合同礼拝 (クルアーン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
合同礼拝
الجمعة
Al-Jumua
アル・ジュムア
Tokyo Camii.jpg
合同礼拝
啓示 マディーナ啓示
章題の意味 金曜日
別名 『金曜礼拝』
『金曜集合』
『集会』
啓示時期 ヒジュラ暦2年 - 4年頃
詳細
スーラ 第62章
アーヤ 全11節
ジュズウ 28番
ルクー 2回
語数 117語
文字数 749文字
前スーラ 戦列
次スーラ 偽信者たち
テンプレートを表示
Nuvola apps arts.svg 音楽・音声外部リンク
Nuvola apps arts.svg Islam House - タルティール朗誦法。
朗誦者: ファーリス・アッバード (3:17)
Nuvola apps arts.svg 音楽・音声外部リンク
Nuvola apps arts.svg Islam House - タジュウィード朗誦法。
朗誦者: ムハンマド・スィッディーク・アル=ミンシャーウィー (6:51)

合同礼拝』(ごうどうれいはい、アラビア語: الجمعةUNGEGN式: Al-Jumʿua アル・ジュムア)は、アル・クルアーン(コーラン)における第62番目のスーラである。本章では、への礼讃や、不義の人間への批判に続いて、「合同礼拝」が「商売や娯楽」と絡めて語られる。

主な内容[編集]

  • 偉大なは、偉大な恩恵を所有している。 - 1節から4節
  • 神に不義を働く人間がいるが、最後の審判で、神からそのことに関して、お言葉がある。もし不義を働くと、人間が最後にどうなるかを、ユダヤ人にも伝えるとよい。もしトーラーの重さに耐えられないならば、ロバである。 - 5節から8節
  • 神の信者は、集会の日[1]、礼拝の誘いを受けたら、商売は放って置き、急いで行くべきである。礼拝が終わったら、神を讃えながら、商売に精を出せばよい。- 9節、10節
  • 人間は、儲かりそうな商売や、娯楽を見つけると、説教中のムハンマドから離れて、すぐ商売や娯楽に行ってしまう。神のところには、商売や娯楽に比較できない、最善の恩恵がある。 - 11節

アラビア語による『合同礼拝』全文[編集]

アル・クルアーン第62章 『الجمعة‎ (合同礼拝)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 金曜日の合同礼拝(集団礼拝)のこと。金曜礼拝。

外部リンク[編集]