ドラゴンランス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドラゴンランス』シリーズ(Dragonlance)は、テーブルトークRPGアドバンスト・ダンジョンズ&ドラゴンズ』(AD&D)の設定を基盤として書かれたファンタジー小説の連作。および、その小説の世界を再現するAD&D用設定集とシナリオのシリーズ。それまでのAD&Dにおける世界設定やシナリオを刷新するものとして企画された。

小説は主としてマーガレット・ワイストレイシー・ヒックマンが執筆した。ワイスとヒックマンによる『ドラゴンランス戦記』三部作(邦訳は全6巻)に始まり、『ドラゴンランス伝説』三部作などの続編が多数発行され、全世界で累計5千万部以上を売り上げる等大ヒット作品となり、エピックファンタジー小説ブームの火付け役ともなった。

過去には富士見書房より邦訳版が発行されていたが、米国の版元であるTSR社ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社に買収されるなどの事態により長らく絶版となっていた。現在は、『ドラゴンランス』と改名され、日本語翻訳も新訳として文体を変えてアスキー・メディアワークスより出版されている。そのため『ドラゴンランス戦記』とは固有名詞が多数変わっている。2010年現在はこの新訳版も大半(第1シリーズ - 『夏の炎の竜』)が絶版になっているが、角川つばさ文庫から第1シリーズが復刊中である。

小説やゲームシナリオ以外にも、コンピュータゲーム(ジャンルはRPGアクション戦略SLGなど多岐にわたる)やゲームブックカードゲームなどさまざまな作品が発売された。

あらすじ[編集]

ドラゴンランス(戦記)[編集]

1984-1985年出版。

世界規模の災害〈大変動〉が起こり、神々が荒れ果てた地上を見捨てたとされてから340年以上が経った。それぞれの旅を終えて5年ぶりに集結したタニスたちは、成り行きから不思議な杖を携えた平原人の男女を怪しげな軍勢から守るはめになる。それが、伝説上の存在だと思われていたドラゴンや悪の女神〈暗黒の女王〉との、世界の命運をかけた戦いにつながっていくのだった。

ドラゴンランス伝説[編集]

1986年出版。

先の戦争を勝利に導き、いまや英雄と呼ばれる主人公たち。ところがキャラモンは、黒衣の大魔術師となった双子の弟レイストリンを忘れられず、酒びたりになっていた。一方、理想に燃えるパラダインの僧侶クリサニアはレイストリンを改心させようと説得に赴くが、逆に丸め込まれて彼の手助けをすることに。あくまでも弟を取り戻そうとするキャラモンは、レイストリンの野望をくじこうとする魔術師たちの力で、タッスルホッフと共に過去の時代へ送り込まれる。

セカンドジェネレーション[編集]

1994年出版。

平和が訪れたように思える世界に、新たな危機が迫っていた。野心と欲ではなく、信義と誓いによって結ばれた悪の騎士団がひそかに勢力を伸ばしつつあったのだ。変わり行く時代に英雄たちの第二世代が登場する。父キャラモンの体躯と戦闘力を受け継いだ2人の兄とは対照的に叔父レイストリンの力を受け継ぐ魔術師パリン、自らに流れる善と悪の血に苦悩する暗黒騎士スティール、そしてタニスとローラナの間に生まれた病弱な青年ギルサス……。彼らを待ち受ける運命の序章が語られる。

夏の炎の竜[編集]

1996年出版。

各地で勝利を重ね、世界制覇を目前にする暗黒騎士団。しかし彼ら自身も知らない大きな力がその背後で動いていた。秘宝に封じられていた混沌の神が解き放たれ、何もかも無に帰そうとする今、世界を守るためには悪の手によってでも地上の勢力を統一するしかないのだ。

魂の戦争[編集]

2000-2002年出版。

神々が世界を離れ、新たに〈人の時代〉が始まった。しかし新時代は理想にほど遠く、どこからともなく飛来した巨大なドラゴンたちによって地上は支配されていた。そんな中、〈唯一神〉の教えを説く少女ミーナが現れ、暗黒騎士の一団を奇跡的な勝利に導く。

主な登場人物[編集]

ドラゴンランス(戦記)[編集]

タニス・ハーフ=エルヴン (Tanis Half-Elven)
本名タンサラス。ハーフエルフ。リーダー的存在で、弓と剣の名手。彼の母親はクォリネスティ・エルフの王女だったが、人間の戦士に暴行されて彼を身ごもった。幼少時はエルフたちの間で育ったが、出自のせいでギルサナスには「私の父の妻の息子」と呼ばれる等疎んじられ、長じて森を出奔した。純血のエルフには決して生えない髭を生やしているのはコンプレックスの現れである。しかしその一方で、エルフ特有のアーモンド形の目は隠していない。フリントと共に、キャラモン、レイストリン、スタームを育てる。キティアラとは恋仲であったが、ドラゴン卿となっていた彼女に偶然再会。後にキティアラへの恋は本当の愛から来るものではない事に気が付き、ローラナとの真摯な愛に目覚める。
スターム・ブライトブレイド (Sturm Brightblade)
人間。高潔なソラムニア騎士。騎士道が形骸化している中にあって、騎士の掟と名誉を第一に考える真の騎士。彼の父も高潔なソラムニア騎士だったが、ある戦の前に幼い彼と妻を連れて逃亡、その後消息が絶たれ死んだものと思える。しかし彼は父を尊敬しており、彼の鎧や剣は父の形見である。これらの事情を知っているグンター・ウス・ウィスタンら父の友人の騎士達は彼に暖かく接する。物語序盤は正式なソラムニア騎士ではない従士(スクワイヤ)であり、タルシスでのデレク・クラウンガードとの会話から騎士を詐称していたことが明かされ、騎士団の騎士審理により一旦は有罪となり父の鎧を身につけることを禁じられる等の処分を受けるが、最終的に〈冠〉の勲爵士団に迎えられ、大司教の塔防衛戦では冠勲爵士団の司令官に任ぜられるが、その経緯から薔薇勲爵士団の指揮官であったデレクが発狂するに至り、デレクや剣勲爵士団の指揮官アルフレッドら上級の騎士とは軋轢が絶えなかった。最終的にこのデレクの狂気が原因となり大司教の塔の兵力はほとんどが失われ、ドラゴン卿キティアラとの一騎打ちで破れ死亡。以後騎士団ではスタームこそ真の騎士の姿であると崇拝される。シルヴァネスティ・エルフの女王アルハナ・スターブリーズからは慕われており、〈スタージュエル〉を受け取る。
フリント・ファイアフォージ (Flint Fireforge)
丘ドワーフ。頑固だが腕の良い細工師で、頼もしい戦士でもある。「子供たち」のお目付け役をもって任じている。持病と年齢のせいで身体に衰えがきているが、仲間の手前意地を張っている。タッスルホッフとは軽口をたたきあう仲。タニスとは旧来の親友。最後は寿命が尽きて病死し、パラダインの御許に引き取られた。
タッスルホッフ・バーフット (Tasslehoff Burrfoot)
ケンダー。通称タッスル。いたずら好きだが、軽い身のこなしで偵察を行ったり、地図で道を示したりと冒険には欠かせない男。いろいろな地図を持っている。非常に好奇心旺盛でちょこまか動き回る。他人の持ち物が“勝手にポケットに転がり込んでくる”こともしばしば。しかしそれはあくまでも好奇心から“少し借りている”だけなので、盗賊呼ばわりされると深く傷つく。また、恐怖を感じない。戦記を通して他人の心を感じ取るようになり、「無邪気さを失った」。「フーパック」と呼ばれるスタッフスリングを愛用している。
キャラモン・マジェーレ (Caramon Majere)
人間。レイストリンの双子の兄。怪力で屈強な戦士で、大食漢。左利き。あまり物事を深く考えないが、大らかで陽気な性格のため人から好かれやすい。弟を溺愛しているが、皮肉にもその愛情ゆえにレイストリンを苛立たせ、後にそれは弟から致命的な傷を心身ともに負わされる原因となる。頭の回転は遅いが、頭が悪いわけではない。
レイストリン・マジェーレ (Raistlin Majere)
人間。キャラモンの双子の弟。若年にして「大審問」に合格した優秀な魔術師。もともと体が弱かったが、大審問を通過した際に行った行為からパー・サリアンによって極めて脆弱な体にされ(のちにこのときかけられた呪いをそっくりパー・サリアンにかけ返す復讐を行っている)、ひどい臭いのする飲み薬を飲んでいる。冷血で皮肉っぽく秘密主義な性格のため、仲間からも疑惑の目を向けられがち。赤いローブ(中立)の魔術師だったが……。キャラモンの愛情を厭わしく思っている。常に人を見下し他者との深い関係を望まないが、社会的弱者と見做される存在に対しては例外的に打ち解けた態度を取ることがある(ドラゴンブック折り込みの情報紙にそうしたイラストが投稿されたこともあった)。権力に対しての渇望があり、力を得るためなら手段を選ばない。
ティカ・ウェイラン (Tika Waylan)
人間。燃えるような赤毛が特徴の、料理が得意で快活な娘。元ウェイトレスで、自身を育ててくれたオティックの経営する「憩いの我が家亭」で働いていた。後にキャラモンの妻となる。フライパンでの攻撃が得意。後に盾も武器として使うようになり、盾で叩くことを技の一つに昇華させる。
ゴールドムーン (Goldmoon)
人間。平原の蛮族ケ=シュの族長の娘であり金と銀の髪を持つ美女。リヴァーウィンドとの身分違いの恋ゆえに部族を出奔することとなる。後にミシャカルの円盤を得て「癒しの女神ミシャカル」の僧侶となり、人々を「真の神々」の教えへと導く。
リヴァーウィンド (Riverwind)
人間。ケ=シュ族の羊飼い。黒髪に長身痩躯の無骨な顔つきをした平原人。ゴールドムーンとの恋を認めてもらう為に探索の旅に行き、持ち帰った「青水晶の杖」が数々の事件の発端となる。エルフ嫌いであったが、タニスとの友情を通して考えを変えていく。常に禁欲的な表情である。
キティアラ・ウス=マタール (Kitiara uth Matar)
キャラモンとレイストリンの異父姉。美しく奔放な女性。父親に似て剣の腕に優れ、傭兵を生業とする。他者を篭絡する事に長けているが利己的な性格で、心から相手を思いやる事はない。力を追い求め、そのためには手段を選ばない。タニスとは恋仲だったが、ドラゴン軍に入隊して彼らとは袂を分かつ。青のドラゴン軍のドラゴン卿で〈暗黒の女卿〉(レディ)と呼ばれる。騎竜はブルードラゴンのスカイア。死の騎士ソスとは互いに仕えあう関係。バカリス、ガリバヌスら自軍の上級将校を愛人にしているが、失態を晒せばあっさりと捨て、死んでも惜しむこともない等冷酷である。黒エルフのダラマールとも男女関係をにおわせる描写がなされたことがある。
ローラナ (Laurana)
本名ローラランサラーサ。クォリネスティ・エルフの王女。タニスの従姉妹で幼馴染。美しく純粋な女性で、幼少時からタニスを慕っている。保護された生い立ちゆえ誰からも愛されるような無垢な娘だったが、その反面世間知らずで、危険を考えず恋心のみでタニスに同行した結果足手まといになってしまう。ゆえに一度は疎んじられるが、その後の苦難の過程で努力を重ね、最終的には周囲から賞賛されるほど立派な冒険者に成長を遂げる。
ギルサナス (Gilthanas)
ローラナの次兄。クォリネスティ・エルフの第二王子。戦士/魔法使い。幼い頃はローラナと共にタニスの親友だったが、妹のタニスへの思いを知った後は喧嘩の末仲違いしてしまった。そのためタニスに対しては現在も複雑な感情を持つ。後に重要な役割を担うこととなる。
フィズバン (Fizban)
旅の途中で一行に加わる老魔術師。一見耄碌している様に見える。秘密の多い人物で、実は物語の鍵を握る。得意技はファイアーボールの魔法(ただし正確に呪文を思い出せることはまれで、その呪文の効果が味方に対して脅威となることもしばしばである)。なお、マーガレット・ワイスの『冥界の門』にもカメオ出演している。

ドラゴンランス伝説[編集]

クリサニア (Crysania)
パラダインの聖女。パランサスのタリニウス家の出自。信仰心篤く高潔な女性だが、反面人間味や真の思いやりに欠けている。彼女の信奉する教義によって邪悪と定めたレイストリンとの対決を望み彼の元に赴くが、改心させようという意図とは反対に自身の信念を揺らがされた挙句手厳しく打ち負かされる。その結果反発と同時に惹かれるものを感じたクリサニアは、過去に旅立った後無自覚ながら盲目的な愛情ゆえに言葉巧みに乗せられてレイストリンの邪悪な企てに手を貸すことを同意してしまい、レイストリンと共に〈奈落〉に行く。
ダラマール (Dalamar)
自身の身分において禁じられた魔術に手を出したため故郷のシルヴァネスティを追放された黒エルフ。黒ローブの魔術師である。魔法に対する情熱から、レイストリンの弟子となる。師を畏怖しているものの忠誠心はほとんど無く、レイストリンの姉であるキティアラと通じ彼を裏切ろうとする。後にパランサスの〈上位魔法の塔〉の主となるが、レイストリンの部屋を封印した際に師への畏怖から自分が真の主でないことを認める発言をしてしまい、レイストリンの秘密を手に入れることはできなかった[1]。枢密会議の長となる。

セカンドジェネレーション・夏の炎の竜[編集]

パリン・マジェーレ (Palin Majere)
キャラモンとティカの三男だが、叔父のレイストリンから魔法の才を受け継ぎ、白ローブの魔術師となる。怜悧な知性こそ叔父譲りだが性格は温厚で正義感に富む。兄2人はソラムニア人以外で初めてソラムニア騎士団に入り、叙勲されたが、暗黒騎士団の襲来で仲間達と共に命を落とした。
スティール・ブライトブレイド (Steel Brightblade)
ソラムニア騎士スターム・ブライトブレイドとドラゴン卿キティアラの息子。暗黒騎士団で〈暗黒の女王〉タキシスに仕えるが、父親と同じく高潔で騎士道を重んじる騎士。母からは野望を追い求め成りあがろうとする心を、父からは騎士の心を受け継ぎ、両者の間でよく迷いを見せる。また、〈大司教の塔〉に眠る父の遺体から剣と宝石〈スタージュエル〉を受け取った。
ウーシャ (Usha)
金色の髪と目を持つ美しい少女。幻の種族とされるイルダの中で育つが、ある事情からパランサスへ旅立つ。金色の瞳を持っているので「レイストリンの娘」と呼ばれているが……。
ギルサス・ソロスタラン(Gilthas Solostaran)
タニスとローラナの息子。幼い頃は病気がちだったため、両親の過保護ぶりと子供扱いにいら立ちをつのらせている。
アルハナとポルシオスの婚姻によって結びついたことを忌み嫌うクォリネスティ・エルフの策略により妊娠中のアルハナを盾に取られて、シルヴァネスティに幽閉されたポルシオスの後任として「太陽の評議長」にされる。

ネアラ[編集]

ネアラ (Nearra)
記憶をなくした少女。記憶を取り戻すため、偶然出会った仲間と旅をすることになるが……。
ダヴィン (Davyn)
エリドール (Elidor)
カトリオーナ (Catriona)
シンドリ・サンキャッチャー (Sindri Suncatcher)
ケンダーの“自称”魔術師。

神々[編集]

パラダイン(Paladine)
善の神。3兄弟の長兄。〈雄々しき戦士〉座。ソラムニア騎士団で崇拝される。
エルフを創造したと言われる。やや耄碌気味の老魔術師フィズバンとして降臨することも。
ギレアン(Gilean)
中立の神で書物を司る。3兄弟の次兄。あまりしゃべらず、黙々と記録を取り続ける。パランサスの大図書館にいるアスティヌスは彼から加護を受けて長命となったという噂がある。
タキシス(Takhisis)
悪の神。3兄弟の末っ子。<暗黒の女王>。主に赤、青、緑、黒、白の頭を持つ五つ首の竜の形で表現される。人間相手のときは美貌の妖婦の姿で現れ、誘惑する。
オーガーを創造したと言われる。世界の征服を目論み、度々地上に戦争を仕掛けている。
レオルクス(Reorx)
ドワーフたちが信仰する神。鋳物を得意とするが、酒とギャンブルに弱く、ガルガスの灰色石を博打のカタに取られるなどよくドジを踏む。3兄弟に請われ、世界を鍛えた。ドワーフのダウガン・レッドハンマーとして降臨することも。
ミシャカル(Mishakal)
癒しの神。ゴールドムーンが持つメダリオンにはこの神の加護がある。
ソリナリ(Solinari)
パラダインとミシャカルの息子。銀の月の名前にもなっている。
白ローブの魔術師たちの神。
ルニタリ(Lunitari)
ギレアンの娘。赤の月の名前にもなっている。
赤ローブの魔術師たちの神。
ヌイタリ(Nuitari)
タキシスとサルゴナスの息子。自身の崇拝者にしか見えない黒い月の名前にもなっている。
黒ローブの魔術師たちの神。
キリ・ジョリス(Kiri-Jolith)
戦争と勇気、栄誉を司る。

ドラゴン[編集]

スカイア(Skie)
ブルードラゴンで、キティアラの騎竜。キティアラとはドラゴン・オーブにも打ち勝つ強い絆で結ばれている。
キティアラ亡き後、一時アンサロン大陸から離れていたが、『魂の戦争』では世界を分割統治するドラゴンたちの一頭として戻ってくる。
マータフルール (Matafleur)
老齢のレッドドラゴン。雌竜。かつての戦争で子供達や自身の片目を失っている。
カイアン・ブラッドベイン(Cyan Bloodbane)
ロラックの持っていたドラゴン・オーブに呼び出され、一行を苦しめたが、その後オーブを手にしたレイストリンに操られる巨大なグリーンドラゴン。
ファイアフラッシュ (Fireflash)
第3次竜槍戦争でフリントとタッスルホッフを乗せたブロンズドラゴン。本名はキルサー。
パイライト(Pyrite)
年老いたゴールドドラゴンで、パラダインの竜。普段は小さくなり指輪になっている。

日本語訳の既刊[編集]

原書の一覧については en:List of Dragonlance novelsen:List of Dragonlance modules and sourcebooks をそれぞれ参照

ドラゴンランス
富士見書房版は『ドラゴンランス戦記』のタイトル。アスキー・メディアワークス(以下、AMW)版は注釈付き。いずれも絶版。
  1. 廃都の黒竜
  2. 城砦の赤竜
  3. 氷壁の白竜
  4. 尖塔の青竜
  5. 聖域の銀竜
  6. 天空の金竜
2012年6月現在、角川つばさ文庫から『廃都の黒竜(上・下)』、『城砦の赤竜』が復刊されている。
ドラゴンランス伝説
富士見書房版、AMW版(注釈・付録付き)のいずれも絶版。
  1. パラダインの聖女
  2. イスタルの神官王
  3. 黒ローブの老魔術師
  4. レオルクスの英雄
  5. 黒薔薇の騎士
  6. 奈落の双子
ドラゴンランス英雄伝
絶版。邦訳は富士見書房版のみ。
  1. クリンの魔法
  2. タッスルの魔法の笛
  3. レイストリンの娘
  4. 受け継ぎしもの
  5. 賭けるか?
  6. 亡命者たち
ドラゴンランス序曲
絶版。邦訳は富士見書房版のみ。
  1. 闇と光 (上下巻)
  2. ケンダー郷の秘宝 (上下巻)
  3. レイストリンと兄
ドラゴンランス セカンドジェネレーション(上下巻)
絶版。邦訳はAMW版のみ。一部の作品は『英雄伝』から収録されているが、新訳になっている。
ドラゴンランス 夏の炎の竜(上中下の全三巻)
絶版。邦訳はAMW版のみ。
ドラゴンランス 魂の戦争
邦訳はAMW版のみ。
  1. 墜ちた太陽の竜 完結記念Edition (上中下の3分冊だった旧版は絶版)
  2. 喪われた星の竜
  3. 消えた月の竜
ドラゴンランス外伝 ネアラ
絶版。邦訳はAMW版のみ。
  1. 記憶をなくした少女と光の竜
  2. 滅びゆく王国とライオンの騎士
ドラゴンランス秘史
邦訳はAMW版のみ。
  1. ドワーフ地底王国の竜
  2. 青きドラゴン女卿の竜
  3. 時の瞳もつ魔術師の竜
ドラゴンランスガイドブック〈憩いのわが家〉亭遺聞 (設定資料集・ファンブック)
絶版。邦訳は富士見書房版のみ

映像化[編集]

ワイス氏の発言などから10年以上に渡ってファンの間で噂になっていた映像化作品だが、2008年に"Dragonlance: Dragons of Autumn Twilight"というタイトルでアニメ映画となり公開された。ただし劇場公開はなく、海外でのOVAのような扱い(DVD-direct)。小説版シリーズ第一作までの内容(日本語版の『廃都の黒竜』『城砦の赤竜』にあたる)。Will Meugniotが監督、パラマウント配給、90分。日本語版は予定等も含め存在しない。

ファンや批評家の間では大変不評であった[2][3][4]が、作者のヒックマンはそういった批判をもっともとしつつも、新たなファン層開拓に資する所があるはず、とポジティブに捉えている[5]

脚注[編集]

  1. ^ パリンが魔術師となりレイストリンが幽鬼を介してマギウスの杖を渡した際、幽鬼はダラマールの命令よりもレイストリンの意志を優先、入室してマギウスの杖を受け取ったとみられ、レイストリンの部屋に入ったことを咎めたダラマールにレイストリンを「真の塔の主」と表現し反論している。
  2. ^ http://digitallyobsessed.com/showreview.php3?ID=9845 accessed 22 Jan 08
  3. ^ http://www.dvdtalk.com/reviews/read.php?ID=31984 accessed 22 Jan 08
  4. ^ DVD Verdict Review - Dragonlance: Dragons Of Autumn Twilight
  5. ^ Dragonlance Nexus: Reviews of 'Dragonlance: Dragons of Autumn Twilight DVD' - Product Catalog

関連項目[編集]

外部リンク[編集]