アンナ・ゼーガース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンナ・ゼーガース
Anna Seghers
Bundesarchiv Bild 183-P1202-317, Anna Seghers.jpg
アンナ・ゼーガース(1975年)
誕生 ネティ・ライリング
1900年11月19日
ドイツの旗 ドイツ帝国 マインツ
死没 1983年6月1日(満82歳没)
東ドイツの旗 東ドイツ ベルリン
職業 小説家
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

アンナ・ゼーガース(Anna Seghers, 1900年11月19日 - 1983年6月1日)は、ドイツ小説家である。本名はネティ・ラドヴァーニ (Netty Radványi)、旧姓ライリング (Reiling)。

経歴[編集]

前半生[編集]

マインツ古美術商イージドーア・ライリング (Isidor Reiling) と妻のヘートヴィヒ (Hedwig) の長女として出生。両親ともに宗教はユダヤ教正統派

1907年より個人塾へ通い始め、1910年に高等女学校へ進学。1920年、アビトゥーアに合格しハイデルベルク大学に進学して美術史・中国学を専攻した。1924年「レンブラントの作品中のユダヤ人とユダヤ教」Jude und Judentum im Werk Rembrandts という論文にて博士号取得。

1925年、学生時代に知り合った亡命ハンガリー人の社会学者ラースロー・ラドヴァーニ (László Radványi) と結婚してベルリンへ移った。1926年、長男ピエール (Pierre) を出産。1927年、小説『グルーベチュ』(日本語訳は同学社から刊行)を「ゼーガース」という苗字だけのペンネームにて発表。ペンネームから筆者の性別が特定できなかったため、作品を読んだ批評家からは男性作家の手によるものと推測された。「ゼーガース」というペンネームはオランダの画家ヘラクレス・セーヘルス (Hercules Segers) に由来する。

1928年、長女ルート (Ruth) を出産。同年、『聖バルバラの漁民一揆』(Aufstand der Fischer von St. Barbara, 日本語訳は集英社から刊行)を「アンナ・ゼーガース」のペンネームで発表。この作品によりクライスト賞 (Kleist-Preis) 受賞。1928年、ドイツ共産党に入党。1930年、初めてソビエト連邦を訪れた。

亡命時代[編集]

1933年、ナチスがドイツで政権を取ると、ゲシュタポに逮捕されたが、結婚してハンガリー国籍であったため、ほどなく釈放された。しかし、ゼーガースの作品はドイツ国内で禁止された。この年、ドイツを去りスイスへ、後に家族と合流しフランスへ移った。この頃、後に代表作となる『第七の十字架』(Das siebte Kreuz, 発表は1942年、日本語訳は筑摩書房から刊行)や『トランジット』(Trandit, 発表は1944年、日本語訳は中央公論社から刊行)を執筆。また、ジェルジ・ルカーチリアリズム論をめぐっての往復書簡を発表した(日本語訳はれんが書房新社から刊行)。1940年にナチスの勢力がフランスに及んでくると、さらなる亡命先を求めてパリ近郊を去りマルセイユへ移り、1941年にはメキシコへ亡命した。

帰国、東ドイツへ[編集]

ゼーガースの墓

1947年、アメリカ合衆国スウェーデンを経てドイツへ帰国。先にベルリンに戻っていたベルトルト・ブレヒト夫妻の元に身を寄せた後、西ベルリンに居を構えた。同年、ゲオルク・ビューヒナー賞を受賞。1950年、東ベルリンへ移った。1951年、ドイツ民主共和国国民賞 (Nationalpreis der DDR) を受賞。同年、中国を訪問。1952年、ドイツ民主共和国作家連盟 (Schriftstellerverbandes der DDR) の会長に就任。1955年、現在のアンナ・ゼーガース記念館のあるアパートへ移った。

1961年、ブラジルを訪問。この時の滞在を元に『渡航-ある恋の物語』(Überfahrt. Eine Liebesgeschichte, 発表は1971年)を執筆。1978年に夫のラースローが死去した後、自らも1983年6月1日に死去。芸術アカデミーにて国民葬が行われ、ラースローやブレヒトも眠るベルリン中央部の市立ドローテン墓地に葬られた。

日本語訳[編集]

  • 死んだ少女たちの遠足 Der Ausflug der toten Mädchen(1946年)講談社
  • 死者はいつまでも若い Die Toten bleiben jung(1949年)白水社
  • 決断 Die Entscheidung(1958年)三一書房
  • ほんとうの青色 Das wirkliche Blau(1967年)ワイマル友の会東海支部
  • 約束の場所 Der Treffpunkt(1971年)明星大学出版部
  • 石器時代 Steinzeit(1975年)同学社

文献[編集]

  • Frank Wagner, Ursula Emmerich, Ruth Radvanyi, ANNA SEGHERS Eine Biographie in Bildern, Aufbau Verlag, 2000. ISBN 3-351-02201-8
  • Sonja Hilzinger, ANNA SEGHERS, Rechlam, 2000. ISBN 3-15-017623-9
  • Pierre Radvanyi, Jensaits des Stroms, Erinnerungen an meine Mutter Anna Seghers, Aufbau Verlag, 2005. ISBN 3-351-02593-9