ナイジェリア生徒拉致事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナイジェリア生徒拉致事件
Parents of Chibok kidnapping victims.png
誘拐された生徒の親
場所 ナイジェリア ボルノ州 チボク英語版
日付 2014年4月15日
概要 250人以上の女子生徒がイスラム武装勢力により拉致
行方不明者 223
犯人 ボコ・ハラム

ナイジェリア生徒拉致事件は2014年4月の14日夜から翌15日にかけて、ボルノ州の公立中高一貫女子学校から276名の女子生徒が拉致された事件である。ナイジェリア北東部を拠点に活動する、イスラーム過激派タクフィリ英語版思想家集団からなるテロ組織ボコ・ハラムにより犯行声明が出された。

背景[編集]

反乱組織ボコ・ハラムは西洋式の非イスラム教育に反対しており、ナイジェリア政府の続ける欧化政策が彼らの引き起こすテロ行為の要因となっていた[1]。度重なるボコ・ハラムの攻撃によって今までに何千人もの死者が発生しており、2013年5月には連邦政府は反乱組織との戦闘が行われているボルノ州にて非常事態を宣言した[2]。締め付けの強化により数百名に及ぶボコ・ハラムのメンバーが逮捕あるいは殺害されるに至ったが、一方で山岳地帯へと追いやられた組織は民間人を目標とする攻撃を増やした[3]。結局のところこの掃討作戦は国内を安定させるまでには至らなかった。 マリ北部紛争に対応したフランス軍の圧迫をうけた国外のボコ・ハラムのメンバーやAQIM(イスラーム・マグリブ諸国のアル=カーイダ機構)のテロリストらがナイジェリアに流入したことも治安の維持を困難にさせる一因となっていた[4][5]

2010年よりボコ・ハラムは学校を攻撃目標とするようになり数百名もの生徒を殺害した。組織は、政府がイスラム教的な教育を妨げる限り今後も学校に対する攻撃を続けていくと発表。ボコ・ハラムの活動により一万人の子供たちが登校困難な状況に陥った[1]。またボコ・ハラムは、女性は教育を受けるべきではないという思想から少女を誘拐し、料理担当や性的奴隷として従事させていることも知られている[4]

ボコ・ハラムの攻撃は2014年から激しくなり、2月にはドロンバガ英語版イグヘ英語版の村々で100名を超えるキリスト教徒の男たちが殺害された[4]。また同月、ナイジェリア北東部で起きた連邦大学襲撃事件英語版では59名の少年が殺害された[6]。3月には組織はギワにあるナイジェリア軍兵舎を襲撃、拘束されていたボコ・ハラム兵士を解放した[4]。4月14日、アブージャの爆破テロ事件英語版が発生、少なくとも88名が死亡した。そのまさに同日、ナイジェリア生徒拉致事件は発生した[7]。ボコ・ハラムは2014年だけで4000人近くを殺害しているとされる(4月21日現在)[4]。前述のAQIM、すなわちイスラーム・マグリブ諸国のアル=カーイダ機構とアラビア半島のアルカーイダから訓練を受けたことでその活動が過激化したとみられている[8]

拉致事件の発生[編集]

破壊された学校

2014年4月14日夜から翌15日にかけて、ボコ・ハラムの民兵集団がナイジェリア、チボクにある公立の女学校を襲撃した。集団は学校に押し入り警備に当たっていた警察官数名[9]、そして兵士一人を殺害した[10]。多数の生徒がトラックに押し込められ、ボコ・ハラムの要塞化された拠点があることで知られるサンビサ森林英語版内のコンドゥガ英語版地区へと連れて行かれたものとみられている[10]。また、チボクでは事件の中で家々も焼き尽くされていた[7]。事件に先立ち、治安の悪化により学校は四週間にわたって閉鎖されていたが、物理の修了試験を受けるために複数の学校から生徒が集められていた[7][11][12]

近隣の村々から530名の生徒が後期中等教育認定試験に登録していたことが分かっているが、そのうちの何名が襲撃の時間に現場に居合わせたかははっきりしていない[13]。少女たちは16才から18才の卒業を控えた生徒だった[14]。第一報では85名の生徒が拉致被害に遭ったとされた。週末、4月19日になると軍は129名の被害者のうち100名以上が解放されたと発表したがそれは撤回され、21日になると生徒の保護者たちは234名の女生徒たちが行方不明であると発表した[4]。二回にわたり何人かの生徒のグループがテロリストからの逃亡に成功している[15]。警察によれば5月2日現在、被害者は276名、うち53名が自力で戻ってきているという[13]。 別の報告では329名の少女が誘拐され、53名が逃亡に成功し276名がいまだ行方不明であるとしている[12][16]

後にアムネスティ・インターナショナルは、ナイジェリア軍は事件発生の4時間も前に襲撃計画の情報をつかんでいながら、学校を守るに足るだけの戦力の増援に失敗したという報告をまとめている[17]。ナイジェリア軍は4時間前に襲撃計画をつかんでいたことを認めたうえで、限界を超えて広範囲に展開している軍に援軍を送る能力は無かったとしている[18]

事件後[編集]

被害生徒たちはイスラム教への改宗を強いられ[19]、そしてボコ・ハラムのメンバーとの結婚を強要されている。その際に英語版2000($12.50/£7.50)がいわゆる「ブライドプライス英語版」として取り交わされており事実上の人身売買が行われている[20] [21]。多くの生徒はチャドマリといった隣国へと連れて行かれていると見られており、生徒とともに国境を越えるボコ・ハラム兵士がサンビサ森林に住む現地住民により目撃されている[21][22]。ボコ・ハラムの隠れ家になっていると見られている森では[21] 現地住民からの目撃情報も少なくなく、ナイジェリア北東部の全域から売られていった女生徒たちの痕跡を伺うことができる[21]

5月2日、警察はいまだに正確な被害者の数が不明であると発表した。事件の際に学校の記録が失われたために正確な人数が把握できなくなっていた。そこで警察は被害者の正確な人数を把握するため保護者達に書類の提出を求めた[13]。5月4日、ナイジェリア大統領グッドラック・ジョナサンが事件後初めて公の場で事件について触れ、行方不明の少女たちを見つけるためにあらゆる手段を講じると発表した[14]。また同時に、情報の提供が不十分であると被害者の保護者たちを非難した[8]

5月5日。ボコ・ハラムのリーダー、アブバカル・シェカウ英語版がビデオの中で犯行声明をだした。シェカウは「アラーは彼女らを売るようにと私に命じた。私はアラーの命令を遂行する」と宣言[14]、さらには「私の信仰では奴隷制度が認められている。私は(これからも)民衆を捕まえては奴隷とするだろう」とも発言している[23]。彼はその中で、女性は学校になど行くべきではない、9才から結婚できるのだから結婚するべきだとも主張している[14][23]。件の拉致事件に続いてボコ・ハラムは再びナイジェリア東北部で12才から15才の8名の少女を誘拐[24]、後の報道では11人とされた[25]。チボクでは多くの住人がクリスチャンとして暮らしている。シェカウもビデオの中で「イスラムを受け入れていない少女たちは、――今ここにたくさん集められたわけだが、預言者ムハンマド異教徒に対して行ったことと同じように扱う英語版」と述べており、誘拐した少女たちの多くが非イスラム教徒であったことが伺える[26]

5月5日、ガンボル・ンガラ英語版の街をボコ・ハラムが襲撃英語版、少なくとも300名の住民が殺害された。ナイジェリア保安部隊が拉致被害生徒の捜索のために街を離れた直後のことだった[27]

5月9日ボコ・ハラムの前ネゴシエイター、シェフ・サニが、ボコ・ハラムは誘拐した女生徒たちと拘留されている組織のメンバーとの交換を望んでいると発表 [28]

5月11日ボルノ州知事カシム・シェティマ英語版は、誘拐された少女たちを確認したこと、そして(知事の確認した)彼女らは国境を越えていないという旨の報告をした [29]

5月12日、人質交換交渉の中でボコ・ハラムは130名の誘拐された少女たちの映るビデオを公開した。ビデオの中で少女たちはヒジャブチャードルに身を包んでいた [30] [31]

被害少女たちの安全を考え、ジャーナリストを仲介とした人質交換交渉がナイジェリア刑務所で行われた。しかし大統領グッドラック・ジョナサンはアメリカイスラエルフランスイギリスの外相らとパリで会談、その中でテロリストと取引をするべきではないこと、そして軍事作戦の必要性について合意がなされ、2014年5月14日、人質交換交渉は最終局面で頓挫した [32]

2014年5月26日。ナイジェリア軍のトップ英語版は被害生徒たちの所在を突き止めたが、想定される被害の大きさから強行な救出作戦は断念したと発表した[33]

5月30日、ナイジェリア東北地方バール(Baale)地区の民兵が強姦され半死状態で木につるされている二人の誘拐被害少女を発見した[34][35]。近隣の村の住人は、ボコ・ハラムのグループは2人を置き去りにし従順でない他の4人の少女は殺害し埋めたと証言している。223名がいまだ行方不明となっている[35]

10月17日、ナイジェリア政府は、ボコ・ハラムとの間で女子生徒の解放について合意に達したと発表したが、翌11月、ボコ・ハラムの指導者アブバカル・シェカウは、ビデオレターの中で合意は事実ではないとし、既に女子生徒はイスラム教に改宗した上で結婚させたと説明している[36]

脚注[編集]

  1. ^ a b McElroy, Damien (2013年7月6日). “Extremist attack in Nigeria kills 42 at boarding school”. The Daily Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/africaandindianocean/nigeria/10163942/Extremist-attack-in-Nigeria-kills-42-at-boarding-school.html 2013年10月3日閲覧。 
  2. ^ “Nigeria school attack claims 42 lives”. The Australian. Agence France-Presse. (2013年7月6日). http://www.theaustralian.com.au/news/world/nigeria-school-attack-claims-42-lives/story-e6frg6so-1226675417375 2013年10月3日閲覧。 
  3. ^ Adamu, Adamu; Faul, Michelle (2013年6月6日). “School attack kills 30 in northeast Nigeria”. Newsday. Associated Press. http://www.newsday.com/news/30-killed-in-school-attack-in-nigeria-1.5638194 2013年10月3日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f Dorell, Oren (2014年4月21日). “Terrorists kidnap more than 200 Nigerian girls”. USA Today. http://www.usatoday.com/story/news/world/2014/04/21/parents-234-girls-kidnapped-from-nigeria-school/7958307/ 2014年4月23日閲覧。 
  5. ^ Aronson, Samuel (2014年4月28日). “AQIM and Boko Haram Threats to Western Interests in the Africa’s Sahel”. Combating Terrorism Center Sentinel (CTC), West Point. https://www.ctc.usma.edu/posts/aqims-threat-to-western-interests-in-the-sahel 
  6. ^ “Boko Haram kills 59 children at Nigerian boarding school”. The Guardian. (2014年2月25日). オリジナル2014年2月26日時点によるアーカイブ。. http://wayback.archive.org/web/20140226141016/http://www.theguardian.com/world/2014/feb/25/boko-haram-kills-children-boarding-school 2014年3月6日閲覧。 
  7. ^ a b c Perkins, Anne (2014年4月23日). “200 girls are missing in Nigeria – so why doesn't anybody care?”. The Guardian. http://www.theguardian.com/commentisfree/2014/apr/23/200-girls-missing-nigeria-care-sewol-tragedy 2014年4月23日閲覧。 
  8. ^ a b Abubakar, Aminu; Levs, Josh (2014年5月5日). “'I will sell them,' Boko Haram leader says of kidnapped Nigerian girls”. CNN. http://www.cnn.com/2014/05/05/world/africa/nigeria-abducted-girls/ 2014年5月5日閲覧。 
  9. ^ “88 Nigerian schoolgirls abducted by Islamic extremists still missing”. The Guardian. Associated Press. (2014年4月19日). http://www.theguardian.com/world/2014/apr/19/88-nigerian-schoolgirls-abducted-by-islamic-extremists-still-missing 2014年4月23日閲覧。 
  10. ^ a b Maclean, Ruth (17 April 2014) Nigerian schoolgirls still missing after military ‘fabricated’ rescue The Times, (may need a subscription to view online), Retrieved 10 May 2014
  11. ^ “230 schoolgirls still missing after Boko Haram raid”. Times Live. (2014年4月22日). http://www.timeslive.co.za/africa/2014/04/22/230-schoolgirls-still-missing-after-boko-haram-raid 2014年4月27日閲覧。 
  12. ^ a b “Authorities – 276 Kidnapped Girls Still Missing in Nigeria”. VOA (Nigeria: All Africa). (2014年5月2日). http://allafrica.com/stories/201405021859.html 2014年5月2日閲覧。 
  13. ^ a b c “Nigerian Police Begin Documentation of Kidnapped Girls”. Premium Times (All Africa). (2014年5月2日). http://allafrica.com/stories/201405021865.html 2014年5月2日閲覧。 
  14. ^ a b c d Boko Haram admits abducting Nigeria girls from Chibok”. BBC News (2014年5月5日). 2014年5月5日閲覧。
  15. ^ “Chibok abductions in Nigeria: 'More than 230 seized'”. BBC News. (2014年4月21日). http://www.bbc.com/news/world-africa-27101714 2014年4月26日閲覧。 
  16. ^ Maclean, Ruth (3 May 2014 Nigerian school says 329 girl pupils missing The Times, (may need a subscription), Retrieved 10 May 2014
  17. ^ Nigeria abductions: Warnings of school raid 'ignored'”. BBC News Online (2014年5月9日). 2014年5月9日閲覧。
  18. ^ ABC News: "Nigeria Had 4-Hour Warning on School Raid, Amnesty International Says" By HAMISH MACDONALD and BOLA OMISORE 9 May 2014
  19. ^ Howard LaFranchi (2014年5月5日). “What role for US in efforts to rescue Nigeria's kidnapped girls? (+video)”. CSMonitor. http://www.csmonitor.com/USA/Foreign-Policy/2014/0505/What-role-for-US-in-efforts-to-rescue-Nigeria-s-kidnapped-girls-video 2014年5月9日閲覧。 
  20. ^ “Boko Haram kidnapped the 230 school girls as wives for its insurgents”. The Rainbow. (2014年4月29日). http://therainbow.com.ng/tabloid/boko-haram-kidnapped-the-230-school-girls-as-wives-for-its-insurgents/ 2014年5月6日閲覧。 
  21. ^ a b c d Heaton, Laura (2014年4月30日). “Nigeria: kidnapped schoolgirls 'sold as wives to Islamist fighters'”. The Daily Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/africaandindianocean/nigeria/10797454/Nigeria-kidnapped-schoolgirls-sold-as-wives-to-Islamist-fighters.html 2014年5月2日閲覧。 
  22. ^ Hassan, Turaki A; Sule, Ibrahim Kabiru; Mutum, Ronald (2014年4月29日). “Abducted girls moved abroad”. Daily Trust. http://dailytrust.info/index.php/top-stories/22791-abducted-girls-moved-abroad 2014年5月6日閲覧。 
  23. ^ a b Lister, Tim (2014年5月6日). “Boko Haram: The essence of terror”. CNN. http://www.cnn.com/2014/05/06/world/africa/nigeria-boko-haram-analysis/ 2014年5月13日閲覧。 
  24. ^ “Boko Haram kidnaps more girls in Nigeria”, ABC (AU), (6 May 2014), http://www.abc.net.au/news/2014-05-06/an-boko-haram-kidnap-more-girls-in-nigeria/5435050 
  25. ^ Boko Haram kidnaps more children, kills villagers in Nigeria. Sabrina Ford, Laura Italiano and Post Wires; New York Post, 11 May 2014 | 1:35am.
  26. ^ New York Times: "Nigerian Girls Seen in Video From Militants" By ADAM NOSSITERMAY 12 May 2014
  27. ^ Boko Haram Attack Kills Hundreds In Border Town”. The Huffington Post. 2014年5月7日閲覧。
  28. ^ Boko Haram wants to swap 300 kidnapped girls for jailed members”. IANS. news.biharprabha.com. 2014年5月10日閲覧。
  29. ^ Nigerian governor says he sighted 200 abducted girls”. IANS. news.biharprabha.com. 2014年5月12日閲覧。
  30. ^ New Video by Boko Haram shows 130 Kidnapped Nigerian girls”. IANS. news.biharprabha.com. 2014年5月12日閲覧。
  31. ^ Daily Mail: "Paraded by a blood-crazed fanatic, the terrified schoolgirl captives: Boko Haram release chilling videos of missing Nigerian girls as they reveal they have all been forced to convert to Islam" by Ted Thornhill and Jack Doyle and Jason Groves and Andrew Malone 12 May 2014
  32. ^ “Nigerian government 'called off deal' to free kidnapped girls”. Nigeria Sun. http://www.nigeriasun.com/index.php/sid/222347979/scat/8db1f72cde37faf3/ht/Nigerian-government-called-off-deal-to-free-kidnapped-girls 2014年5月27日閲覧。 
  33. ^ “Nigeria army 'knows where Boko Haram are holding girls'”. BBC. (2014年5月26日). http://www.bbc.com/news/world-africa-27582873 2014年5月27日閲覧。 
  34. ^ #BringBackOurGirls: Two Chibok Girls Raped And Left To Die In Sambisa Forest By Boko Haram. The Paradigm; 19 May 2014.
  35. ^ a b Grill, Bartholomaus and Selander, Toby (30 May 2014) The Devil in Nigeria: Boko Haram's Reign of Terror Der Spiegel English edition, Retrieved 1 June 2014
  36. ^ “ボコ・ハラム、「女子生徒は全員結婚した」 政府との停戦も否定”. AFPBBNews (フランス通信社). (2014年11月2日). http://www.afpbb.com/articles/-/3030622 2014年11月2日閲覧。 

外部リンク[編集]