アレッサンドロ・マンゾーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
A・マンゾーニ

アレッサンドロ・フランチェスコ・トンマーゾ・アントニオ・マンゾーニ (Alessandro Francesco Tommaso Antonio Manzoni, 1785年3月7日1873年5月22日)はイタリア詩人、作家。啓蒙思想家チェーザレ・ベッカリーアの孫にあたる。

1967年から1979年まで発行された10万イタリア・リレリラの複数形)紙幣の裏面に肖像が採用されていた。

生涯[編集]

ミラノの伯爵家に生まれる。1805年に母とともにパリに赴きそこでヴォルテールと文学者クロード・フォリエルの影響を受ける。1808年に銀行家の娘エンリケッタ・ブロンデルと結婚し、ともにカトリックに改宗。この合理主義・無神論からの回心(Conversione)は、以後のマンゾーニの行動と思想を決定したといわれる。1814年からミラノに住み、1833年に妻エンリケッタに死別したが1837年にはテレーサ・ボッリという連れ子のいる女性と再婚した。1840年にマジョーレ湖畔のレーザ(Lesa)に移り著作に専念する。1848年ミラノに起こった対オーストリア蜂起市街戦には息子をバリケードにおくって励まし、イタリア各君主に対してミラノ救援を呼びかけている。1860年イタリア王国が成立したときに上院議員となる。

作品と作風[編集]

はじめは古典的な詩を作ったがやがてロマン主義に転じ、高雅な言葉でキリスト教徒としての心情を歌った詩『聖なる讃歌 Inni sacri』『La resurrezione』『Pentecoste』などを書いた。またナポレオンを悼んだ詩『五月五日 Il cinque maggio』(1821年)はゲーテによってドイツ語に翻訳された。悲劇『カルマニョーラ伯 Il Conte di Carmagnola』『アデルキ Adelchi』は部分的な美しさをもつが舞台向きではない。主著は歴史小説『婚約者 I promessi sposi』3巻(1825-26年)である(『いいなづけ―17世紀ミラーノの物語』の題名で邦訳あり) 。

1823年『ロマン主義について』を書き、新しい流派の説を詳しく展開しているが、その要旨は神話と古典への盲従を排し、修辞法則を否定し、それに対して「意図としては有益であること、主題としては真実であること、方法としてはおもしろさ」を追求するべきである、というものだった。さらにイタリア語の統一という問題について多くの論文を書いて、イタリア語の中のトスカーナ性を擁護し、名作『婚約者』によってトスカーナ語を基本とする近代イタリア標準語をいちおう完成させたといえる。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]