death
コード X5
邦題 死を呼ぶ神殿
必要なルール D&Dエキスパート・セット
レベル 6 -10
セッティング ミスタラ
製作者 デイヴィッド・クック
初版出版年 1983
ページ数 32
関連するモジュール
X1, X2, X3, X4, X5, X6, X7, X8, X9, X10, X11, X12, X13, XL1, XSOLO, XS2

Temple of Deathは、デイヴィッド・クックD&Dエキスパート・セットで使用するためにデザインしたダンジョンズ&ドラゴンズの冒険モジュールである。

これは2連作冒険の後編であり、前編はMaster of the Desert Nomadsである。

1987年には死を呼ぶ神殿というタイトルで日本語版が出版された。

プロット概要[編集]

Master of the Desert Nomadsでは、シンド砂漠の遊牧民部族がマスターという名で知られる謎の人物の麾下に集結し、そしてプレイヤーキャラクターの任務は、共和国に対するこの脅威を無力化することである。Temple of Deathでは、キャラクターはブラック山脈に侵入してグレート・パス(峠)を渡り、ヒュールの国にたどり着かねばならない[1]。グレート・パスをうまく切り抜けたなら、冒険者はヒュール「神聖国」を横断せねばならない[2]。ヒュールは社会の規律が入念に規定された圧政的な全体主義国家であり、マスターの拠点が置かれている[1]。キャラクターは、監察官達の注意を引きつけることなくヒュールの首都を目指さねばならない[1]。冒険者はそれからダーク・ウッド(森林)を通過して死を呼ぶ神殿を発見する必要がある[2]。このシナリオには荒野、街、ダンジョンでの遭遇が含まれている[2]

出版履歴[編集]

Temple of Deathはデイヴィッド・クックによって執筆され、アートワークはティム・トルーマン担当で、32ページの小冊子と外装カバーという体裁で、1983年にTSRが出版した[2]。これは連作冒険である砂漠の遊牧民シリーズの後編であり、前編はMaster of the Desert Nomadsである[2]

1987年5月、株式会社新和が日本語版を出版した。

評判[編集]

デイヴ・モリスはホワイトドワーフ誌55号でTemple of Deathを論評し、10段階評価で10を与えた。モリスはデイヴィッド・クックが「論理的で、絶えずやりがいがあり、想像力に富み、生き生きと描写された冒険を構築した」と感じ、また「率直に言って、これを上回るD&Dのシナリオを見たことがない」と断言した[1]。モリスはティモシー・トルーマンのアートワークもまた絶賛した。モリスはこのモジュールが「あらゆるロールプレイングゲーム・システムのサプリメントの中で、おそらく上から3から4位に入るだろう」と感じ、最高の評価点を与えてから「私が唯一残念に思っているのは、これがアドバンストD&D用ではなく、エキスパート用であるということだ」と付け加えた[1]

リック・スワンはSpace Gamer誌71号でこの冒険を論評した。スワンは、このモジュールは例えば以下のような場面「全体がキノコでできているゾンビの宮殿、スケルトンに運行されている空飛ぶ船、月まで伸びている光のハシゴ」のせいで「至る所でびっくりさせられる」と感じた。彼はまた地図とイラストが「魅力的かつ機能的」であることに気付き、神殿の外観が、プレイヤーが珍しい建築物を思い浮かべるのを助けるだろうと述べた。彼は、この冒険が主に野外で進行するため、ダンジョンマスターはプレイヤーが正しい方向へ向かうように保つのに苦労するだろう、と警告した。彼はマスターは「今までの出来事からもっと強いと思っていたのにかなり弱い奴」ということで「やや期待はずれ」と感じた。スワンは「2つの砂漠の遊牧民シリーズの冒険は、それぞれ単体では遊んでも面白くない」と述べ、しかし「Master of the Desert NomadsとTemple of Deathを合わせると非常に面白い」と結んだ[3]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e モリス, デイヴ (1984年7月). “Open Box: Dungeon Modules” (review). ホワイトドワーフ (ゲームズワークショップ) (55号): 18–19ページ. ISSN 0265-8712. 
  2. ^ a b c d e シック, ローレンス (1991年). Heroic Worlds: A History and Guide to Role-Playing Games. Prometheus Books. p. 149. ISBN 0-87975-653-5. 
  3. ^ スワン, リック (1984年11月/12月). “Capsule Reviews”. The Space Gamer (スティーブジャクソンゲームズ) (71号): 56ページ. 

関連項目[編集]