アメリカン・サモア国立公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカン・サモア国立公園の位置

アメリカン・サモア国立公園(あめりかんさもあこくりつこうえん、National Park of American Samoa)は、アメリカ領サモアにある米国の国立公園で、3つの島々に分かれている。すなわち、トゥトゥイラ島 (ツツイラ島、Tutuila)、オフ島 (Ofu)、タウ島 (Ta‘ū) である。1988年、米国議会によって設立され、1993年9月9日国立公園局は、サモアの村議会からすべての公園の土地を50年間リースする契約を締結した。公園には珊瑚礁熱帯雨林がある。公園の本来の目的はサモア独特の自然の保護にあるが、ハイキング、シュノーケリングスキューバ・ダイビングで人気がある。公園の全面積 36 km² (9000 エーカー) のうち、10 km² (2500 エーカー) は水域である。2006年の来園者数は、1,239人である。

バティア湾沖にあるツツイラ島のアメリカン・サモア国立公園のポラ・タイ(コックの櫛)

ツツイラ島地区は、アメリカ領サモアの本島(最大の島)、ツツイラ島にあり、車で行くことができる。2つの簡単に行く方法がある。 1) パゴパゴ村からファガサ (Fagasa) へ尾根の頂点 (ファガサ峠 (Fagasa Pass))に続く舗装路へのドライブ。ファガサ峠には、小さな駐車場とパゴ・パゴの上方の尾根沿いにアラヴァ山 (Alava Mountain) に至る道の起点を示す国立公園局のサインがある。 2) 公園の東側は、オア (Aua) の村からアフォノ (Afono) へと、パゴ・パゴ港 (Pago Pago Harbor) の北側の上方の尾根を越えて行くことができる。アフォノから西に向かう舗装路沿いに続き、アフォノ湾上方の尾根にある公園の境界に入っていく。道路は公園内を通り、ヴァティア (Vatia) の村まで続いている。ヴァティアの最西端の学校を越えたところに、国立公園局のポラ・タイ (Pola Tai) に向かって道を伸ばす標識がある。

オフ島地区へは、ツツイラ島の空港からオフ島まで小型飛行機で行く必要がある。オフ島では、空港とアサガ (Asaga)で宿泊することができる。

タウ島地区へは、ツツイラ島からタウ島のフィティウタ (Fiti‘uta)までの飛行が必要になる。タウ島でも宿泊は可能である。大多数の人は、オフ島とタウ島地区ではなく、ツツイラ島地区を訪れる。いずれの地区でも、サモア諸島の様々な自然を観察する機会が、水面上でも水面下でも、たっぷりある。

参照[編集]

外部リンク[編集]