JR貨物18A形コンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
JR貨物18A形コンテナ
18A形コンテナ 18A-2143
18A形コンテナ 18A-2143
全長(内寸法) 3,658mm (3,539mm)
全幅(内寸法) 2,438mm (2,320mm)
全高(内寸法) 2,500mm (2,193mm)
荷重 5t
内容積 18.0m3
自重 1.4t
扉位置 片側側面、片側妻面
製造初年 1987年(昭和62年)
形式消滅年 2010年(平成22年
製造数 2,500個
外面色 青22号、クリーム
テンプレートを表示

JR貨物18A形コンテナ(JRかもつ18Aがたコンテナ)は、日本貨物鉄道(JR貨物)が1987年(昭和62年)から2,500個製造した、鉄道輸送用12ft型の5トン積みドライコンテナである。

構造[編集]

国鉄時代末期に、たばこ輸送用として100個製作されたC40形コンテナの汎用輸送型として、JR化後に製作された形式である。

基本構造は側面リブがなくなった以外はC40形と同一であり、片側扉及び片側妻扉の二方開き方式。外法寸法は高さ2,500mm、幅2,438mm、長さ3,658mm、自重1.4t。内容積は18m3で、形式の「18」はこれに由来する。「A」は、その第1形式の意味である。

外観は新生JRを象徴するような新塗装パターンとされ、青22号「コンテナブルー」をベースにクリームの塗り分け、JRロゴが入った斬新なものとなった。

1988年(昭和63年)に、コンテナ緊締装置の改良により床面高さを下げて容積を拡大を図った18C形へ製作が移行したため、本形式の製作は少数となった。

老朽化に伴い、新型コンテナ(19D形19G形など)への置き換えが進み、2010年(平成22年)1月に全廃された。

参考文献[編集]

  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)

関連項目[編集]