ネズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネズ
盆栽に仕立てたネズミサシ
盆栽に仕立てたネズ
保全状況評価[1]
LOWER RISK - Least Concern
(IUCN Red List Ver.2.3 (1994))
Status iucn2.3 LC.svg
分類
: 植物界 Plantae
: 裸子植物門 Pinophyta
: マツ綱 Pinopsida
: マツ目 Pinales
: ヒノキ科 Cupressaceae
: ビャクシン属 Juniperus
: ネズ J. rigida
学名
Juniperus rigida
Sieb. et Zucc. (1844)
和名
ネズ(杜松)、ネズミサシ、ムロ、モロノキ
英名
temple juniper、needle juniper

ネズ(杜松、学名: Juniperus rigida)は、ヒノキ科ビャクシン属に属する針葉樹。別名はネズミサシ[2]ムロモロノキ

和名はネズの硬い針葉をネズミ除けに使っていたこと[3]から、ネズミを刺すという意でネズミサシとなり、それが縮まったことに由来する。

分布[編集]

日本では東北以南の日当たりの良い丘陵地帯や花崗岩地に自生している。

特徴[編集]

ネズなどビャクシン属の雌の花序は、受粉後に多くの針葉樹と同様に球果となるが、通常の針葉樹のように乾燥した松ぼっくり状に熟すのではなく、受粉の1-2年後の10月頃に黒紫色漿果状の肉質に熟し、果実食のに食われて内部の種子が散布される。

自生のネズ 
果実 

利用[編集]

庭木生垣として利用され、盆栽では音読みのトショウの名で親しまれている。

球果は杜松子(トショウシ)と呼ばれ、中国では古くから漢方生薬として利用されている。

保全状況評価[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Conifer Specialist Group 1998. Juniperus rigida. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4.
  2. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)”. 2011年7月4日閲覧。
  3. ^ 家屋などでネズミの出入りしやすい穴にネズの枝葉を詰めてやると、鋭い葉を痛がってネズミが通らなくなる。

参考文献[編集]

  • 茂木透写真 『樹に咲く花 合弁花・単子葉・裸子植物』 高橋秀男・勝山輝男監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2003年、改訂第3版、644-645頁。ISBN 4-635-07005-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]