リッチ郡 (ユタ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユタ州リッチ郡
Rich County UT courthouse1.jpg
ランドルフにあるリッチ郡庁舎
リッチ郡の位置を示したユタ州の地図
郡のユタ州内の位置
ユタ州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1868年
郡名の由来 チャールズ・C・リッチ
郡庁所在地 ランドルフ
最大の都市 ガーデンシティ
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

2,813 km2 (1,086 mi2)
2,664 km2 (1,029 mi2)
150 km2 (58 mi2), 5.32%
人口
 - (2010年)
 - 密度

2,264人
標準時 山岳部標準時: -7/-6

リッチ郡: Rich County)は、アメリカ合衆国ユタ州の北部に位置するである。2010年国勢調査での人口は2,264人であり、2000年の1,961人から15.5%増加した[1]郡庁所在地ランドルフ市(人口464人[2])であり[3]、同郡で人口最大の町はガーデンシティ(人口562人[4])である。そこそこの人口がある町は5つに過ぎず、ユタ州の中でも人口が3番目に少ない郡である。1868年に設立され、郡名は末日聖徒イエス・キリスト教会の初期指導者の一人チャールズ・C・リッチに因んで名付けられた。

ベア湖とベア湖バレーの南半分が郡の北縁にある。ベア川バレーが郡東部の大半を占めている。これらバレーの標高は6,000フィート (1,800 m) に近く、残り部分はベア川山脈など山岳に覆われている。標高が高いので、冬は寒くて夏は温暖であり、人口が限られていることになる。

歴史[編集]

リッチ郡となった地域は、1811年に罠猟師のジョセフ・ミラーがベア川を発見したのが、ヨーロッパ人の最初に訪れた機会だったと考えられている。1827年、ベア湖の南岸で罠猟師の会合が行われ、これが今日まで毎年続く伝統となっている。その会合の地はベア湖州立公園の一部として保存されてもいる。郡内で最初の恒久的開拓地は1863年に設立されたラウンドバレーであり、現在のレイクタウン(1864年設立)の南西にあったが、現在はゴーストタウンになっている。郡庁所在地のランドルフは1870年に設立された。リッチ郡は1868年に設立され、現在の大きさになったのは1872年だった。

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は1,086平方マイル (2,810 km2)であり、このうち陸地は1,029平方マイル (2,670 km2)、水域は58平方マイル (150 km2)で水域率は5.32%である[5]

ベア川バレーはベア川によって造られ、郡の東中部を構成している。ランドルフとウッドラフの町がこの農業中心のバレーにある。標高が高いので、州内でも最も寒い地域である。ウッドラフでは -50°F (-46 ℃) を記録したことがあり、夏でも滅多に 90°F (32 ℃) を超えることはない。晩秋、冬および早春の雪が多く、冬季の間は根雪になる。

さらに北にはベア湖バレーの南半分があり、ベア湖を囲んでいる。この湖は湖水の透明度、湖浜および周囲を取り巻く山岳で有名である。郡西端にベア川山脈があり、ローガン・キャニオンがガーデンシティの西で開けている。ここはベア湖西岸の一風変わった観光地である。ベア湖の南岸にはレイクタウンがある。この湖の湖岸線のうち3つの部分がベア湖州立公園として保存されている。ベア川山脈の東斜面には山小屋があって、その人気が増しつつある。

ベア川バレーとベア湖バレーの双方で冬季の温度逆転現象が大きな問題になっている。この現象によって極端な低温、霧、スモッグおよび靄が発生し、2週間以上も継続することがある。

隣接する郡[編集]

国立保護地域[編集]

  • キャッシュ国立の森(部分)

交通[編集]

アメリカ国道89号線がベア川山脈からローガン・キャニオンを抜けて下り、ガーデンシティに北に曲がり、ベア湖岸に沿ってアイダホ州まで走っている。ユタ州道30号線はガーデンシティから南に、レイクタウンを通り東の山岳部を上ってワイオミング州境に至る。州道16号線はセイジクリーク・ジャンクションから南にランドルフとウッドラフを通り、その後にワイオミング州エバンストンの北西に入る。州道39号線はウッドラフから西のワサッチ山脈に入り、ハンツビルを抜けてオグデンに至る。しかしこの道路は冬季に積雪が多いために山間部で閉鎖される。南のサミット郡との郡境の直ぐ近くに州間高速道路80号線が走っているが、リッチ郡にはワイオミング州を経由して州道16号線でアクセスすることになる。

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口
1870 1,955
1880 1,263 −35.4%
1890 1,527 20.9%
1900 1,946 27.4%
1910 1,883 −3.2%
1920 1,890 0.4%
1930 1,873 −0.9%
1940 2,028 8.3%
1950 1,673 −17.5%
1960 1,685 0.7%
1970 1,615 −4.2%
1980 2,100 30.0%
1990 1,725 −17.9%
2000 1,961 13.7%
2010 2,264 15.5%
Source: US Census Bureau[1]
郡内の詳細

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 1,961人
  • 世帯数: 645 世帯
  • 家族数: 521 家族
  • 人口密度: 1人/km2(2人/mi2
  • 住居数: 2,408軒
  • 住居密度: 1軒/km2(2軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 34.6%
  • 18-24歳: 7.2%
  • 25-44歳: 22.2%
  • 45-64歳: 21.9%
  • 65歳以上: 14.1%
  • 年齢の中央値: 34歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 103.6
    • 18歳以上: 102.5

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 42.2%
  • 結婚・同居している夫婦: 74.4%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 3.7%
  • 非家族世帯: 19.1%
  • 単身世帯: 17.1%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 7.0%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 3.01人
    • 家族: 3.44人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 39,766米ドル
    • 家族: 44,783米ドル
    • 性別
      • 男性: 34,464米ドル
      • 女性: 22,396米ドル
  • 人口1人あたり収入: 16,267米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 10.2%
    • 対家族数: 6.5%
    • 18歳未満: 11.3%
    • 65歳以上: 6.3%

都市と町[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Quickfacts.census.gov - Rich County - accessed 2011-12-06.
  2. ^ American FactFinder - Randolph, Utah - accessed 2011-12-06.
  3. ^ Find a County, National Association of Counties, http://www.naco.org/Counties/Pages/FindACounty.aspx 2011年6月7日閲覧。 
  4. ^ American FactFinder - Garden City, Utah - accessed 2011-12-06.
  5. ^ Census 2000 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2011年2月13日閲覧。

座標: 北緯41度37分 西経111度14分 / 北緯41.62度 西経111.24度 / 41.62; -111.24