ヴァージン諸島国立公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァージン諸島国立公園の位置
Virgin islands sm02.png

ヴァージン諸島国立公園(ヴァージンしょとうこくりつこうえん、Virgin Islands National Park)は、米国国立公園

概要[編集]

米国領ヴァージン諸島の1つセント・ジョン島 (Saint John) のおよそ60%を占める。スキューバ・ダイビングとシュノーケリングで有名で、熱帯雨林を通る長いハイキング道がある。公園の面積は59 km2(14,689 エーカー)である。ローレンス・ロックフェラーはこの地を訪れ、信じられないほど美しいと考えた。ロックフェラーは、この地を購入し、連邦政府に寄付し、1956年8月2日に米国で29番目の国立公園になった。

センターライン・ロード (Centerline Road) 展望台から北方を望む

セント・トーマス島のレッド・フック (Red Hook) とシャーロット・アマリー (Charlotte Amalie) からフェリーが、公園の近くのセント・ジョン島のクルーズ湾 (Cruz Bay) に停まる。フェリー港から歩いてすぐのところにビジター・センターがある。年間の訪問者数は700,000人から800,000人前後である(2006年は、677,289人)。

ヴァージン諸島国立公園のもっとも有名なアトラクションの1つはトランク湾 (Trunk Bay) で、白い砂浜と海中のシュノーケリング用通路がある。

相応の準備があれば、シュガー・プランテーションの廃墟が散在するシナモン湾自然歩道 (Cinnamon Bay Nature Trail) とボルドー山歩道 (Bourdeaux Mountain Trail) を横断することができる。ボルドー山歩道は、海抜389 m(1,277 フィート)のボルドー山という島の最高地点に続き、そこからの風景は「天国から見るに違いない風景」と表現するのが最も適切である。しかし、最も人気のあるハイキングコースは、リーフ湾歩道 (Reef Bay Trail) である。この道では、周囲の森林の美、砂糖工場の名残、歴史的な価値のある岩面彫刻、湧水滝と澄んだ水を見ることができ、休んでリラックスすることもできれば、ジェンティ湾 (Genti Bay) でシュノーケリングすることもできる。

来園者は公園の近くだが、公園外のセント・ジョン島に宿泊することができる。あるいは公園内のキャンプ場に宿泊することもできる。キャンプ場は、シナモン湾 (Cinnamon Bay) にあり、様々な癒しを与えてくれる。

また、ヴァージン諸島国立公園は、2、3のセント・トーマス島の孤立した場所だけでなく、シャーロット・アマリー港の沖合のハッセル島も含んでいる。

公園の目玉[編集]

公園の主な目玉は、サンゴ礁と海で、ほとんど完全に公園を取り囲んでいる。新しいサンゴ種が古いものにとってかわりつつあるため、サンゴ礁は急速に変わりつつある。例えば、2006年エルクホーンとスラッグホーンサンゴがヴァージン諸島に導入された。もうひとつの重要な目玉は熱帯雨林である。熱帯雨林には、公園のほとんどの動植物がいる。動植物がヴァージン諸島国立公園が有名な理由で、140種の鳥類、302種の魚類、7種の両生類、22種の哺乳類、740種の植物が生息する[1]。コウモリが島固有の唯一の哺乳類である。野生のロバとカニがそれ以外に良く見られる動物である。

気候[編集]

公園の気候は亜熱帯である。年間降水量は 1,397 mm(55 インチ)。冬季は、11から21ノットの貿易風が吹く。平均気温は 26.1℃(79°F)。植物の優先種は乾燥熱帯森林植物である。

観光シーズン[編集]

公園を訪れるのにもっとも適しているのは12月から4月で、この時期は天気もよく、海水温も暖かい。

ココロバ・ポイント (Cocoloba Point) から見たリーフ湾とヴァージン諸島国立公園

外部リンク[編集]