ウフル・ケニヤッタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウフル・ケニヤッタ
Uhuru Kenyatta
Uhuru Kenyatta Official.jpg
ウフル・ケニヤッタ(2013年7月)

任期 2013年4月9日

ケニアの旗 ケニア
副首相
任期 2008年4月17日2013年4月9日
首相 ライラ・オディンガ

ケニアの旗 ケニア
財相
任期 2009年1月23日2012年1月26日
首相 ライラ・オディンガ

ケニアの旗 ケニア
貿易相
任期 2008年4月17日2009年1月23日
首相 ライラ・オディンガ

ケニアの旗 ケニア
国民議会議員
ガトンドゥ南選挙区選出
任期 2003年1月2012年12月

出生 1961年10月26日(53歳)
Flag of British East Africa.svg ケニヤ植民地ナイロビ
政党 ケニア・アフリカ民族同盟 (2000年以前)
国民連合 (2000年 – )
配偶者 マーガレット・ガクオ・ケニヤッタ (1991年 - )

ウフル・ミガイ・ケニヤッタ英語: Uhuru Muigai Kenyatta1961年10月26日 - )は、ケニアの政治家。2013年4月9日から、同国の大統領(第4代)を務める。かつては2001年から2002年まで地方行政担当相、2002年から2007年まで野党院内総務、2008年から2013年まで副首相の任にあった。2002年から、ガトゥンドゥ南選挙区から国会議員に選出されている。国家統一党の一翼をなすケニア・アフリカ民族同盟 (KANU) の議長でもあった。 2007年の大統領選挙後の暴動をめぐり、人道に対する罪などに問われ、現職の国家元首として初めて国際刑事裁判所(ICC)に出廷した。

経歴[編集]

父は1964年から1978年まで、ケニアの初代大統領だったジョモ・ケニヤッタである。キクユ人の出自が、彼の政治生命に重要な役割を果たした。ファーストネームのウフルは、スワヒリ語で「自由」を意味する。ナイロビのセント・メアリーズ・スクールで学んだ。幼少期については、彼の支援団体が公表している断片的な情報しかなく、よくわかっていない。それによると1977年、成績優秀だったウフルは当時のムワイ・キバキ財相からあるご褒美をもらった。また、10歳のウフルがセント・メアリーズ・スクールでの生活をつづった父宛ての手紙が残っている。1979年から翌年までの短期間、ケニヤ商業銀行に勤務[1]。ジミー・ワンジギやアルフィー・ゲトンガといった何人かの同級生とは、現在も親密な関係にある。

セント・メアリーズ・スクールを卒業すると、アメリカ合衆国アマースト大学に留学し、政治学を学んだ。この時期についてもわかっていないことが多く、噂や憶測が幅を利かせている。大学を修了してケニアに戻ると、農産物を流通・輸出するウィルハム・ケニヤ・リミテッド社を創業した[2]

2001年に国会議員に選ばれ、ダニエル・アラップ・モイ大統領のもとで地方行政担当相に就任した。さらに、政治経験のほとんどないままモイ大統領の後継に指名され、KANUから2002年12月の大統領選に立候補。野党のムワイ・キバキに大差で敗れた。その後、国会の野党院内総務となった。2007年12月の大統領選ではキバキの再選を支援し、翌年1月に地方行政担当相に任命された。また、4月には連立政権の一員として、副首相兼貿易相に就任した。

2009年から2012年まで、ケニヤッタは副首相を兼務のうえで財相を務めていたが、国際刑事裁判所 (ICC) から2007年の選挙後に発生した暴動に関連して、人道に対する罪で告発されたため、2012年1月26日に財相を辞職した。

2013年3月の大統領選では、第一回投票でライラ・オディンガを僅差で下し、当選した。就任演説でケニヤッタは、ヴィジョン2030を通じた経済改革、全てのケニア人の統合、母子保健の自由化を公約し、全てのケニア人のために尽くすと述べた。また、ケニアの教育水準の向上も掲げた[3][4][5]。今後、高い生活費や増え続ける国債、それに高止まりする人件費に取り組むことになる[6]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公職
新設 ケニアの副首相
2008年 – 2013年
次代:
廃止
先代:
ムワイ・キバキ
ケニアの大統領
2013年 -
現職