THE CHARM PARK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
The Charm Parkから転送)
THE CHARM PARK
活動期間 2015年 -
レーベル TOWER RECORDS
(2015年 - 2017年)
rhythm zone
(2018年)
A.S.A.B
(2019年 - )
公式サイト THE CHARM PARK
メンバー Charm
Charm
生誕 (1987-04-21) 1987年4月21日(36歳)
大韓民国の旗 韓国 ソウル特別市
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ロサンゼルス
学歴 バークリー音楽大学
職業 シンガーソングライター
ミュージシャン
作詞家
作曲家
音楽プロデューサー
担当楽器 ギターベース鍵盤楽器プログラミング
活動期間 2011年 -
共同作業者 Hemenway
THE CHARM PARK
THE CHARM PARK
YouTube
チャンネル
活動期間 2019年 -
ジャンル 音楽
登録者数 約1.77万人
総再生回数 約370万回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年6月14日時点。
テンプレートを表示

THE CHARM PARK(ザ・チャーム・パーク)は、韓国系アメリカ人マルチプレイヤー/シンガーソングライターロックバンドHemenwayギタリストだったCharm(チャーム、1987年4月21日 - )によるソロプロジェクト[1][2][3][4]

人物[編集]

韓国生まれ、アメリカロサンゼルス育ちで、日本を中心に音楽活動をしているポップクリエイター[2][5][6]ギターベース鍵盤プログラミングなど、マルチな演奏力を併せ持つシンガーソングライターのCharmによるソロプロジェクトであり、ソングライティング演奏歌唱レコーディングミキシングまでをほぼ一人で行っている[5][7][8]

英語日本語を絶妙にブレンドした歌詞、叙情的で美しい音世界とオーガニックかつダイナミックな楽曲スケール、緻密なメロディセンスとアレンジ力で伝統的なポップスのメソッドとADM(Acoustic Dance Music)やエレクトロニカにも近いサウンドメイクがひとつになった独自の世界観を築いている[1][5][8]

また自身のソロ活動のほかに、ASIAN KUNG-FU GENERATIONV6登坂広臣 (三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、南波志帆らへの楽曲提供やサウンドプロデュース、演劇集団キャラメルボックス劇伴映画サウンドトラック大橋トリオのツアーサポートなどサイドワークでも注目を集める[3][8]

当時好きだったアーティストの多く[注 1]ボストンバークリー音楽大学で学んでいたことの影響で、同大学に進学し、ギターを専攻する[1][2][3][7]

長らくアメリカで暮らしながらも日本の音楽に惹かれ、日本を活動の場に選んだ[8]。さまざまなカルチャーが集まっているロサンゼルスに住んでいたこともあって日本の文化と触れ合う機会も多く、もともと幼い頃から日本の音楽と文化が好きだった[7]。兄の影響も大きく、彼が好きだったX JAPANの「WEEK END」のギターソロを2人でハモるためにギターを弾かされたのが原体験[8]。また兄の友人に日本人がいて、当時日本で流行っていた楽曲が入ったミックステープも親の運転する車の中で聴いていた[6]。大学を出た後に楽曲のデモを作り始めるが、アメリカでオーディションがあっても自分の音楽とはあまり合わない気がして、周りの友人たちから「日本っぽい」「日本で受けそうだ」と言われることが多かったこともあり、日本のオーディションにメールで送っていた[6][7][8]。反応がすぐにあり、来日することになった[6]。アメリカに住んでいた頃から、すでに職業作家として韓国のアイドルに楽曲提供したりギターで客演したりして生活費を稼いでいたが、「仕事」という意識が強かったので韓国で音楽活動をやろうという気持ちにはならなかった[6]

日本語は大学で少し勉強していたが、本格的におぼえたのは来日してから[7][8]。両親は韓国人で家庭では基本的には英語で話していたので、日本語を話す機会はほとんどなかった[注 2][6]。歌詞は英語と日本語で書き、両者を混ぜて歌っている。英語の歌詞はより語感を優先して、日本語は意味を優先させるようにしている[6]

来歴[編集]

1987年、韓国・ソウル特別市に生まれる[2]。8歳でアメリカに移住し、23〜24歳までアメリカで過ごす[7][8]。小学校3年生から高校生までアメリカロサンゼルスで育ち、その後ボストンのバークリー音楽大学に進学[1][2][3]。卒業後は再びロサンゼルスに戻って韓国のアイドルへの楽曲提供などで生計を立てていたが、自身の音楽活動のために日本へ渡る[1][3][7]

2011年11月、バークリー音楽大学で出会ったメンバー4人で結成したロック・バンドHemenwayキューンミュージックより日本でメジャー・デビュー[2][9]

2014年3月にメンバー間における音楽の方向性の違いなどによりバンドを解散すると、THE CHARM PARKとして始動する[2][9]

2015年5月、自主レーベルより10曲入りの1stアルバム『Reverse & Rebirth』をリリース[9]。同年11月、初の全国流通盤となるミニ・アルバム『A LETTER』を発表し、本格的な活動をスタート[1][2][3]

2016年12月、2ndミニ・アルバム『A REPLY』をリリース[1]

2017年、配信シングルを2作リリース[3]。同年7月から東名阪ワンマンツアーをスタート[1]。11月に1stアルバム『THE CHARM PARK』をリリース[2]

2018年、配信シングルを3作リリース[3]。同年7月から東名阪仙ツアー「WONDERLAND TOUR」開催[1]。同年12月5日にメジャー初アルバム「Timeless Imperfections」を発表[3]

2019年4月、あらたに発足した音楽レーベル「A.S.A.B(エイサブ)」に参加[10]。同年7月、ミニアルバム『Standing Tall』を発売。

ディスコグラフィー[編集]

ミニアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 備考
1st 2015年11月11日 A LETTER CD TRJC-1050
2nd 2016年12月14日 A REPLY CD TRJC-1066
3rd 2019年7月3日 Standing Tall CD RZCB-87003

フルアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 備考
1st 2017年11月18日 THE CHARM PARK CD TRJC-1070
2nd 2018年12月5日 Timeless Imperfections 2CD RZCD-86709~10 メジャーデビューアルバム。
3rd 2019年11月20日 Reverse & Rebirth 2CD+DVD RZCB-87009~10 DVD:THE CHARM PARK "Billboard Live Tokyo" 2019.07.05
4th 2021年2月3日 Bedroom Revelations CD+Blu-ray RZCB-87042 映画『まともじゃないのは君も一緒』主題歌「君と僕のうた」[11]

配信限定ライブアルバム[編集]

発売日 タイトル 収録曲
2020年1月1日 Live at Billboard Live 2019.07.05
2021年4月7日 For Us (Studio Live)
2021年12月1日 THE CHARM PARK Live at Billboard Live YOKOHAMA 2020.12.04
2022年4月27日 Attack the Ages -Special Live-

配信シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格 収録曲 収録作品 備考
1st 2017年6月30日 Dreamers デジタル・ダウンロード THE CHARM PARK SEIKO『ただの数字じゃない。Dreamers篇』CMソング。
2nd 2017年7月28日 Starry デジタル・ダウンロード 日本テレビ系PON!」8月エンディングテーマ。
3rd 2017年8月25日 ディスク デジタル・ダウンロード
4th 2017年9月29日 Fly Free デジタル・ダウンロード
5th 2018年3月30日 ワンダーランド デジタル・ダウンロード Timeless Imperfections フジテレビ「ストリートワイズ・イン・ワンダーランド〜事件の方が放っておかない探偵〜」主題歌。
6th 2018年6月27日 カルぺ・ディエム / フォー・ユー ep デジタル・ダウンロード 日本郵便 かもめ〜る Web動画『ラストセーラー』篇 主題歌「カルペ・ディエム」のリアレンジヴァージョン。
メナード薬用ビューネ2017年、2018年TVCMソング「フォー・ユー」。
7th 2018年7月27日 Mothers ep デジタル・ダウンロード SEIBU SOGO「2018年全国一斉母の日テスト」WEB動画使用楽曲「Mothers」。
8th 2019年4月10日 花が咲く道 デジタル・ダウンロード Standing Tall テレビアニメ「ブラッククローバー」第7クールエンディングテーマ。
9th 2019年5月12日 Stars Colliding デジタル・ダウンロード SEIBU SOGO「2019年全国一斉母の日テスト」WEB動画使用楽曲。
10th 2020年2月14日 Renaissance is Over デジタル・ダウンロード (アルバム未収録)
11th 2020年4月7日 ad meliora デジタル・ダウンロード Bedroom Revelations[注 3] テレビアニメ「フルーツバスケット」2nd season 第1クールエンディングテーマ。
12th 2020年9月23日 Naked Vol.1 デジタル・ダウンロード
13th 2022年5月27日 Go On デジタル・ダウンロード maeshima soshi & THE CHARM PARK」名義
14th 2022年10月14日 We'll Be Okay EP デジタル・ダウンロード
15th 2022年12月16日 Go On (Refeeld Remix) デジタル・ダウンロード
16th 2023年1月13日 Lovers In Tokyo デジタル・ダウンロード
17th 2023年4月22日 Lovers in Tokyo (feat. ジャンク フジヤマ) デジタル・ダウンロード
18th 2023年5月10日 Fireflies デジタル・ダウンロード
19th 2023年6月23日 セルフノート デジタル・ダウンロード

参加作品[編集]

発売日 タイトル 収録曲 備考
2016年10月19日 PEACEFUL2 エイリアンズ
2019年3月6日 MONKEY MAJIK×THE CHARM PARK『Funny Faces MONKEY MAJIK× THE CHARM PARK』 COLLABOLATED
2020年7月29日 Junpei Kamiya『Shine Again (feat. THE CHARM PARK)』 Shine Again (feat. THE CHARM PARK)
2021年5月31日 クレイユーキーズ『RADIO (with THE CHARM PARK & Kento Yamada)』 RADIO (with THE CHARM PARK & Kento Yamada)
2021年7月7日 大橋トリオ『Rise Above (feat. THE CHARM PARK)』 Rise Above (feat. THE CHARM PARK)
2021年12月10日 Stamp『Nephophobia (feat. THE CHARM PARK)』 Nephophobia (feat. THE CHARM PARK)

楽曲提供[編集]

  • 南波志帆
    • 「夢じゃない。」(作曲)
    • 「Coffee Break」(共作詞・共作曲)
    • 「にじいろの街で」(作曲)
    • 「Adieu Tristesse」(作曲)
    • 「セピア」(共作曲)
    • 「polar express」(共作詞・作曲)
  • 大橋トリオ
    • 「apple tree -りんごの木 english ver.-」(共作詞)
    • 「Break Out !!!」(共作詞)
  • V6
    • 「The One」(作曲)

動画[編集]

ミュージックビデオ[編集]

公開日 監督 曲名 備考
2015/09/04 Park Charm Holding Hands
2015/10/15 Dear Sunshine
2015/11/10 YUKI KONDO Don't Stop
2016/12/07 須藤カンジ そら
2017/06/30 Dreamers
2017/07/27 Starry
2017/08/24 ディスク Short ver.
2017/10/07 Fly Free
2017/11/09 サンナカニシ LOST
2018/11/14 杉本晃佑 タイムレス
2018/11/30 番場秀一 Imperfection
2019/04/09 花が咲く道 -テレビアニメ「ブラッククローバー」ED映像 ver. -
2019/04/25 Kanji Suto 花が咲く道
2019/05/11 Stars Colliding
2019/06/14 Standing Tall (Lyric Video)
2019/06/19 Still in Love (Lyric Video)
2019/07/02 Kanji Suto Ordinary

ライブ映像[編集]

公開日 タイトル
2019/09/20 花が咲く道 (“Billboard Live TOKYO” 2019.07.05)

主なライブ[編集]

ワンマンライブ・主催イベント[編集]

開催日 タイトル 備考
2017年08月08日 THE CHARM PARK. 「Starry Night-OSAKA-」 @西天満GANZ toi, toi, toi
2017年12月14日〜12月18日 THE CHARM PARK GRAND OPEN TOUR
2018年07月01日〜07月28日 THE CHARM PARK WONDERLAND TOUR
2018年08月03日 THE CHARM PARK WONDERLAND TOUR EXTRA @NAKAO CAFE
2019年01月14日〜01月27日 THE CHARM PARK Timeless Imperfections Tour 2019
2019年07月08日〜08月06日 THE CHARM PARK Acoustic Live
2019年12月06日〜12月13日 THE CHARM PARK Reverse & Rebirth

出演イベント[編集]

  • 2017年09月17日 - New Acoustic Camp 2017
  • 2017年10月14日・21日・11月10日 - CASIMIR EFFECT
  • 2018年03月10日 - J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE ~YOUNGBLOOD~
  • 2018年04月15日 - トアロード・アコースティック・フェスティバル2018
  • 2018年05月27日 - GREENROOM FESTIVAL'18
  • 2018年08月05日 - オハラ☆ブレイク '18 夏
  • 2018年08月11日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO
  • 2018年08月25日 - RADIO BERRY ベリテンライブ 2018
  • 2018年09月01日 - Local Green Festival
  • 2018年09月02日 - Slow LIVE'18 in 池上本門寺
  • 2018年09月28日 - Flying Flags Vol.5
  • 2018年10月07日 - Eggs presents FM802 MINAMI WHEEL 2018 OPENING FLASH!
  • 2018年10月08日 - MINAMI WHEEL 2018
  • 2018年12月28日 - FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY 2018
  • 2019年03月02日 - FM802 30PARTY RADIO PARK -MINAMI WHEEL Spring Edition-
  • 2019年03月09日 - 30th J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE supported by azabu tailor
  • 2019年03月14日 - KICK OFF VIVA!!!【恵比寿LIQUIDROOM編】
  • 2019年04月20日 - 春の緑音祭り
  • 2019年05月04日 - VIVA LA ROCK 2019
  • 2019年08月04日 - CONNECTED2019 ~Only for Music Junkies~
  • 2019年08月08日 - /// SUMMER GODDESS ///
  • 2019年09月13日 - Spotify Early Noise Night #12 Osaka
  • 2019年09月28日 - Grand VIEWTY
  • 2019年10月20日 - Chillin'Vibes
  • 2019年11月16日 - スパクル☆ナイト Vol.10 ~Sparkle Sparkler×A.S.A.B~

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ドリーム・シアタースティーヴ・ヴァイなど。特にジョン・メイヤー
  2. ^ ただし母方の家族は大阪育ちで、祖母は日本語が話せる。
  3. ^ 本作にはAlbum ver.を収録。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i PROFILE”. THE CHARM PARK Official Web Site. 2019年7月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i THE CHARM PARKプロフィール”. 音楽出版社. TOWER RECORDS ONLINE (2017年11月21日). 2019年7月25日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i THE CHARM PARKの記事まとめ”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ. 2019年7月24日閲覧。
  4. ^ 日本人も2人! Hemenway世界へ”. 日刊スポーツ (2019年10月31日). 2019年7月24日閲覧。
  5. ^ a b c 森朋之の「本日、フラゲ日!」vol.157 BTS、m-flo、踊Foot Works……世界のポップシーンにつながる新作をピックアップ”. Real Sound (2019年7月2日). 2019年7月24日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g LA育ちのCHARMとMichael Kanekoが抱える日本への思い”. CINRA.NET (2017年11月22日). 2019年7月8日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g 現在29歳のTHE CHARM PARK 日本で活動することになったきっかけは”. TOKYO FM (2016年12月21日). 2019年7月24日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h THE CHARM PARKが語るアメリカにも響いてきた日本の音楽3選”. CINRA.NET (2016年12月27日). 2019年7月25日閲覧。
  9. ^ a b c 北園みなみ、シンリズムに続くか? THE CHARM PARK が新作『A LETTER』を11/4にリリース!MVも公開!”. ポプシクリップ (2015年9月9日). 2019年7月25日閲覧。
  10. ^ THE CHARM PARK/大橋トリオ/AmPmら、新レーベルA.S.A.B立ち上げのパーティーに登場”. Billboard JAPAN (2019年6月14日). 2019年7月24日閲覧。
  11. ^ “THE CHARM PARKが成田凌&清原果耶W主演映画「まともじゃないのは君も一緒」主題歌担当”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2021年1月13日). https://natalie.mu/music/news/412277 2021年1月14日閲覧。 

外部リンク[編集]