イスズミ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イスズミ科
Girella tricuspidata and Atypichthys strigatus.jpg
メジナ亜科の1種 Girella tricuspidata (上)および
カゴカキダイ亜科の1種 Atypichthys strigatus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : 棘鰭上目 Acanthopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : スズキ亜目 Percoidei
: イスズミ科 Kyphosidae
和名
イスズミ (伊寿墨・伊須墨)
英名
Sea chubs
下位分類
本文参照

イスズミ科学名Kyphosidae)は、スズキ目スズキ亜目に所属する魚類の分類群の一つ。メジナイスズミタカベカゴカキダイなど、沿岸性の底生魚を中心に5亜科16属45種が記載される[1]

分布・生態[編集]

イスズミ科の魚類はすべて海水魚で、大西洋インド洋太平洋など、世界中の温暖な海に幅広く分布する[1]。ほとんどの仲間はサンゴ礁岩礁域など沿岸の浅い海で生活し、大きな群れを形成し活発に遊泳する。メジナイスズミのように漁獲対象になる食用種も多く、釣魚や観賞魚として利用されるものもある[2]

メジナ亜科・イスズミ亜科に所属する仲間は1種(Graus nigra)を除き草食性で、他のグループは肉食性である[1]。両亜科は顎に門歯状のを備え、海草藻類の摂食に適応している[1]オーストラリアに分布する2種は腸内に細菌を共生させており、藻類の発酵に利用しているとみられている[3]

形態[編集]

テンジクイサキ Kyphosus cinerascens (イスズミ亜科)。本科魚類はいわゆる鯛型の体型をもつ

イスズミ科の仲間は左右に平たく側扁した体つきをしており、体高は高い。体長は数十cmほどの種類が多く、最大種では1m近くに達する[2]

背鰭は9-16本の棘条と11-28本の軟条で構成され、臀鰭は3棘10-28軟条[1]椎骨は一般に24-28個で、メジナ亜科の1種(Graus nigra)のみ34個[1]

分類[編集]

イスズミ科はメジナ亜科・イスズミ亜科・タカベ亜科・カゴカキダイ亜科および Parascorpidinae 亜科の5亜科で構成されるが、全体の単系統性は不確実であり、これらの亜科はそれぞれ独立のとして分類されることも多い[1]。メジナ亜科・イスズミ亜科・タカベ亜科の3群が単系統群を構成するとの見解もある一方で、ユゴイ属(ユゴイ科)・イシダイ属(イシダイ科)など他のスズキ亜目のグループとの関連を指摘する報告もあり、本科の位置付けはなお途上にある[1]

イスズミ科にはNelson(2006)の体系において5亜科16属45種が認められている[1]。本稿では、FishBaseに記載される51種についてリストする[2]

メジナ亜科[編集]

メジナ属の1種 Girella tricuspidata (メジナ亜科)。オーストラリアニュージーランドの近海に分布する食用種で、河口の汽水域にも進出する[2]
メジナ属の1種 Girella fimbriata (メジナ亜科)。本種はケルマディック諸島の周辺のみから知られる[2]

メジナ亜科 Girellinae は2属(あるいは3属)17種で構成される。ほとんどの種類は太平洋に産し、大西洋に分布する仲間は Girella stuebeli および G. zonata などごく少ない[2]。門歯状の歯をもち、主上顎骨は眼下骨の下に埋もれる[1]

  • メジナ属 Girella
    • オキナメジナ Girella mezina
    • クロメジナ Girella leoninaG. melanichthys
    • メジナ Girella punctata
    • Girella albostriata
    • Girella cyanea
    • Girella elevata
    • Girella feliciana
    • Girella fimbriata
    • Girella freminvillii
    • Girella nebulosa
    • Girella nigricans
    • Girella simplicidens
    • Girella stuebeli
    • Girella tephraeops
    • Girella tricuspidata
    • Girella zebra
    • Girella zonata
  • Doydixodon
    • Doydixodon laevifrons
  • Graus
    • Graus nigra

イスズミ亜科[編集]

イスズミ Kyphosus vaigiensis (イスズミ亜科)。食性は季節によって変化し、夏は小型底生生物、冬は藻類を摂食する。日本で食用とされるほか、釣魚としても人気のある種類[4]
ノトイスズミ Kyphosus bigibbus (イスズミ亜科)。かつてはイスズミと同種とされていた[4]
Scorpis lineolata (タカベ亜科)。本科魚類の多くは群れを作る習性がある

イスズミ亜科 Kyphosinae は少なくとも4属13種を含み、三大洋に広く分布する。門歯状の歯をもち、主上顎骨は露出する[1]

タカベ亜科[編集]

タカベ亜科 Scorpidinae には少なくとも4属7種が記載され、インド太平洋を中心に分布する。門歯状の歯をもたず、腹鰭は胸鰭の後方に位置する[1]神経系の構造にイボダイ亜目と共通する特徴がみられるなど、位置付けに異論の多いグループである[4]

  • タカベ属 Labracoglossa : halfmoon : knifefishe : sweep
  • Bathystethus
    • Bathystethus cultratus
    • Bathystethus orientale
  • Medialuna
    • Medialuna ancietae
    • Medialuna californiensis
  • Scorpis
    • Scorpis aequipinnis
    • Scorpis chilensis
    • Scorpis georgiana
    • Scorpis lineolata
    • Scorpis violacea

カゴカキダイ亜科[編集]

カゴカキダイ Microcanthus strigatus (カゴカキダイ亜科)。本州太平洋岸の岩礁域に生息する普通種。人によく慣れ、観賞魚・食用魚として利用される[4]

カゴカキダイ亜科 Microcanthinae は5属7種(あるいは4属5種)を含む。チョウチョウウオ科の仲間と類似するが、トリクティス幼生期を経ずに成長するなどの違いがある[4]

  • カゴカキダイ属 Microcanthus
  • Atypichthys
    • Atypichthys latus
    • Atypichthys strigatus
  • Neatypus
    • Neatypus obliquus
  • Tilodon
    • Tilodon sexfasciatum

Parascorpidinae 亜科[編集]

Parascorpidinae 亜科は1属1種で、Parascorpis typus のみが所属する。南アフリカの沿岸に生息し、最大で60cm程度に成長する中型種である[1]。口が大きく、上顎を突き出すことはできないが、下顎を前方に突出できる[1]。腹鰭は胸鰭の後方に位置する[1]

  • Parascorpis
    • Parascorpis typus

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『Fishes of the World Fourth Edition』 pp.377-378
  2. ^ a b c d e f Kyphosidae”. FishBase. 2010年9月25日閲覧。
  3. ^ 『The Diversity of Fishes Second Edition』 p.305
  4. ^ a b c d e 『日本の海水魚』 pp.414-419

参考文献[編集]

  • Gene S. Helfman, Bruce B. Collette, Douglas E. Facey, Brian W. Bowen 『The Diversity of Fishes Second Edition』 Wiley-Blackwell 2009年 ISBN 978-1-4051-2494-2
  • Joseph S. Nelson 『Fishes of the World Fourth Edition』 Wiley & Sons, Inc. 2006年 ISBN 0-471-25031-7
  • 岡村収・尼岡邦夫監修 『日本の海水魚』 山と溪谷社 1997年 ISBN 4-635-09027-2

外部リンク[編集]