LOVE (斉藤由貴のアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
LOVE
斉藤由貴スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ポニーキャニオン
プロデュース Yuki Saito
Kaz Nagaoka
チャート最高順位
斉藤由貴 年表
MOON
1990年
LOVE
1991年
moi
1994年
テンプレートを表示

LOVE』(ラヴ)は、斉藤由貴通算10枚目のアルバム。1991年12月4日発売。発売元はポニーキャニオン

解説[編集]

シングルカットされた「いつか」(1992年1月15日、シングル・ヴァージョン)を含む、1年半ぶりのオリジナル・アルバム。最小限に抑えたシンプルなアレンジと、ウィスパー系で繊細なヴォーカルが特徴的な作品。心の内面に迫る歌詞も多く、それらの詞は全曲斉藤由貴自身によるもの。

同年12月15日には、「いつか」のミュージック・ビデオを収めたVHSシングル「LOVE」が発売された。そのVHS(LD)と本CDのダブル購入者へ向けたプレゼント応募要項を記載したチラシと、斉藤由貴著のエッセイ集「今だけの真実」の宣伝チラシが封入されている。なお、本のタイトルと同名の楽曲があり、アルバム『ガラスの鼓動』(1986年3月21日)に収録されている(楽曲の方の作詞も斉藤自身)。

2003年9月18日発売のCD-BOX『斉藤由貴 CD-BOX 2』にリマスタリング音源で収められた。こちらは限定生産のため、現在は入手困難となっている。

2008年3月8・9日、数年ぶりに開催された東京PARCO劇場でのコンサートで、「MOON WALTZ ~月の輪舞」「意味」が披露された。中でも「意味」は、アンコール前の本編最後に披露されたラスト・ナンバーにあたる。

収録曲[編集]

  1. いつか (4:34)
    • 作詞: 斉藤由貴 、作曲: 山口美央子 、編曲: 上杉洋史
  2. ホントのキモチ (4:38)
    • 作詞: 斉藤由貴 、作曲: 山口美央子 、編曲: 上杉洋史
  3. Yours (6:06)
    • 作詞: 斉藤由貴 、作曲: 山口美央子 、編曲: 上杉洋史
  4. 朝の風景 (6:41)
    • 作詞: 斉藤由貴 、作曲: MAYUMI 、編曲: 上杉洋史
  5. 誰のせいでもない (5:42)
    • 作詞: 斉藤由貴 、作曲: 柿原朱美 、編曲: 上杉洋史
  6. このまま (4:19)
  7. MOON WALTZ ~月の輪舞 (5:24)
    • 作詞: 斉藤由貴 、作曲: 岡本朗 、編曲: 上杉洋史
  8. LETTER (4:50)
    • 作詞: 斉藤由貴 、作曲: 岡本朗 、編曲: 上杉洋史
  9. 朝の風景 (インストゥルメンタル) (1:07)
    • 作詞: 斉藤由貴 、作曲: MAYUMI 、編曲: 上杉洋史
  10. Julia (4:32)
    • 作詞: 斉藤由貴 、作曲: 岡本朗 、編曲: 上杉洋史
  11. 意味 (4:19)
    • 作詞: 斉藤由貴 、作曲: 崎谷健次郎 、編曲: 三柴理

      当初、崎谷が原田知世に「夢迷賦」(1990年、透影月奈作詞)として提供した曲。

      斉藤が作詞提供した「意味」(1991年、崎谷編曲、崎谷・三柴ピアノ連弾)を崎谷がセルフカバーした後に、

      斉藤も三柴編曲によりセルフカバー。

関連項目[編集]

関連人物[編集]