JR貨物M12B形コンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
JR貨物M12B形コンテナ
自重 0.5t
製造初年 2002年(平成14年)
製造数 5個
外面色 桃色
テンプレートを表示

JR貨物M12B形コンテナ(JRかもつM12Bがたコンテナ)は、2002年平成14年)に5個製造された日本貨物鉄道(JR貨物)の20ftコンテナ無蓋コンテナ)。

構造[編集]

15ftの24A形を20ftコンテナとしてコキ110形以外のコンテナ車に積載するために使用される変換アダプター用コンテナ。コンテナ貨車や輸送用トラックとの緊締装置(20ft適応緊締装置)を本体下部に備え、15ftコンテナとの緊締装置を本体上面中央よりに備えている。自重0.5t。塗装は桃色。 東急車両大阪製作所製造。

なお変換アダプター的用途のためコンテナ本来の目的である直接貨物を積載する事や、15ftコンテナ以外は一切積載出来ない。

関連項目[編集]