ビスケーン国立公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
公園の位置
衛星写真上に示された公園の境界線

ビスケーン国立公園(ビスケーンこくりつこうえん、Biscayne National Park)は、アメリカ合衆国フロリダ州南部、ホームステッドの真東に位置する国立公園である。公園はビスケーン湾(Biscayne Bay)を保護しており、ここは米国屈指のスキューバ・ダイビングスポットである。公園の95%は水域である。加えて、湾岸には広大なマングローブ林が広がっている。公園の広さは、207 平方マイル (700 平方キロメートル)である。公園を訪れる人は、年間608,836人(2006年)にのぼる。

公園内最大の島エリオット・キー(Elliott Key)は、サンゴ礁から形成された真のフロリダ・キーズ(フロリダ礁島群)の最初のものと考えられている。公園内のずっと北の島々は、サンゴと砂から島になる過渡期にある。

歴史[編集]

1968年10月18日ビスケーン国定史跡(Biscayne National Monument)として設立され、1980年6月28日に国立公園となった。

アトラクション[編集]

主なアトラクションは、湾内のサンゴ礁でのスキューバ・ダイビングシュノーケリングである。グラスボートツアーに参加したり、カヤックを借りて湾と島々(フロリダ・キーズ)を見て回ることもできる。歴史的価値のあるスティルツヴィル(Stiltsville)の家に入ることは、現在一般の訪問者には禁じられているが、建物はボートから見ることができる。

ギャラリー[編集]

公園のほとんどは水域である


外部リンク[編集]