イラク日本人青年殺害事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イラク日本人青年殺害事件(イラクにほんじんせいねんさつがいじけん)とは2004年10月に発生した、国際的テロ集団であるアルカーイダの有力者であるヨルダン人幹部アブー=ムスアブ・アッ=ザルカーウィーが率いているとされるイラクの聖戦アルカーイダ組織を名乗るグループによって日本人青年(当時24歳)が殺された事件である。

事件の概要[編集]

2003年5月1日イラク戦争終結宣言が行われた。その後のイラク国内では、旧政権の残存勢力やイスラム過激派によるテロが多発していた。2004年4月には、イラク日本人人質事件を含む一般人を人質とするテロも発生していた。そうした最中の同年10月27日午前2時、「イラクの聖戦アルカイダ組織」を名乗るグループが、インターネット日本人青年を人質にしたと犯行声明を出し、日本政府が48時間以内に、イラクからの自衛隊撤退に応じなければ殺害すると脅迫してきた。それに対し日本政府は、青年の解放を求めたが、要求についてはテロリストとは交渉しないとの立場から、犯行声明から約5時間後の同日午前7時に小泉純一郎首相が細田官房長官に「自衛隊は撤退しない」と電話で指示、拒否した。その後、青年はグループにナイフによって首を切断され殺害された。(息の様子が見られなかったため、実はもう既に死んでいたと言う説も出て居る。)遺体は2004年10月31日未明にバグダード市内で発見された。10月31日 小泉首相は「解放のためあらゆる努力を尽くしたにもかかわらず、青年がテロの犠牲となり、痛恨の極みだ。引き続き自衛隊による人道復興支援を行う」と声明を発表した。

11月2日には犯行グループが犯行声明とともに、青年を星条旗の上で殺害する場面をネット上で動画配信した。

2006年2月、別の殺人事件で取り調べを受けていた元イラク陸軍兵のザルカーウィー派テロリスト・フセイン・ファハミ・バドル容疑者(26)が、バグダードにあるスンニ派モスクの付属施設に監禁されていたこの日本人青年を殺害したと自供した。この元兵士には無差別爆弾テロ等の余罪があり、日本人青年殺害と併せて起訴された。11月22日バグダードの中央刑事裁判所は、イラク人男性1人の殺害について有罪と認定し、元兵士に死刑の判決を下した。供述によると、青年の拉致、殺害にかかわったのは計6人。イラク内務省はこのうち4人を逮捕。2006年6月8日、アメリカ軍がF-16戦闘機の爆撃でアブー・ムスアブ・アッ=ザルカーウィーを殺害した。

追悼[編集]

  • 2004年10月31日、福岡県を訪問中の皇太子徳仁親王は、イラクで同県出身の青年が殺害されたことについて、麻生渡知事に対し「大変残念な結果でありました。ご家族にお悔やみを言ってください」と伝えている。
  • 陸上自衛隊が駐留するイラク南部サマワで、2004年11月5日、イスラム教の金曜礼拝が行われた。シーア派の有力聖職者マード・アルワイリ師は日本人青年が武装グループに拉致され、殺害されたことについて「日本政府と青年のご家族に哀悼の意を表したい」と述べた。さらに自衛隊について「日本人はイスラム教徒ではないのにイラクの復興に協力しており、感謝しなければならない」と集まった信徒に説諭した。
  • 青年の死を追悼しようと、福岡市民がろうそくを手に平和を祈りながら街を練り歩くキャンドルウォークが2004年11月6日夜、福岡市内で行われた。

関連[編集]

参考文献[編集]