ガラパゴスザメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガラパゴスザメ
Carcharhinus galapagensis.jpg
保全状況評価
NEAR THREATENED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 NT.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 軟骨魚綱 Chondrichthyes
亜綱 : 板鰓亜綱 Elasmobranchii
: メジロザメ目 Carcharhiniformes
: メジロザメ科 Carcharhinidae
: メジロザメ属 Carcharhinus
: ガラパゴスザメ C. galapagensis
学名
Carcharhinus galapagensis
(Snodgrass & Heller, 1905)
英名
Galapagos shark
Carcharhinus galapagensis distmap.png 
分布図

ガラパゴスザメ(学名:Carcharhinus galapagensis、英名:Galapagos shark)はメジロザメ目メジロザメ科に属するサメの1種。

特徴[編集]

モントレー湾のガラパゴスザメ

体長2-3mほどになり、大型の個体では3mを越える。名前通りガラパゴス諸島近海をはじめとした東部太平洋付近や大西洋暖海域を生息地にしている。

メジロザメ科のサメ類にみられる典型的なサメ型の体型で、ガラパゴスの他、ハワイなどではよく見かけられている

群れを作って行動する場合もあり、回遊も考えられている。[1]

分布[編集]

東部太平洋やインド洋、大西洋の赤道付近の暖海域を住み場としているが、やや冷たい水温を好む性質もあり、他の暖海性のサメ類や、同じ地域に住むメジロザメ類よりもやや深場や、寒流域に入る水域を好んでおり、そうする水域を選んだことで、エサの競合などを避けているとも考えられる。

ガラパゴスではエクアドルからの寒流によって、浅場にもよく見られる。[2]


人との関わり[編集]

エサに食い付いたガラパゴスザメ

人を襲った記録はあまり無く、普段は大人しい面があるが、体の大きさと、群れることに加え、歯も大きく、顎も強いことから、危険なサメに分類されている

ハワイでは漁の時に網にかかったり、魚を食い荒らすこともあって、漁師達からは嫌われている。[3]

肉は食用に、鰭はフカヒレの材料にはされるが、外国では有名でも、日本近海には生息していない事もあって、日本ではあまり馴染みが無い種である。

なお、神戸市神戸市立須磨海浜水族園では、かつて、同水族園の「波の大水槽」で飼育されていた、本種の剥製が標本として展示されている。

参考文献[編集]

  1. ^ * 『サメガイドブック―世界のサメ・エイ図鑑』 アンドレア フェッラーリ (著), アントネッラ フェッラーリ (著), 谷内 透 (監修), Andrea Ferrari (原著), Antonella Ferrari (原著), 御船 淳 (翻訳), 山本 毅 (翻訳) 阪急コミュニケーションズ
  2. ^ * KNOCK
  3. ^ * 『サメウォッチング』 ビクター・G. スプリンガー (著), ジョイ・P. ゴールド (著), Victor G. Springer (原著), Joy P. Gold (原著), 仲谷 一宏 (翻訳) 平凡社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]