アラウンドビューモニター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アラウンドビューモニターの画面(エルグランド)

アラウンドビューモニターは、日産自動車のパーキングアシストシステムである。

概要[編集]

構造としては車体の4箇所(フロント、左右ドアミラー、リヤ)に設置された超広角(180度)・高解像度(130万画素)カメラから得た画像情報を画像処理用の専用LSIが毎秒30コマの超高速タイムで処理をし、車両上方から見下ろしたような感覚の映像として擬似表示することで、車と路面の駐車枠の関係をブザー音とともに確認出来る仕組みとなっている。

このシステムの採用より、死角の多いミニバンでも縦列駐車や狭地駐車のコース取りが分かりやすくなるとともに、車庫入れもより安全かつスムーズに行うことが可能となっている。

2005年に日産、Xanaviソニーで共同開発を開始し、ソニーが開発した130万画素のCMOSセンサーと超広角・高解像度レンズを搭載したカメラ、Xanaviの俯瞰画像変換技術を取り入れたコントローラが搭載されている。

改良型[編集]

スカイラインクロスオーバーで採用されるタイプには新たに「駐車ガイド機能」、「フロント/リアワイドビュー機能」、「ナビ連動フロントワイドビュー機能」が採用された。「駐車ガイド機能」は、駐車手順を画面と音声の両方で案内する機能であり、「フロント/リアワイドビュー機能」は、前後の約180度の範囲を画面に映し出す機能で、リアワイドビュー機能については、世界初の機能となった。3つ目の「ナビ連動フロントワイドビュー機能」は、前述のフロントワイドビュー機能を、事前にナビに登録した場所で自動的に表示する機能である。

なお、すでにアラウンドビューモニターを採用していたエルグランドセレナもフルモデルチェンジに伴いスカイラインクロスオーバーと同じ改良型にバージョンアップされた。

エルグランドにおいては2011年の改良時に世界初となる「移動物検知機能(Moving Object Detection、略称:MOD)」を追加。同機能は車両周囲に歩行者や買い物カートなどの移動物を検知し、モニター画面表示と音でドライバーに知らせるシステムとなっている。これにより、駐車スペースから発進する際などの安心感を高めると同時に「駐車ガイド機能」にはこれまで手動で設定していた目標駐車枠をクルマが自動で白線を認識して設定する機能を追加し、利便性を向上させた。また、トップ画面でもタイヤの切れ角や予想進路線を表示させることで、よりスムーズな駐車を可能としている。

コンパクトカーでは、2012年9月にフルモデルチェンジするノートの最上位グレード・メダリストに初めて搭載される(X系グレードもメーカーオプションで設定)。ベース車がオーディオレス車であるため、自動防眩ルームミラーの中に内蔵されたモニタに映し出すタイプ(ディーラーオプションナビ一部機種のモニターに映し出すことも可能)になっている。ただし、エルグランドに搭載されている「移動物検知機能」等の一部機能が省略されている。

軽自動車では、2013年6月に発売されたデイズの一部グレードに標準装備された。ノート同様、自動防眩ルームミラーの中に内蔵されたモニタに映し出すタイプである。

採用車種[編集]

2007年10月24日にマイナーチェンジされたエルグランドで世界初採用。

他社の類似装備[編集]

外部リンク[編集]