サントメ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サントメ島
São Tomé - Resort Pestana Equador.jpg
リゾート地ペスタナ・エクアトル
座標 北緯0度14分 東経6度36分 / 北緯0.233度 東経6.600度 / 0.233; 6.600
面積 854 km²
最高標高 2,024   m
所属国・地域 サントメ・プリンシペの旗
テンプレートを表示
サントメ・プリンシペの地図(サントメ島は下)

サントメ島(サントメとう、São Tomé Island)は、アフリカギニア湾沖にある島。プリンシペ島とともに、サントメ・プリンシペ民主共和国を構成する。

中心地はサントメ・プリンシペの首都でもあるサントメ火山島で最高地点はサントメ山(2,024m)である。サントメ島の土地は非常に肥沃で、ココアコーヒーコプラなどの穀物栽培が行われている。ココア農園はマルクス主義として独立し、農場が国営となる1975年以前の生産能力を取り戻し、また穀物品種の多様性の維持が最優先で進められている。サントメ国際空港ポルトアレグレ空港と2ヶ所空港がある。

1470年もしくは1471年に、ポルトガルペロ・デ・エスコラールが発見したとされる。使徒トマスの日である12月21日に発見されたため、サントメ(ポルトガル語で聖トマスの意)と名づけられた。1493年に、アルヴァロ・カミニャのポルトガル人入植者達が無人島だったサントメ島に入植した。ポルトガル人はアフリカ大陸から奴隷を購入し、砂糖やココアの農場で働かせた。19世紀に奴隷制度は廃止され、1975年にサントメ・プリンシペ民主共和国としてポルトガルから独立した。

市町村[編集]


関連項目[編集]