ハマース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハマース
حركة حماس
ハマースの旗
設立年 1987年12月14日
公用語 アラビア語
ほか
設立者 アフマド・ヤーシーン
マフムード・ザッハール
関連組織 ムスリム同胞団
テンプレートを表示
パレスチナの旗 パレスチナの政党
ハマース
党首 ハーリド・マシャアル
成立年月日 1987年12月14日
立法評議会議席数
(56%)
74 / 132
政治的思想・立場 イスラーム主義
スンナ派
公式サイト حركة المقاومة الإسلامية "حماس
国際組織 ムスリム同胞団
テンプレートを表示

ハマースアラビア語: حركة حماس‎、ラテン文字転写: Ḥamās英語: Hamas)は、イスラーム主義を掲げるパレスチナ政党1987年12月14日にアフマド・ヤーシーンによってムスリム同胞団のパレスチナ支部を母体として創設された。

2004年12月に行われたパレスチナ地方議会選挙において過半数の議席を獲得し、さらに2006年1月のパレスチナ評議会選挙でも定数132の議席中で76議席を獲得した。

名称と区分[編集]

正式名称はイスラーム抵抗運動 (حركة المقاومة الاسلامية, Harakat al-Muqāwama al-Islāmīya) で、各単語のアラビア文字の頭文字 (ح (Ḥ), م (M), ا (Ā), س (S)) からハマース (حماس) と通称される。この単語はアラビア語で「激情」も意味する。

一般的に日本のメディアでは「ハマス」と呼ばれ、団体名と合わせて「イスラム原理主義組織ハマス」と表現している。

イスラエルに対してテロリズムを含めた武装闘争路線を維持するハマースに対する評価は、国や団体により様々である。イスラエル、EU、アメリカ合衆国はハマースをテロ組織に指定している。ヨルダンは1990年から国内における活動を禁止している。ノルウェー、ロシア、トルコ、カタールエジプトなどの政府は、ハマースの指導者と対話を行っている。

歴史[編集]

設立[編集]

ハマースのポスター。ハマースが拉致していたイスラエル兵ギルアド・シャリートの写真を戦闘員が手にしている

1980年代第1次インティファーダ時代に、ヤーセル・アラファートが指揮するパレスチナ解放機構 (PLO) の影響力を排除した民衆レベルでの対イスラエル抵抗組織として設立された。ハマースとPLOの対立関係を見たイスラエル政府は、ハマースがPLOに対抗する勢力となることを期待して、秘密裡に援助をおこなっていた。ハマースは教育医療福祉などの分野で一般民衆への地道な活動を続けたため、パレスチナ人の間で支持が拡大していった。

中東和平交渉の破綻[編集]

1990年代にPLOがイスラエルとの和平交渉を開始すると、ハマースはこれに強く反対し、対イスラエル強硬派の支持を得た。1995年の右派イスラエル青年によるイスラエル首相イツハク・ラビン暗殺、和平交渉におけるアラファートの強硬姿勢、そして2000年リクード党首アリエル・シャロンによる岩のドーム訪問をきっかけとして、第2次インティファーダが開始されるとハマースは自爆攻撃やロケット砲を用いたイスラエル軍および市民へ攻撃を開始した。イスラエルは2004年3月22日に創設者のアフマド・ヤーシーンをアパッチ・ヘリでのテロ攻撃により殺害した。翌日には最高幹部陣からアブドゥルアジーズ・アッ=ランティーシーが後継者となることが発表されたが、同年4月17日に再びイスラエル軍ヘリのテロ攻撃を受け暗殺された。

ハマースが行ってきた草の根の民衆支援への評価、和平交渉の破たんとファタハの率いるパレスチナ自治政府への不満などから、2004年12月に行われたパレスチナ地方議会選挙において過半数の議席を獲得し、さらに2006年1月のパレスチナ評議会選挙でも定数132の議席中で76議席を獲得するなど圧勝した。同年3月29日にハマースのイスマーイール・ハニーヤがパレスチナ政府首相に任命された。

多数の西側諸国はハマースをテロリズム団体に指定しており、ハマースの政権参加を機にパレスチナ政府への支援を停止した。日本は世界食糧計画などを介した形で7月に再開している。

国際連帯運動 (ISM)、パレスチナ・メディア・ウォッチの活動家パトリック・オコナーによると、ハマースは政権参加後はおおむね停戦を守っていると指摘されていた。2000年から2006年11月3日までの、パレスチナ側とイスラエル側の犠牲者数の比率は39:10である。しかし、2006年は258:10で、3月のハマースの政権参加後に限ると、762:10にまで差が広がった[1]。一方でイスラエル諜報機関の元長官は、分離壁の建設によって自爆攻撃を90%阻止したことが原因であるとしている[2]

ヤーシーンとランティーシーが相次いでイスラエル軍に暗殺されたため、ハマースは後継の指導者を発表していなかったが、2005年9月3日に軍事部門「イッズッディーン・アル=カッサーム旅団」の指揮官がムハンマド・ディーフであることを公表した。現在の最高指導者は政治局議長のハーリド・マシャアルである。2007年5月21日にイスラエルのアビ・デヒテル警察長官(警察相)は「見つけ次第、軍は彼を片づける」とマシャアルが暗殺の目標となっていることを明らかにしている。ハニーヤ首相についても、「(イスラエルに対する)攻撃命令を出している者の中にハニーヤが連なっているならば、彼も正当な(暗殺の)標的となる」としている。

ファタハとの対立と対イスラエル闘争路線[編集]

2007年6月12日にハマースはガザ地区の武力占拠し、2006年の総選挙後に形成されていたファタハとの連立内閣は崩壊した。現在に至るまで、ガザ地区はハマースが、ヨルダン川西岸地区はファタハが事実上支配している。評議会ではハマースが過半数を占めているため、ファタハは非常事態宣言を発令することで合法的に政権を維持している。ハマースはハニーヤ内閣が正当政府であるとして、閣僚を任命し自治政府を組織しているが、イランシリア以外の国際社会はファタハによる政府を承認している。連立政権時代は自制していたカッサームロケット砲によるイスラエル領内への攻撃も再開したが、これに対してイスラエル軍は2008年からガザを攻撃した。一時的な停戦の後もイスラエルは規制を緩めず、小規模な衝突が繰り返された。イスラエルは11月5日から封鎖をさらに強化し、国際連合の「イスラエル政府が封鎖を緩和しない限り、支援物資がすぐに底をつきる」という警告も無視した[3]。6ヶ月間にパレスチナ側は20人が殺害され、イスラエル側の犠牲者は0であった[4]ハマースの政治指導者ハーリド・マシャアルは、「イスラエルの火器で30人のガザの人々が殺され、封鎖の直接の影響で数百人の患者が死亡した」と主張している[5]。イスラエルとエジプト政府は休戦延長模索したが、ハマースは再度の封鎖解除と全ての検問所の開放を条件とし、イスラエルは攻撃停止が先だと主張したため、ハマースは停戦延長を拒否すると発表した[6]。休戦期間終了を待たずにロケット砲による攻撃を再開し、イスラエルは攻撃中止を警告を発したが、ハマースはそれを黙殺した[7]2008年末にイスラエルはロケット砲攻撃の根絶を目的にガザへの空爆を開始した。2009年1月1日に、創設者でありガザにおける指導者のひとりであったニザール・ラヤーンが、ジャバリーヤ難民キャンプの自宅でイスラエル軍の空爆により殺害された。2009年1月15日には、ハマース政府の内相サイード・シヤームがイスラエル軍の空爆で殺害された。

イスラエルはガザ地区への攻撃と並行して、病気治療のためイスラエル入国を申請したガザ地区住民に対し内通者になるよう要求しするなど[8]内通者の勧誘を続けている。2009年にはハマースは少なくとも17人を内通を理由として処刑したとされる[9]2010年にはハマース幹部ハサン・ユーセフの息子でキリスト教徒であるムスアブ・ハサン・ユーセフがイスラエルのスパイであったことを告白し、ハマースとイスラム教を批判する手記を出版して反響を呼んだ[10][11][12]

2010年1月20日に軍事部門創設者マフムード・マブーフアラブ首長国連邦ドバイのホテルで暗殺された。犯人の姿がホテルの防犯カメラに映っており、イギリス、フランス、オーストラリアなどの偽造パスポート所持して入国したイスラエルのモサド工作員による犯行であると断定された。

2010年8月31日にヨルダン川西岸南部のユダヤ人入植地であるキリアトアルバ近郊の路上で乗用車が襲撃され、イスラエル人4人が射殺され、ハマスの軍事部門カッサーム隊が犯行声明を行った。西岸でイスラエル人4人が殺害されたのは2006年の自爆攻撃以来である。

ファタハとの和解[編集]

2011年4月にハマースとファタハはカイロにおいて共同で会見し、2007年以来続いていた対立関係を解消し連立政権をつくったうえで総選挙を行うことを発表した[13]。今後の交渉では、ハマースのテロリズム路線の是非や治安部隊の指揮系統が議題となる。イスラエルはこの和解を批判し、国連は好意的に評価している。

アラブの春[編集]

2011年に始まったアラブの春では、当初ハマースはリビアの反カダフィ蜂起を支持する一方、シリアでの反体制デモには沈黙を保っていた[14]

しかし騒乱が長期化、拡大するにつれてハマース内部でもシーア派であるシリア、イランを忌避する傾向を強め、2012年1月にはダマスカスに滞在しバッシャール・アサド体制に近いマシャアルが退任を表明、ヨルダンに退去[15]。翌2月にはガザ地区行政府を握るハニーヤがシリア反体制派の支持を明言しダマスカスとの決別が明らかとなった[16]

シリアの同盟国であり、ハマースの一方の支援者であるイランはこのハマスの背信に批判的な態度を示したが[17]、ハマースは却ってイスラエルの対イラン攻撃に反対しない旨を発表し、両者の関係もまた断絶したとらかにした[18]

エジプトでは2011年の革命でムバーラク政権が崩壊し、2012年にはムスリム同胞団出身のムハンマド・ムルシーが民主的選挙に勝利して大統領に就任した。ガザ政府首相イスマーイール・ハニーヤはエジプトを訪問し、ムルシーやヒシャーム・カンディール首相と会談するなど関係強化につとめている。2012年11月のイスラエル軍によるガザ攻撃の際は、カンディール首相がガザ地区を訪問し、ムルシー大統領が停戦交渉の仲介をおこなった。

2013年エジプトクーデター後[編集]

2013年7月で起こったエジプトでのクーデターにより、ムルシーが失脚。その後のエジプトは、ガザ地区とエジプトを結ぶ密輸などに使用されているトンネルを武装勢力に利用されているなどとして破壊しており、ガザ地区は経済的に苦境に立たされている。

ハマースもまた財政的に困窮しており、職員の給料を分割払いにするなど苦しい状況である。頼りだったイランからの支援が、関係の希薄化で大きく縮小したことも大きいとされる[19]

2014年4月23日、ハマスとファタハは共同声明を発表し、5週間以内に統一内閣を樹立するとした。これにハマスをテロ組織と見るイスラエルは反発し、ガザ北部を空爆している[20]

2014年6月2日ラミ・ハムダラを首相とする暫定統一内閣が発足[21]ファタハ、ハマース双方が認める内閣が成立したのは、ハマスがガザ地区を制圧した2007年以来となる[21]

2014年の戦闘[編集]

2014年7月上旬、パレスチナの少年がユダヤ系過激派に殺害されたことに抗議するデモが拡大。7月7日には、ハマス側がロケット弾をイスラエル側へ打ち込む一方、イスラエル軍もガザ地区に報復の空爆を開始して多数の民間人の死傷者を出している。[22]

政策[編集]

当初は全パレスチナの支配を主張していたが、現在は1967年の国連停戦決議に基づく国境線を容認する構えを示している。イスラエルの承認は拒否しているため、「イスラエルの生存権を認めない」組織として報道されることが多い[23]。マシャアル政治局長は2009年6月25日に「パレスチナ民衆にとっての最低限のライン」として、イスラエルによる全入植地の撤廃、パレスチナ難民の自由な帰還、1967年6月4日時点での停戦ラインを国境とする、パレスチナをエルサレムを首都とする完全な主権国家とする4条件を挙げている[24]

シャリーアに基づく統治を目指しているため、同性愛を処罰対象にするなど国際社会において広く認められた人権規範とは相いれない政策も多い[25]。こうしたイスラム主義的主張については政権獲得後には現実主義的なものに落ち着くのではとの意見もある。

ガザ地区にはハマースよりさらに過激な武装組織もあり、それらとの間に衝突も発生している。議会活動も行い対外的にもある程度の妥協も行うハマースに対し、より純粋なシャリーアによる国家の建設を主張している団体もある。2009年8月14日にはそれらの組織の一つでアルカーイダとの関係も指摘される「ジュンド・アンサール・アッラー」との間で銃撃戦となり「ジュンド・アンサール・アッラー」の指導者が自爆、子供1人を含め、双方で24人の死者が発生した。ガザ地区には他にも類似の武装集団が少なくとも10前後はあるとされる。

シリアイランはハマースに対して支援を行っていると指摘されていた。両国は軍事面でも協力しており、最大の支援国であったが、2011年から始まったシリア騒乱でアサド政権との関係が悪化したことからシリアとの関係は凍結状態となり、イランからの支援も減少している[26]イラクサウジアラビアもかつて資金提供や軍事支援を行っていたが、イラクは対イスラエル強硬派のサッダーム・フセイン政権が崩壊したため支援は停止され、サウジアラビアは対米関係への配慮とシリア・イラン両国との対立から現在は政府としては反ハマースの立場である。サウジと同じ親米の湾岸諸国でもカタールは、政府首脳がハマース指導部と頻繁に会談を行うなどハマースを支援しており[27]2012年10月23日にはハマースのガザ制圧以来、外国元首として初めてハマド首長がガザ地区を訪問した[28]。また、国家レベルだけでなく、ハマースを支持するアラブ・イスラーム社会からの個人献金がハマースに対して行われている。

二つの「自治政府」[編集]

ハマースはアッバース自治政府大統領(報道では「議長」表記が主流)率いる自治政府の正統性を否定している[29]。アッバース政権が、自治政府首相であるハニーヤ氏を一方的に解任し、議会第1党のハマースを排除した政権であることに加え、アッバースが自治政府大統領の任期切れ(2009年1月)後も、大統領選を延期して在任を続けていることが理由として挙げられる[30]

逆に、自治政府を正統と認める立場で、ハマースがガザ地区を実効支配している統治機構に対しては、「ガザ地区の(自治政府に)解任された内閣」との表現が用いられることがある[31]。他に「ガザ政府[32]」「ガザ・ハマース政府[33]」とも表記される。

機構[編集]

合法部門[編集]

ハマースは、当局の干渉を避けるために、4つの独立した部門に分かれている。

ダヴァフ
インフラ拡張、メンバーの募集、宗教裁判、資金調達及び配分
街頭行動の組織・調整部門
アマン
イスラエルの協力者に関する情報の収集
アリャム
プロパガンダ用のビラ、出版物の配布、テレビ・ラジオでの活動

ハマースの指導機関は、マジュリス・アル=シューラー(諮問評議会)である。政治局は、総合戦略を立案し、各部門の活動分野と機能を決定する。ラビタート・ウリャマ・フィラスティン(パレスチナ・ウラマー協会)は、イスラームの観点からハマースの活動に合法性を与える。

非合法部門[編集]

武装闘争のための非合法部門は、以下の2つのグループに統合されている。

アル=ムジャーヒディーン・アル=フィリスティーニウーン(パレスチナ聖戦士)
1987年のインティファーダ以来勢力を拡張し、反イスラエル闘争のリーダー的存在となった。
ジハーズ・アマン(保安部門)
配下に執行機関マジドを有し、イスラエルの協力者の暗殺に従事している。

ハマースの機構には、シャヒード(自爆攻撃)部隊もある。隊員は、イスラエルから被害を受け、ユダヤ人を憎悪する18歳から27歳の住民から選抜される。ハマースのウラマーは、イスラエル撃滅という聖なる目的で死ねば、天国に行けると彼らを納得させている。

イッズッディーン・アル=カッサーム旅団はハマースの軍事部門で、イスラエル人及びその協力者の誘拐・暗殺に従事している。1992年以降の大規模なテロ活動、ロケット弾攻撃の大部分は、同組織の仕業とされている。ハマース内部でもっともサラフィー主義の影響が濃い部門で、アル=カーイダのシンパも多数いるとされ、ハマースの他部門と路線対立していると言われる。

ただしハマース全体としてはサラフィー主義勢力と軍事的衝突を繰り返しており、ガザ南部ラファハを拠点とするサラフィー主義運動「ジュンド・アンサール・アッラーフ」と戦闘を行い、同勢力を率いるアブドゥルラティーフ・ムーサーを殺害するなどしている。

2011年4月には、ガザで活動する支援組織「国際連隊組織」のイタリア人活動家ヴィットーリオ・アリゴーニが、同じくサラフィー主義の過激派組織「タウヒード・ジハード」に誘拐・殺害された事件では、同組織の犯人を逮捕し、犯行を非難している。

幹部[編集]

指導者[編集]

  • イスラエルによる暗殺を防ぐため非公表。

現在の主要幹部[編集]

  • ハーリド・マシャアル(ハレド・メシャル、ハーリド・ミシュアルなどとも表記) - 政治局議長。事実上の最高指導者。
  • ムーサー・ムハンマド・アブー・マルズーク - 政治局副議長。
  • サーミー・ハーティル - 政治局員
  • ユーニス・アル=アスタル - 精神的指導者
  • イスマーイール・ハニーヤ(ハニヤ) - 「ガザ政府」首相。
  • ユースフ・アフマド - 「ガザ政府首相」顧問
  • マフムード・ザッハール(ザハル) - ハマースのガザ指導部メンバー。
  • ムシール・アル=マスリー - ガザのハマース幹部。パレスチナ自治評議会議員。
  • ムハンマド・ディーフ - 「イッズッディーン・アル=カッサーム旅団」司令官。
  • サーミー・アブー・ズフリー - ハマースの首席スポークスマン
  • ファウジー・バルフーム - スポークスマン。
  • ウサーマ・ハムダーン - ハマースのレバノン支部代表。
  • アブドゥルアズィーズ・ドゥワイク
  • ハサン・ユースフ

殺害された幹部[編集]

  • アフマド・ヤーシーン(ヤシン)
    • 創設者。2004年3月22日にイスラエルによる攻撃により暗殺。
  • アブドゥルアジーズ・アッ=ランティーシー
    • ヤーシーンの後継指導者。2004年4月17日にイスラエルによる攻撃で暗殺。
  • ニザール・ラヤーン
    • ハマースのジャバーリーヤ地区指導者。2009年1月1日にイスラエルによる空爆で死亡。
  • サイード・シヤーム
    • 「ガザ政府」内相。ハマースの治安部隊「執行部隊」創設を主導。2009年1月15日にイスラエルによる空爆で死亡。
  • マフムード・アル=マブフーフ
  • アフマド・アル=ジャアバリー
    • イッズディーン・アル=カッサーム旅団参謀長。2012年11月14日に、イスラエルによる空爆で暗殺[34]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Israel's Large-Scale Killing of Palestinians Passes Unreported
  2. ^ Online NewsHour(英語)
  3. ^ フランス通信社 イスラエル政府、ガザ地区の封鎖を継続 UN支援物資「間もなく底をつきる」、2008年11月19日
  4. ^ ハマスが停戦終了発表 ガザで対イスラエル
  5. ^ This brutality will never break our will to be freeガーディアン、2009年1月6日
  6. ^ パレスチナ:ハマス「停戦延長せず」イスラエルに宣言、毎日新聞、2008年12月19日
  7. ^ ハマス、ガザから迫撃砲攻撃 イスラエル側は反撃示唆、朝日新聞、2008年12月25日
  8. ^ 「イスラエル:入国条件は「スパイ」 治療目的のガザ住民に」、毎日新聞、2008年9月21日
  9. ^ 「ガザ ファタハ襲撃続発、ハマス「内通」疑い17人殺害」、毎日新聞、2009年1月17日
  10. ^ 産經新聞』2010年2月27日ハマス創設幹部の息子 「イスラエルのスパイだった」と告白 2010.2.27 19:13
  11. ^ Son of Hamas: A Gripping Account of Terror, Betrayal, Political Intrigue, and Unthinkable Choices (Hardcover)
  12. ^ 邦訳は青木偉作訳『ハマスの息子』 幻冬舎、2011年6月22日発売、税込み1575円、ISBN 9784344019997
  13. ^ [1]
  14. ^ リビア首都が事実上陥落、反体制派進攻で:識者はこうみる ロイター通信 2011.8.22 17:43
  15. ^ ハマス最高幹部が退任へ、シリア政権の弱体化で 読売新聞 2012.1.28 09:51
  16. ^ ハマス:ハニヤ最高幹部がシリア反体制派支持を表明 毎日新聞 2012.2.25 10:28
  17. ^ Hamas out of Syria, Marzook says ynetnews 2012.2.27 13:27
  18. ^ Hamas rules out military support for Iran in any war with Israel Guardian 2012.3.6 09:24
  19. ^ “パレスチナ:ガザ戦闘1年 孤立するハマス エジプトのモルシ政権崩壊、後ろ盾なくし”. 毎日新聞. (2013年11月16日). http://mainichi.jp/shimen/news/20131116ddm007030094000c.html 2014年2月8日閲覧。 
  20. ^ 大内清 (2014年4月24日). “パレスチナ ファタハとハマス“和解” 「5週間以内に統一内閣」”. 産経新聞. http://sankei.jp.msn.com/world/news/140424/mds14042410540002-n1.htm 2014年5月6日閲覧。 
  21. ^ a b “パレスチナに統一内閣発足”. 産経新聞. (2014年6月3日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/140603/mds14060308510003-n1.htm 2014年6月17日閲覧。 
  22. ^ “ガザ地区に大規模紛争の危機、ハマスとイスラエルが攻撃の応酬”. AFPBBNews (フランス通信社). (2014年7月8日). http://www.afpbb.com/articles/-/3019941 2014年7月20日閲覧。 
  23. ^ AFP パレスチナ建国後も「イスラエルを認めない」 ハマス最高指導者 * 2008年04月22日 05:06 発信地:ダマスカス/シリア
  24. ^ ハマースのミシャール政治局長がダマスで演説 2009年06月26日付 al-Quds al-Arabi紙
  25. ^ パレスチナのイスラム原理主義組織ハマス 「同性愛者は処罰する」と発言、GayJapanNews、2005年11月10日
  26. ^ ハマス:シリアと離反 ナンバー2が毎日新聞と単独会見” (2012年10月25日). 2012年10月27日閲覧。
  27. ^ “Qatar emir renews support for Hamas”. The Daily Star. (2011年9月5日). http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2011/Sep-05/147947-qatar-emir-renews-support-for-hamas.ashx#axzz29rQnesR8 2012年10月21日閲覧。 
  28. ^ “カタール首長、ハマス支配のガザに人道支援表明”. 讀賣新聞. (2012年10月24日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20121024-OYT1T01537.htm 2012年10月27日閲覧。 
  29. ^ イスラエル人4人を射殺=ハマスが犯行声明、交渉に影響も 時事通信 2010/09/01
  30. ^ 共同通信社 パレスチナ、議長任期で対立激化 ハマスとファタハ 2008/12/09 15:50
  31. ^ アル・ハヤート ハマース政権、大統領選挙およびPLC選挙のガザ地区での実施を拒否 2009年10月29日付 al-Hayat紙東京外国語大学外国語学部による日本語訳)
  32. ^ ロシアの声 トルコ首相 ハマスの「ガザ地区」首相と会談 1.01.2012, 22:04鉤括弧付きの「ガザ政府」表記。
  33. ^ アル・ハヤート ガザ政府のハニーヤ首相、ハマースとの対話開始を求める国際的な動きを歓迎 2010年07月27日付 al-Hayat紙
  34. ^ ハマス軍事部門トップを殺害、イスラエル軍がガザ空爆(2012年11月15日)

外部リンク[編集]