ユゴイ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユゴイ科
Kuhlia sandvicensis.jpg
Kuhlia sandvicensis
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : 棘鰭上目 Acanthopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : スズキ亜目 Percoidei
: ユゴイ科 Kuhliidae
: ユゴイ属 Kuhlia
英名
Flagtails
本文参照

ユゴイ科Kuhliidae)は、スズキ目スズキ亜目に所属する魚類の分類群の一つ。ユゴイ属 Kuhlia のみ1属で構成され、ユゴイギンユゴイなど10種余りが所属する[1]

概要[編集]

ユゴイ科の魚類はインド太平洋地域に分布する。沿岸付近の浅い海から汽水域にかけて生息するが、河川に進出するものも多い[1]オオクチユゴイなど、一部の種類は淡水生活が中心と考えられている。

日本からはユゴイ・ギンユゴイ・オオクチユゴイ・トゲナガユゴイの4種が知られる[2]。ギンユゴイは本科魚類として最も広範な分布を示し、アフリカ大陸沿岸から東部太平洋にまで及ぶ。

形態[編集]

ユゴイ科の仲間は左右にやや平べったく側扁し、銀色を基調とした体色をもつことが多い。尾鰭にはさまざまな黒色の斑紋があり、同定に利用される。体長は最大種で50cmほどになる。

背鰭と臀鰭の基底部が、よく発達した鞘状のに覆われることが最大の特徴である[1]。背鰭は10本の棘条と9-13本の軟条で構成され、棘条部に大きな切れ込みをもつ。鰓蓋骨に2本のトゲがあり、椎骨は25個。

分類[編集]

ユゴイ科はユゴイ属のみで構成され、13種が記載される。かつて本科に含まれていた Nannatherina 属・Nannoperca 属・Edelia 属の3属は、現在ではペルキクティス科Percichthyidaeに移されている。

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c Fishes of the World Fourth Edition』 p.384
  2. ^ 『日本の海水魚』 pp.422-423

参考文献[編集]

外部リンク[編集]