アーチーズ国立公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーチーズ国立公園
IUCNカテゴリII(国立公園
アーチーズ国立公園の位置を示した地図
地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ユタ州グランド郡
最寄り ユタ州モアブ
座標 北緯38度41分0秒 西経109度34分0秒 / 北緯38.68333度 西経109.56667度 / 38.68333; -109.56667座標: 北緯38度41分0秒 西経109度34分0秒 / 北緯38.68333度 西経109.56667度 / 38.68333; -109.56667
面積 76,358.98エーカー (30,901.38 ha)
(連邦政府管理区域: 76,193.01 エーカー/30,834.22 ha)
創立日 アメリカ合衆国ナショナル・モニュメントに指定された1929年4月12日 (1929-04-12)
訪問者数 860,181(2007年)
運営組織 アメリカ合衆国国立公園局

アーチーズ国立公園Arches National Park)は、米国国立公園で、類を見ない様々な地形に加え、世界的に有名なデリケート・アーチ(Delicate Arch)を含む、2,000を超える自然にできた砂岩のアーチを保護している。

公園は、ユタ州モアブの近くに位置し、面積は309 km²(119 平方マイル)である。 標高が最も高いのは、エレファント・ビュート(Elephant Butte)の1,723 m(5,653 フィート)、最も低いのはビジター・センターの1,245 m(4,085 フィート)である。 1970年以降、42のアーチが浸食のために倒れた。 アーチーズ国立公園の年間平均降雨量は、250 mm(10 インチ)である。

国立公園局によって管理されており、元々は1929年4月12日国定公園として指定された。 1971年11月12日国立公園に変更された。 2004年には730,000人超の人が公園を訪れた(2006年には833,049人が訪れた)。

公園の目玉[編集]

ノース・ウィンドウ・アーチとサウス・ウインドウ・アーチ

有名なものは次のとおり。

ダブルアーチ
  • デリケート・アーチ: 孤立したアーチで、ユタ州のシンボルになっている。
  • バランス・ロック(Balanced Rock): バランスをとっている巨大な岩、スクール・バス3台分の大きさがある。
  • ダブル・アーチ(Double Arch): 一方が他方の上に乗った2つのアーチ
  • ランドスケープ・アーチ(Landscape Arch): 非常に薄く、100 m(300 フィート)を超える長いアーチで公園内最大。
  • ファイアリー・ファーネス(Fiery Furnace): 迷路のような狭い通路と高い岩の柱の地域(聖書の引用、燃え盛る炉参照)
  • デビルズ・ガーデン(悪魔の庭): 尾根沿いに散らばる多くのアーチと柱
  • ダーク・エンジェル(暗黒天使): デビルズ・ガーデン歩道の端にある、ぽつんと立っている黒い石柱
  • コートハウス・タワーズ(Courthouse Towers): 高い石柱群
  • ペトリファイド砂丘(Petrified dunes): この地域を覆っていた古代の湖から吹き飛ばされた砂丘の石化した名残
コートハウス・タワーズ地域の大きな薄い板

地質[編集]

デリケート・アーチ、公園内で最も有名なアーチの1つ
モアブ断層

公園は地下の岩塩層の上にあり、この岩塩層が、この地域における、アーチと尖塔、バランス岩、砂岩の薄い板、浸食された一枚岩の形成の主たる原因である。所々で数千フィートの厚さに達するこの岩塩層は、海水がこの地域に流れ込み、結局蒸発したおよそ3億年前にコロラド高原に堆積した。 数百万年にわたり、岩塩層は、洪水、風、間をおいて流れ込んだ大洋からの砕屑物で覆われた。 多くの堆積物が加圧され、岩となった。 あるときには、この重なり合った地面は厚さ1マイルに達した可能性がある。

加圧された塩は不安定であり、アーチの下の岩塩層は、この厚い岩のふたの重みに太刀打ちできなかった。 そのような圧力の下で、岩塩層は、移動し、曲がり、液化し、自身を再配置し、結果として地層を上方に突き破り、岩塩ドームを形成した。 全体が空洞に崩れ落ちた。 所々でほとんどぎりぎりまで折れ曲がった。 断層が出現した。 そのような2,500 フィートの移動の一つの結果、すなわちモアブ断層(Moab Fault)が、ビジター・センターから見られる。

この岩塩の表面下の動きが地表を形成し、地表の浸食が新しい岩石層をはがした。 孤立した残滓を除き、今日公園内に見られる主要な地層は、ほとんどのアーチを形作っているサーモン色のエントラーダ砂岩層(Entrada Sandstone)と鈍黄色のナバホ砂岩層(Navajo Sandstone)である。 これらの層は公園のいたるところでケーキのように層になって見られる。 長い期間をかけて、水が表面の割れ目、節理、これらの層の褶曲部に浸透した。 氷が裂罅の中で形成され、大きくなり、周囲の岩に圧力を加え、粉々にした。 その後風が緩んだ欠片をきれいに吹き飛ばした。 一連の独立して立つ薄い板が残った。 風と水が、場合によっては、接合物が崩れ、岩の塊が転がり出るまで、これらの薄い板を襲った。 多くの薄い板が倒れた。 ちょうど良い硬度とバランスをもつ他の薄い板が、一部分を失いながらも生き残った。 これらが有名なアーチとなった。

ファイアリー・ファーネスの砂岩の薄板のパノラマ写真

歴史[編集]

アーチーズ国立公園のパーク・アベニュー

10,000年前の最後の氷河期以降、人類がこの地に居住した。 フレモント族古代プエブロ族(Ancient Pueblo People)が、およそ700 年前まで住んでいた。 1775年、スペインの宣教師達が初めてやってきた時、この地でウテ族とパイユート族に遭遇した。この地に入植しようと試みた最初の欧米人は、1855年モルモン教エルク・マウンテン伝道団(Elk Mountain Mission)だったが、すぐにこの地を放棄した。 その後、1880年代に、牧場主、農民、探鉱者がモアブに隣接する谷に入植した。 周囲の岩が織り成す地形が美しいという噂が、観光地となる可能性があるとして入植地を越えて広がった。

アーチーズ地域は、デンバー・アンド・リオグランデ・ウェスタン鉄道(Denver and Rio Grande Western Railroad)の乗客輸送部長、フランク・A・ウォドレー(Frank A. Wadleigh)によって初めて国立公園局の注意を引いた。 ウォドレーは、鉄道写真家、ジョージ・L・ビーム(George L. Beam)と共に、1923年9月、ソルト・バレー(Salt Valley)に住むハンガリー出身の探鉱者、アレクサンダー・リングホッファー(Alexander Ringhoffer)の招待でこの地を訪れた。 リングホッファーは鉄道会社へ手紙を書き、彼が前年に2人の息子と義理の息子と共に発見した景勝地の観光地としての可能性に関心を持ってもらおうとした。彼は、その地を「デビルズ・ガーデン」(今日では「クロンダイク絶壁」("Klondike Bluffs")として知られる)と呼んだ。 ウォドレーは、リングホッファーに見せられたものに感銘を受け、国立公園局長ステファン・T・マーサー(Stephen T. Mather)に国定公園にすることを提案した。

翌年、国定公園にするという考えは、近くのラ・サル山脈(La Sal mountains)の地質を研究していたミシガン大学大学院生ローレンス・M・グールド(Laurence M. Gould)からもさらなる支持を受けた。グールドは、退職した地元の医師J・W・「ドク」・ウィリアムズ(J.W. "Doc" Williams)にその美しい地を案内されたのである。

ランドスケープ・アーチ

政府の調査官が地域についての研究を続けたのは、一部は、正確な場所に関する混乱によるものであった。 いつの間にか「デビルズ・ガーデン」の名は、ソルト・バレーの反対側の場所に置き換えられ、リングホッファーの元々の発見は削除された。一方で、地元では「ウインドウズ」("The Windows")として知られていた近くの別の場所が含まれていた。 1926年から国立公園局はこの地を国定公園に指定することに賛成していたが、カルビン・クーリッジ大統領の内務省長官は反対した。 結局、1929年4月、就任後間もなく、ハーバート・フーヴァー大統領は、比較的小さなつながっていない2つの地区からなるアーチーズ国定公園を設立する大統領布告に署名した。 1906年の 遺跡保存法(Antiquities Act)の下で制約を設ける目的は、科学及び教育的価値のため、アーチ、尖塔、バランス岩、その他の砂岩の地形の保護であった。 「アーチーズ」という名は、1925年にウインドウズ地区を訪れた、国立公園局の南西部のナショナル・モニュメントの最高責任者フランク・ピンケリー(Frank Pinkely)によって提案された。

バランス・ロック

1938年後半、フランクリン・ルーズベルト大統領は、さらに景色の良い地形を保護し、観光産業を発展させるための設備開発を認めるため、アーチーズ国定公園を拡張する布告に署名した。 1960年ドワイト・アイゼンハワー大統領は、新しい道路の路線を設定の便宜を図るため、若干の調整を行った。

1969年前半、退任する直前、リンドン・ジョンソン大統領は、アーチーズ国定公園を大きく拡張する布告を行った。 2年後、リチャード・ニクソン大統領は、アーチーズの面積を大きく減らすが、国立公園に変更するという議会で成立した法案に署名した。

レクリエーション活動[編集]

公園内で名前のあるアーチに登ることは長い間公園の規則により禁止されてきた。 しかし、2006年5月6日、ディーン・ポッター(Dean Potter)が、デリケート・アーチのフリークライミングに成功したことを受け、規則の文言は、公園弁護士によって法的拘束力のないものと考えられた。 それに応じて、2006年5月9日、公園側は、規則を以下のとおり改正した。

米国地質調査所によるアーチーズ国立公園の7.5 分地図上に名前のあるすべてのアーチ又は天然の橋におけるあらゆるロック・クライミング又は同種の行動は禁止する。」 ("All rock climbing or similar activities on any arch or natural bridge named on the United States Geological Survey 7.5 minute topographical maps covering Arches National Park are prohibited.")[1]

公園内のその他のものに登ることは認められているが、規制されている。 改正された規則は、また、公園全域でスラックライン(slacklining)を禁止している。 認められたレクリエーション活動には、ドライブ、トレッキング、サイクリング、キャンプ、ハイキングがあり、そのうちいくつかは許可が必要である。 ガイド付きツアーとレンジャーのプログラムがある。

広報[編集]

米国の作家エドワード・アビー(Edward Abbey)は、彼の本「砂の楽園」(Desert Solitaire)となった日記をつけていたとき、アーチーズ国定公園の公園保護官であった。 冒険旅行の流行と相俟って、この本の成功は、多くのハイカーマウンテンバイクオフロードのフアンをこの地域に惹きつけた。しかし、公園の境界線内での活動は、キャンプ、(定められた歩道沿いの)徒歩でのハイキング、標識のある道路のみでのドライブに制限されている。

映画「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」の冒頭の場面は、この公園で撮影された。

生物学[編集]

アーチーズ国立公園には多くの野生動物が棲んでいる。 リストには次の動物が含まれる。スキアシガエル(Spadefoot Toad)、アメリカカケスハヤブサ、多種のスズメアカギツネサバク・オオツノヒツジ(Desert Bighorn Sheep)、カンガルー・ネズミ(Kangaroo rat)、ミュールジカ(Mule Deer)、ピューマミジェット・フェイディッド・ガラガラヘビ(Midget-Faded Rattlesnake)、ホソヒゲマガリガ(Yucca Moth)、多種の藍藻プレーリー・ガラガラヘビセイブクビワトカゲ(Western Collard Lizard)。

セイブクビワトカゲ

植物もまた公園の風景を支配している。 リストには次の植物が含まれる。オプンティアインディアン・ライスグラス(Indian RiceGrass)、オオアワガエリ(Bunch Grass)、ウマノチャヒキ(Cheatgrass)、地衣類蘚類苔類ユタ・ジュニパー(Utah Juniper)、エフェドラ・ゲラルディアナ(Morman Tea)、ブラックブラシ (Blackbrush、クリフローズ(Cliffrose)、フォーウィングド・ソルトブラシ(Four-winged Saltbrush)、ピニョンマツ(Pinyon pine)、ヒメノキシス・アコウリス(Stemless woollybase)、マツヨイグサアブロニア(sand verbena)、ユッカケチョウセンアサガオ(Sacred Datura)[2]

参考文献[編集]

  1. ^ Lisa J. Church, Salt Lake Tribune. “Park tweaks rules after Delicate Arch climb”. 2006年5月10日閲覧。
  2. ^ Arches National Park Brochures” (English). National Park Service. 2007年8月6日閲覧。

外部リンク[編集]