Moi

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
moi
斉藤由貴スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ポニーキャニオン
斉藤由貴 アルバム 年表
LOVE
1991年
moi
1994年
YUKI's BEST
1995年
『Moi』収録のシングル
  1. なぜ
    リリース: 1994年11月18日
テンプレートを表示

moi』(モア)は、斉藤由貴の通算11枚目のアルバム。1994年12月7日発売。発売元はポニーキャニオン

解説[編集]

先行シングル「なぜ」(1994年11月18日)を含む、3年ぶりのオリジナル・アルバム[1]。タイトルはフランス語で「わたし」を意味する。1985年以来、およそ10年振りに筒美京平から提供を受けた楽曲があるほか、全篇英語のカヴァーが収録されている。

1995年4月21日には、アルバムに関連したツアーのライヴビデオ『moi CONCERT'95』が発売されたほか、2003年9月18日発売のCD-BOX『斉藤由貴 CD-BOX 2』にアルバム収録曲すべてがリマスタリング音源で収められた。こちらは限定生産のため、現在は入手困難となっている。

このアルバム以降、オリジナルアルバムのリリースは2010年12月(一般発売は2011年2月)の『何もかも変わるとしても』まで16年間途絶えていた。ただし、シングル盤は1999年以降数枚リリースされている。

2003年の上記CD-BOX発売以降、2010年の『何もかも変わるとしても』までの間に、2007年11月28日1980年代の楽曲を再レコーディングした「悲しみよこんにちは (21st century ver.)」がリリースされたほか、フジテレビ系音楽番組『僕らの音楽』にもゲスト出演(2008年2月29日放送、一青窈からのリクエストで共演)している。また、2008年3月8・9日には東京PARCO劇場で数年ぶりライヴが開催されるなど、音楽活動を徐々に再開していたところである。なお、そのPARCO劇場でのコンサートでは本アルバムから「The April Fools」が披露された。

収録曲[編集]

  1. The April Fools (Japanese Version) (4:07)
    • 作詞: HAL DAVID、訳詞: 斉藤由貴、作曲: BURT BACHARACH、編曲: 上杉洋史
  2. We'll Sing In The Sunshine (4:01)
    • 作詞・作曲: GALE GARNETT、編曲: 上杉洋史
  3. なぜ (4:32)
    • 作詞: 斉藤由貴、作曲: 筒美京平、編曲: 澤近泰輔
  4. I Love How You Love Me (3:29)
    • 作詞・作曲: BARRY MANN、LARRY KOLBER、編曲: 上杉洋史
  5. 夕暮れ日記 (4:18)
    • 作詞: 斉藤由貴、作曲: 筒美京平、編曲: 上杉洋史
  6. 好き! (5:00)
    • 作詞: 斉藤由貴、作曲: 筒美京平、編曲: 澤近泰輔
  7. If (3:24)
  8. 答える声はなくても (4:31)
    • 作詞: 斉藤由貴、作曲: 筒美京平、編曲: 澤近泰輔
  9. You Light Up My Life (4:45)
    • 作詞・作曲: JOSEPH BROOKS、編曲: 上杉洋史
  10. あなたと出逢って (5:41)[2]
    • 作詞: 斉藤由貴、作曲: 筒美京平、編曲: 上杉洋史
  11. The April Fools (Original Version) (4:07)
    • 作詞: HAL DAVID、作曲: BURT BACHARACH、編曲: 上杉洋史

脚注[編集]

  1. ^ ちょうどその頃に結婚したため、それと同時に結婚後初めてリリースしたアルバムでもある。
  2. ^ 夫となる男性との出会いを書いた曲。