ウインドケーブ国立公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウインドケーブ国立公園
区分 国立公園
位置 アメリカ合衆国サウスダコタ州
近隣都市 サウスダコタ州ラピッドシティ
緯度経度 北緯43度34分、西経103度29分
面積 114 平方キロメートル
施行日 1903年1月1日
管理機関 国立公園局
IUCN分類 II(国立公園)
ボックスワーク

ウインドケーブ国立公園(―こくりつこうえん、Wind Cave National Park)は、サウスダコタ州西部のホットスプリングスの町の18km北にあるアメリカ合衆国の国立公園である。セオドア・ルーズベルト大統領によって1903年に設立されたアメリカで7番目の国立公園である。世界で初めて国立公園に指定された洞穴でもある。洞穴はボックスワークと呼ばれている薄板状の方解石脈がつくる立体構造で知られる。世界のボックスワークの約95パーセントはウインドケーブで発見されている。また洞穴は三次元の迷路になっている。2010年5月の時点で、調査された洞穴の総延長は214kmであり、これは世界第4位の長さである。

地上は大草原で、ワピチバイソンプロングホーンプレーリードッグなどが生息している。いくつかの道路が公園内を通っている。また、50kmハイキングコースがあり、ほぼ公園全体にアクセス可能である。2003年には850,000人が訪れた。

外部リンク[編集]