クロトガリザメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロトガリザメ
Carcharhinus falciformis off Cuba.jpg
クロトガリザメ
Carcharhinus falciformis
保全状況評価[1]
NEAR THREATENED (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))
Status iucn3.1 NT.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 軟骨魚綱 Chondrichthyes
亜綱 : 板鰓亜綱 Elasmobranchii
: メジロザメ目 Carcharhiniformes
: メジロザメ科 Carcharhinidae
: メジロザメ属 Carcharhinus
: クロトガリザメ C. falciformis
学名
Carcharhinus falciformis
Müller & Henle, 1839
英名
Silky shark
クロトガリザメの生息域(青)

クロトガリザメ Carcharhinus falciformis(黒尖鮫、英: Silky shark)は、メジロザメ目メジロザメ科に属するサメ。暖かい海の沿岸から外洋に生息し、全長3mを超える大型のサメである。

分布・生息域[編集]

世界中の海洋に生息するが、特に熱帯から亜熱帯の海域を好む。基本的に外洋性であるが、沿岸にも出現する。

形態[編集]

最大で全長350cm、体重346kg[2]。平均的には250cm程度[2]。体型は細身の流線型で、胸鰭がやや大きい。吻は長く前方に伸び、やや丸みを帯びている。背側の体色はブロンズがかった暗灰色で、腹側は白色。楯鱗は小さく密に重なり合い、滑らかな体表面を構成している。英語の"Silky"、すなわち「のような」という表現はここに由来している。

生態[編集]

あらゆる種類の魚や頭足類甲殻類などを餌としている。マグロ類の群れに寄り付き、キハダやその他小型のマグロ類をよく捕食する。

胎生。約1年の妊娠期間を経て、80cm前後の子どもを2-14尾程度産む。産まれた子どもは沿岸域で成長し、大きくなると外洋に泳ぎ出す。寿命は22年以上と考えられている。

人との関わり[編集]

クロトガリザメはそのサイズから人間にとって潜在的に危険であると考えられているが、外洋性であるため海中で接触する機会はまれである。ただし、頭を持ち上げ、背中を湾曲させるメジロザメ類特有の威嚇の姿勢を見せることもある。

参考文献[編集]

  1. ^ Bonfil, R., Amorim, A., Anderson, C., Arauz, R., Baum, J., Clarke, S.C., Graham, R.T., Gonzalez, M., Jolón, M., Kyne, P.M., Mancini, P., Márquez, F., Ruíz, C. & Smith, W. 2007.0. Carcharhinus falciformis. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4. <www.iucnredlist.org>. Downloaded on 27 October 2010.
  2. ^ a b Carcharhinus falciformis FiahBase. 2010年10月27日。

関連項目[編集]