ケニアショッピングモール襲撃事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケニアショッピングモール襲撃事件
2013年9月23日の煙が立ち込めるウエストゲートモール
場所 ケニアの旗 ケニア
ナイロビ ウェストランズ
座標 南緯1度15分25秒 東経36度48分12秒 / 南緯1.25694度 東経36.80333度 / -1.25694; 36.80333座標: 南緯1度15分25秒 東経36度48分12秒 / 南緯1.25694度 東経36.80333度 / -1.25694; 36.80333
日付 2013年09月21日 (2013-09-21)
~12:00–12:30 少なくとも50時間 (UTC+3)
攻撃手段 大量虐殺、銃乱射
武器 AK-47[1]
手榴弾
死亡者 67
負傷者 175[2]
犯人 アル・シャバブの旗 アル・シャバブ

ケニアショッピングモール襲撃事件(ケニアショッピングモールしゅうげきじけん)は、2013年ケニアの首都ナイロビの高級ショッピングモールが武装集団によって襲撃されたテロ事件である。

事件概要[編集]

2013年9月21日正午(現地時間)頃[3]、ケニアのナイロビにある大型の商業施設「ウェストゲート・モール」に武装グループが侵入した。武装グループは店内で銃を乱射し、手榴弾を爆発させたと見られる。 23日午前、治安部隊が施設への突入急襲し、人質のほぼ全員を救出した。24日夜、ウフル・ケニヤッタ大統領はテレビ演説で事件の終結を宣言した。

この事件で、民間人61人と兵士6人が死亡、240余人の死傷者が出た。

襲撃グループ[編集]

当初は、10-15人と推測された襲撃グループであったが、後に店内の防犯ビデオを検証した結果4-6人(全員死亡)であることが判明している。また、事件の最中に指摘されたテロリスト、「白い未亡人」の参加は、ナイロビの警察当局に否定されている[4] 。この事件についてソマリアに拠点を置くイスラーム勢力アル・シャバブ犯行声明を出しているが、関連性は定かではない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Blair, Edmund. “Islamists claim gun attack on Nairobi mall, at least 39 dead”. Reuters. http://www.reuters.com/article/2013/09/21/us-kenya-attack-idUSBRE98K03V20130921 2013年9月22日閲覧。 
  2. ^ Kenyan military frees most hostages at mall”. Raidió Teilifís Éireann (2013年2月19日). 2013年9月24日閲覧。
  3. ^ ケニア襲撃 こう着状態続く”. NHKニュース (2013年9月23日). 2013年9月24日閲覧。
  4. ^ “ケニア商業施設襲撃、武装グループは6人以下”. フランス通信社. (2013年10月7日). http://www.afpbb.com/articles/-/3000986 2013年10月18日閲覧。 

関連項目[編集]