国鉄C36形コンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国鉄C36形コンテナ
C36-7347(2007年4月1日撮影)
C36-7347(2007年4月1日撮影)
全長(内寸法) 3,658mm (3,538mm)
全幅(内寸法) 2,438mm (2,319mm)
全高(内寸法) 2,438mm (2,086mm)
荷重 5t
内容積 17.1m3
自重 1.4t
扉位置 片側側面、片側妻面
製造初年 1986年(昭和61年)
形式消滅年 2010年(平成22年)
製造メーカー 富士重工業東急車輛製造
製造数 7,500個
外面色 青22号
テンプレートを表示

国鉄C36形コンテナ(こくてつC36がたコンテナ)は、日本国有鉄道(国鉄)が、1986年(昭和61年)から1987年(昭和62年)まで製造した、鉄道輸送用長さ12ftの5トン積み有蓋コンテナである。

概要[編集]

国鉄では、1984年(昭和59年)より、C35形コンテナを製造していたが、コストダウンのため、内部に内張り合板が貼られていなかった。本形式は同形式を、内部に合板を貼るように仕様変更したものである。富士重工業東急車輛製造および国鉄工場で、7,500個が製造された。

1987年(昭和62年)の4月国鉄分割民営化に際しては、7,497個が日本貨物鉄道(JR貨物)に引き継がれ、継続使用されたが、1999年(平成11年)度以降、19D形19F形19G形などの新形コンテナの登場によって、廃棄やWC36形への改造が進行し、2010年(平成22年)に形式消滅した。

構造[編集]

基本構造は、C35形と同様である。

片側扉及び妻扉二方開きで、外法寸法は高さ2,438mm、幅2,438mm、長さ3,658mm、自重は合板分が増え1.4t。内容積は17.1m3、最大積載量は5t。

内部に内張り合板がないC35形と違い、その他のコンテナ同様に合板が貼ってある。

形状はC35形後期型と同一であり、塗装も同じく青22号「コンテナブルー」一色とされた。

参考文献[編集]

  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)
  • 吉岡心平「RM LIBRARY 122 国鉄コンテナのすべて(下)」2009年、ネコ・パブリッシングISBN 978-4-77705265-3

関連項目[編集]