ザイオン国立公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
地図
ザイオン渓谷

ザイオン国立公園ザイオンこくりつこうえんZion National Park)は、アメリカ南西部にある国立公園である。

ユタ州に位置し、南はスプリングデール、東はマウント・カーメル・ジャンクションに接している。229平方マイル(593平方キロメートル)のこの公園の際立った特徴は、長さ15マイル(24km)、深さ0.5マイル(800m)のザイオン渓谷で、ノース・フォーク・ヴァージン川によって赤く日に焼けたナバホ・サンドストーン(砂岩)が侵食されたものである。

ザイオン渓谷までの道は6マイルであるが、ザイオン・ナロウズは、テンプル・オブ・シナワヴァの先に続いている。テンプル・オブ・シナワヴァは、ザイオン・ナロウズ・トレイルの出発点である東ザイオンに続く道の端にある。 ザイオン・キャニオン道路は4月前半から10月後半までの間シャトルバスでしか通行できないが、ザイオンの主要部、ザイオン・マウントカーメル・ハイウェイは1年中自家用車で通行可能である。

ザイオン・マウントカーメル・ハイウェイは南口から東口に延びている。公園東側の有名な目玉には、チェッカーボード・メサとイースト・テンプルがある。コロブ側には世界最長のアーチ、コロブ・アーチがある。 ザイオンとコロブ渓谷地域には、ほぼ中生代にあたる1億5000万年間の堆積を示す9つの地層が含まれる。その地域は、当時、暖かく浅い海、小川、池、湖、広大な砂漠、岸に近い乾燥した環境に覆われていたが、コロラド高原を生み出した隆起により1300万年前から10,000フィート(3000メートル)持ち上げられた。

人類がこの地域に住み始めたのは、約8000年前、アメリカ原住民族の少数の家族が最初である。半遊牧のバスケット作りのアナサジ族(西暦300年)はこれらの一族から分かれた。アナサジ族の定住が進むにつれ、ヴァージン・アナサジ文化(西暦500年)が発展した。別のグループ、パロワンのフレモント族もこの地域に住んでいた。両グループは1300年までになぜかはわからないが姿を消し、パルシッツ族などの南パイユート族の支族に取って代わられた。 渓谷は1858年にモルモン教徒によって発見され、1860年代初めにはモルモン教徒が定住した。1909年にムクンツィープ・ナショナル・モニュメントが渓谷を守るために建設された。1919年までに拡大されザイオン国立公園となった。(ザイオンは古代ヘブライ語で避難所又は聖域を意味する「シオン」の英語読みである。)コロブ地区は1937年に別のザイオン・ナショナル・モニュメントとされたが、1956年にザイオン国立公園に統合された。

コロラド高原、グレートベイスンモハーヴェ砂漠が接する地域に位置するという、ユニークな地理的特徴とライフ・ゾーンの豊かさが並外れた動植物の多様性をもたらしている。 289種の鳥類、75種の哺乳類(19種のコウモリを含む)、32種の爬虫類、多種類の植物が公園の4つのライフ・ゾーン、すなわち 砂漠、水辺、ウッドランド(乾生疎開林)、針葉樹林(乾生常緑高木林)に生息している。 著名な大型動物は、再導入されたカリフォルニアコンドルビッグホーンのほかに、ピューマミュールジカイヌワシを含む。良く見られる植物にはハコヤナギサボテンセイヨウネズマツトネリコバノカエデヤマヨモギ、種々のヤナギがある。

外部リンク[編集]