カイアシ類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カイアシ類
Copepodkils.jpg
海産のカイアシ類カラヌス目の一種
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
亜門 : 甲殻亜門 Crustacea
: 顎脚綱 Maxillopoda
亜綱 : カイアシ亜綱(橈脚亜綱)
Copepoda
学名
Copepoda
H. Milne-Edwards, 1840
英名
Copepod
下綱

カイアシ類(橈脚類)とは、節足動物門 甲殻亜門 顎脚綱 カイアシ亜綱に属する動物の総称である。ケンミジンココペポーダとも呼ばれる。多くはプランクトンとして生活する微小な甲殻類であるが、底生のもの、寄生性のもの、陸生のものも存在する。

概要[編集]

カイアシ類は、甲殻類のカイアシ亜綱(以前は橈脚(とうきゃく、じょうきゃく)亜綱といわれた)に属する動物の総称である。ケンミジンコ、また、学名の copepoda をカナ読みにしてコペポーダという場合も多い。いわゆるミジンコとは、大きさやその生活は類似するが、形態は大きく異なる。

大部分はプランクトン生活をしている。一部に底生のもの、間隙性のものもある。また、生活史の一部で寄生生活を送るものもある。淡水にも海水にも多くの種があるが、海水の方が多様である。地下水生の種も知られる。

プランクトンネットで採集される、海の動物プランクトンでは、カイアシ類が数、量ともに最大の割合を占めることが多い。魚やクラゲなどの肉食性の生物の餌としてきわめて重要である。海洋表層の食物連鎖では、藻類による光合成で生産された有機物を、魚など高次の捕食者に転送する、重要な位置を占める。

形態[編集]

たいていは前方が太くて後方に向けてすぼまった、いわば野球バットスリコギのような形をしている。背面は甲羅に覆われ、腹面には付属肢が並んでいる。付属肢の多くは短くて、上から見ると体の下に隠れている。前端からは一対の長い触角、後方には一対の尾肢、場合によっては腹部に一個又は一対の卵嚢が目立つ。一対の卵嚢を持つ場合、一個の卵嚢の大きさが体に近いくらいあるので、上から見ると、三菱のマークに似て見える。

体は前半の頭胸部と後半の尾部に分かれている。頭胸部はまとまった形をしているが、後半の胸部は節に分かれている。前端からは一対の触角が伸びるが、これは第一触角である。第一触角はカラヌス目では長く伸び、体長と同じくらいとなる。種によっては触角から長い毛が伸びる。また、カラヌス目では雄の右側触角が変形して雌を保持する働きをする把握器となっている。他の類でも、この触角で雌を保持するために雌雄で形が異なる。第二触角はごく短く、頭部の下に折り曲げられており、二肢型であるか、外肢がなくなっている。触角より後には大顎・小顎二対・顎脚が並ぶ。第一触角の間には中央に一個の眼がある。往々にして赤く光ってよく目立つ。なお、代表的な属のひとつ、キクロプス(Cyclops)属の属名はギリシャ神話の一つ目巨人キュクロープスに由来する。

胸部には四対の脚が並ぶが、いずれも胴体の下に隠れている。脚はいずれも二肢型で、それぞれ三節からなる。遊泳用に用いられ、遊泳用の毛が多数はえている。左右同時に前後に動かす。それに続く五対目の付属肢は交尾肢となっており、雄のそれは複雑な構造になり、雌の生殖孔付近へ精包をつける役割を果たす。雌のそれは退化的である。

腹部は頭胸部よりも幅が狭くなっており、これらの間はややくびれて、曲げられるようになっている。体節は少なく、鰓もない。最後の尾節からは一対の尾又が出て、そこから数本の長い毛が伸びている。

生殖孔は腹部の第一節に開く。雌はその入り口に一個、又は一対の卵嚢をぶら下げて保持する。

卵から孵化した幼生はノープリウスで、次第に体節を増やして成長する。ノープリウス期に六期、その後コペポディド期に五期があり、その後に成体となる。都合11回の脱皮によって成熟する。

分類[編集]

カイアシ亜綱には11の目がある。種類は多いが、外見はよく似たものが多い。属の同定には、触角大顎小顎胸肢の形を観察・識別する必要があり、実体顕微鏡下での解剖針を用いた解剖が必須である。

参考文献[編集]

  • 長澤和也編、大塚攻・長澤和也・菊地義昭・上真一・池田勉他著 『カイアシ類学入門』 東海大学出版会、2005年、326頁、ISBN 4-486-01673-4
  • 大塚攻・駒井智幸 「3.甲殻亜門」 『節足動物の多様性と系統』 石川良輔編、岩槻邦男・馬渡峻輔監修、裳華房、2008年、172-268頁

外部リンク[編集]